2004年06月30日

転載

【2004/06/30 07:36:27】
第67戦

杉山の立ち上がり、何を考えてたんやろうね。5回3安打5三振8四死球(内、1押出し)1暴投。
よく3失点におさまりました。何とか3回から立ち直り、価値のない2勝目。

金沢、久々に吠えてました。(^-^)吉野はマダマダやね。

金本・今岡、効果的なHRでした。
矢野・藤本の適時打でゲーム展開を楽にできました。
それにしても、読売の投手陣は壊滅状態やね。

連戦の頭を押さえたのは久々やね。





【2004/06/28 14:50:54】
第66戦

またまた0封負け。ええかげんにしーや・・・二回の満塁の内、一回はものにせんと・・・。

金本さん、祝、678試合連続フルイニング出場。
道上洋三のぼやきは、私よりきついわ・・・。




【2004/06/27 05:55:53】
第65戦

途中で寝てしまったけど・・・救援陣が打ち込まれたのね・・・。
投手陣も下り坂かな?、ここまで無理させてきたからね・・・。
石毛さん、頑張ってや、まだ枯れてしまう年齢やないで。


オリックスと近鉄の合併問題・・・難しいですね 原始人 【2004/06/26 14:34:34】[返信][削除]

オリックスと近鉄の合併問題・・・難しいですね。一気に一リーグ制へ進んでいくんでしょうね。

セの球団は読売との興行が減るために収益悪化を考えるでしょうし、パの球団はその逆を考えるでしょうし、一気に覇権を狙いたい球団の親会社、こじんまりと経営している球団の親会社、球団経営を重荷に感じてる球団の親会社、親会社の経営が危ない球団の親会社・・・いろいろ思惑があるみたいですね。

----------------------------------------------
(球界鳴動)キーワード(1)オーナー会議――「球界の最終決定機関」  2004/06/26, 日本経済新聞 朝刊

 プロ球界の立法、行政機関は12球団の球団代表、球団社長クラスで構成する実行委員会だが、コミッショナーの選任など重要な事項はすべてオーナー会議の承認を得なければならない。球界の最終決定機関といえる。
 議長は互選、セ、パ交互に一年交代と決まっていて、今年は巨人の渡辺恒雄オーナー。
会議の招集は議長が必要と認めた場合、および実行委員会議長(今年は豊蔵一セ・リーグ会長)が要請したときに限られる。
 定足数はオーナー総数の四分の三。議決は出席者の四分の三の同意が必要で、交流試合など球界改革がなかなか進まないハードルともなっている。
コミッショナーやセ、パ両リーグ会長は出席して意見は言うことができるが、議決権はない。
 球団所有者といっても筆頭株主とか具体的な定義はなく、野球協約には「球団の役員であって、当該球団からそのオーナーとして所属連盟会長およびコミッショナーに届けられた者」とだけ。
日本ハムは不祥事で創業者一族が親企業のトップを退いているため、オーナーを空席にしている。
 これまで巨人など積極的に出席して会議をリードしているオーナーがいる一方、代行や代理人に任せっぱなしの球団もあった。
今回は、西武の堤義明オーナーの二十六年ぶりの出席が取りざたされている。

----------------------------------------------
阪神オーナーが「新リーグ」支持。  2004/06/26, 日本経済新聞 朝刊

 阪神の久万俊二郎オーナーは二十五日、巨人の渡辺恒雄オーナーが二十四日に示唆した有志連合による新リーグ構想について「すぐにはできないが、そうすべきであるのは多分にある。あの方ならやるかもしれないし、我々も助かります」と支持する発言をした。
 球界再編による一リーグ制については「各球団の採算がとれて、一番試合をやりやすいのは8球団。なるべく早くなればいい」と持論を展開、現実論としても「時間をかけたら可能だと思う。奇数(11球団)はまずい」と話した。




【2004/06/25 06:38:32】
第64戦  5割復帰

桟敷原、急遽救援でプロ初勝利。チーム貢献度の高い初勝利でした。
4回3/2を7安打0四死球の2失点。何かをつかんでくれたはずやね。逆球も多かったけど、四球がないのがエエねー、球威のある投手は得やね。
落ちる球を覚えて、制球に気を付けて、先発に廻って欲しいね。

牧野・モレルもキッチリ仕事をしました。吉野は完全復調したかな?。

初回、金本、0−3から左HR、狙ってたね。(^-^)
5回、満塁から赤星の適時打、満塁が怖くなくなりました。(^-^)
関本は3ランHR、久々に豪快な関本を見ました。\(^o^)/

打撃陣も上昇中、中日・読売を追撃開始です。

藪、長引きそうやね・・・『右手第3指第4指間裂傷』、2.5cmの傷口を12針縫合、抜糸まで8日から2週間・・・今期、好調やっただけに残念です。盛夏戦線での復活を期待します。


助っ投ダブル獲り! 原始人 【2004/06/24 06:31:56】[返信][削除]

助っ投ダブル獲り!  ホッジス + マイヤーズ
-------------------------------------------------------------
★トレイ・ホッジス(Trey Hodges)★  1m91、91キロ。右投げ右打ち。
1978年6月29日、テキサス州ヒューストン生まれ、25歳。
ルイジアナ州立大から00年ドラフト17巡目でブレーブス入団。02年3Aリッチモンドで先発投手として28試合登板、15勝9敗、防御率3.19。同年9月メジャー初登板。
昨季は中継ぎ投手として52試合登板、13試合連続無失点(投球回15回2/3)記録。
今季はメジャー登板なし、3Aリッチモンドで10試合登板、5勝2敗0S、防御率4.82。

★ロドニー・マイヤーズ(Rodney Myers)★  1m85、91キロ。右投げ右打ち。
1969年6月26日、米イリノイ州ロックフォード生まれ、34歳。
ウィスコンシン大から90年ドラフト12巡目でロイヤルズ入団。96年カブス、00年パドレス移籍。96年メジャー初登板、同年初勝利。03年よりドジャース在籍。
今季はメジャー1試合登板、0勝0敗0S、防御率0.00。3Aラスベガスで24試合登板、4勝1敗0S、防御率4.74。

-------------------------------------------------------------
今季絶望のリガン、「帰国して手術」

 「右ヒジ内側側副じん帯損傷」で今季絶望のリガンについて、岡田監督は23日、改めて帰国→手術の方針を語った。
「もう向こう(米国)にこっちの診断書とかは送ってるみたいや。向こうはすぐ、手術とかになるし、そうなるんとちゃうかな」
 来日2年目の今季は23試合登板で1勝1敗4セーブ、防御率2.84の成績。
安藤、ウィリアムスが抜けるアテネ五輪期間中の守護神候補だったが、16日のヤクルト戦(大阪ドーム)で右ひじがパンク。この日も鳴尾浜でランニングを行ったが、近く帰国する。




【2004/06/24 06:29:39】
第63戦  強いタイガースが戻って来つつあります。

下柳、6回2/3を2失点、立ち上がりこそ不安定でしたが、終わってみれば下柳ペース。
好きな投手なので、欲目に見てしまいがちですけど、惚れ惚れするような投球でした。
ウィリアムス、ストッパー専任にすると気合いの入り方が違うね。
牧野、セットアッパーに昇格かな?。

攻撃陣、やっとベイルを打ち崩しました。立ち上がりに一気に攻めたのが良かったね。
5回の金本の適時三塁打による追加点も効果的でした。

ラロッカのファインプレーはお見事でした。




【2004/06/23 06:47:49】
第62戦  広島に勝ちを譲って貰ったような勝利でした。

岡田采配が普通になりつつあり、打線が繋がるようになってくると、投手陣が不安定になる。難しいね・・・野球って。

杉山、4回に6安打で3失点・・・この前の好投はなんやったんやろうね。
金沢・モレルで3被弾4失点・・・金沢の救援?、牧野と違うの?。
リガンの戦列離脱が大きいね。吉野・牧野に期待が集まります。

金本が適時二塁打を含む2安打。関本が3安打。
矢野が4回、満塁で適時三塁打、8回はサヨナラのランナーになる安打で2安打。
最後は今岡がキッチリ仕事をしました。

藤本、バント練習のやり直しやね。赤星、もっと走れよ。

安藤&藤本がアテネ五輪の日本代表入りに決定。ウィリアムスも。林はどうなった?。
星野が「新仙組」なるHPを作ったそうな。http://www.shinsengumi77.net/home/index.php




【2004/06/21 07:22:31】
第61戦  首の皮一枚残りました。

今岡を一番に戻しました。エエンじゃない。迷ったら基本(=昨年)に戻る・・・いい発想です。
その今岡がいきなり安打、全員がその気になったね。
藤本も8番に戻って、ホッとしたかな?。檜山も適時打が出始めました。
金本(こうなってくると、安穏と四番を打っておられんよね)が本気になり、アリアスが帰ってくれば、マダマダいけるかな?。

エース級の投手にもこのくらいの攻撃ができれば、ホンマモンに戻ったといえるんでしょうね。

井川も中10日で好投。休みも大事やで。



【2004/06/20 06:20:12】
第60戦

福原・ウィリアムスと、丁寧な投球で9回を0封。上原もそれ以上に良く、同じく9回を0封。
11回の表・裏が明暗を分けました。
11回表、赤星・藤本、バントができんのやったら一・二番を打つ資格はないで。審判、走塁妨害でしょう。
11回裏、安藤・・・・・・。結局、読売の粘り勝ちでした。

投手陣に悲壮感が漂ってきました。打撃陣、投手をそこまで追い込むなよ。

明日も負ければ、今年も終わりやね。また10年くらいは我慢できるし・・・。




【2004/06/19 06:38:42】
第59戦

今日も適時打が出ませんでした。1回2回の満塁で一本が出ない。岡田さんも頭が痛いね。
打てる選手がおらん・・・八木・沖原を先発させるしかないかな?。
バントくらいきっちりやれ・・・当たり前のことが当たり前にできない・・・6年前のタイガースを見てるようで、重症やね。故障者が多すぎるよね、トレーニングコーチ。

金沢、良くなってるね。6回を4安打1四球3三振の0封。
落ちる球を覚えてから制球も良くなってる。力まず投げてるのがのがいいんかな?。
昨年、酷使されなかったことも好影響かな?。ローテーション入りも期待できますね。
投手陣の若返りを図らんといけない時期なので、大いに期待して見守りたいですね。

立川隆史外野手(28)背番号45。がんばってや。




【2004/06/18 06:20:53】
第58戦  リガン、靭帯損傷で今期絶望・・・・・・・・・・痛いね。

藪、珍しく立ち上がりが悪かったね。3球で2点先制点・・・。
吉野もマダマダみたいやし・・・。牧野、頑張ってや。

打撃陣、またも藪を見殺し。今日も適時打が出ませんでした。攻撃もチグハグ・・・。
無死満塁で、せめて外野フライくらい打ってよ・・・。藪、バントくらい・・・。

潮が引いて行ってるのを感じます。明日からの読売戦で潮目がはっきりするかな?。




【2004/06/17 06:57:22】
第57戦  久々の連勝です。下柳・川島、共に好調で、見応えある投手戦でした。

夏男・下柳、小気味のいい投球で、6回1/3を4安打2四球の0封。お見事!!。
7回、勿体ないような投手交代で、安藤が4者4三振、更に勿体ないような交代で、ウィリアムスが三振奪取・・・またまた勿体ないような交代で、9回、リガン・・・っと思ったら・・・故障・・・モレルが緊急登板で初セーブ。よく逃げ切りました。

攻撃陣、2安打3四死球の体たらくも、古田のPB・土橋の7回の2悪送球に助けられました。もう少し工夫して欲しいね・・・打撃コーチ。

リガンは大丈夫かな?。




【2004/06/16 06:58:43】
第56戦

杉山、プロ初勝利、おめでとう。5回2/3を3失点とマズマズ。3回4回は圧巻でした。

3回、金本、いよいよエンジン始動?。中距離砲に徹すればいい結果がでると思うけど。
檜山も得点圏打率を上げつつあります。(三塁コーチ、よく手を回したね)。
5回8回、矢野さん、5番で1HRを含む2適時打、頼りになります。(死球は大丈夫かな?)

9回、リガンが絶不調・・・「安藤の登板」があるかと興味深く見てました(^^;)。
吉野が使えるなら、クローザーを一人に任せるがエエで。夏に向かって、救援陣の負担が大きすぎる気がします。岡田の優柔不断さが残ってる部分やね。

喜田、もっと自然に構えた方がええと思うけど・・・。
伊良部、再び故障・・・もうエエやろ・・・。
ロッテ・立川と平下がトレード。平下、頑張ってや。




【2004/06/13 17:48:55】
第55戦  なかなか連勝できませんね。

福原、立ち上がり、見た目は悪くなかったんですけど、なぜか2失点。
5回、急に調子が落ちて、3失点。故障でもしたのかな?。

桟原、横手投げが少し目立ってきたかな?、球威が落ちたみたいね。
ウィリアムスとリガンは調整登板、吉野も投げさせたかったね。

攻撃陣、三回・五回はきれいな繋がりで得点できましたけど、迫力不足。
そうそう大量点は取らせてくれんわね・・・主軸が打てんと・・・。




【2004/06/13 06:39:59】
第54戦  よく野球が出来ました。阪神園芸さん、ご苦労さんです。

伊良部、相変わらずです。球威・制球ともに無く、見ていて気の毒でした。
次回もダメなら、引退を覚悟せんとあかんかな?。で、3回を6失点。
中継ぎ陣が頑張りました。金沢が2回、モレルも危なかったけど1回2/3、安藤も今日は仕事をして2回を、無失点に押さえきりました。

打撃陣、よくひっくり返しました。2回の葛城のHR、期待を繋げました。
3回、同点に・・・矢野の打球を遊撃手がトンネル・・・大きかったです。
でも、一死一三塁で代打鳥谷はないで・・・一気に逆転狙いにいくべき場面やで。
8回、今岡がHR。お見事、きれいなHRでした。

8回、藤本、バントくらいきっちりやれ。岡田、今日の抗議は良かったで(^-^)。
岡田さん、やっとまともな采配をし始めました。頭の中で戦力分析が終わったかな?。

近鉄とオリックスが合併ですか・・・。




【2004/06/10 06:56:26】
第53戦  ついに最下位・・・懐かしい言葉です。

井川、立ち上がりがすべてでした・・・悪すぎました。

8回、岡田、久々の抗議・・・遅きに失したね・・・審判団に「タイガースへの不利な判定はフリーパス」って言うコンセンサスが出来上がってるみたい・・・言葉を換えれば「なめられてる」ってことね。

8番・井川、三塁・上坂・・・岡田さんもいろいろやりたいみたいね。
オーダーをさわるより、一人一人に仕事をさせる方が大事やろうに・・・12安打散発?で2得点・・・すべてを物語っています。



【2004/06/09 06:47:53】
第52戦  純和製打線もエエねー。

雨天の中、久々に連戦の頭を取りました。
今日はクリンアップが仕事をしました。これを機会に連勝街道を走って欲しいですね。

久々に藪に打線の援護がつき、完封勝利。打たせて取る内容で、3安打2四球の内野ゴロの山。
さすが防御率 NO.1 投手です。頭が下がります。

夏男・金本も暑さと共に上昇中。粘った後の一発、勝負強さが戻ってきています。
葛城、先発出場でいきなり今期1号。アリアスのポジションを脅かすほどの活躍を期待します。
檜山も久々の活躍。昨年の優勝で「燃え尽き症候群」に陥ってないかと心配してましたけど、これで立ち直ってくれるかな?。
今岡も、守備で貢献しました。

いきなり猛攻をかけることが出来ましたけど、先発・黒田の不調を差し引いても、適時打が出るようになって良かったです。
今後、救援陣の建て直しが課題になりますね、中西コーチ。




【2004/06/06 07:40:20】
第51戦

今岡の3ランHRで同点・・・と思いきや、9回サヨナラHR負け。
勢いの差は、いかんともしがたいね。
勝てるときに勝っておくことの大事さを、今頃認識してるかな?・・・岡田君!。

下柳、頼んまっせ・・・(このところ調子よかったのに)・・・せめてゲームメークだけはしてくれんと・・・それにしても「負け」がつかんね・・・。
今年の救援投手3枚は、2イニングもたんね。
作戦担当に投手出身者を入れんとあかんかな?。(ヘッドコーチ・バッテリーコーチでもええわ、優秀な奴を入れてーな。岡田では投手交代はわからんと思うで。)

上坂が先発、エエねー、頑張ってや。金沢も今年は使えそうね。
今岡が魅せてくれました。でも、後が続かんね・・・。
モレル・吉野も調子を上げてるみたいやし、夏場の巻き返しを期待してます。




【2004/06/05 07:13:23】
第50戦

今日も出ました、岡田のチグハグ野球・・・監督(=勝負師)としての適正がないんやろうね。
6回、無死満塁の場面で鳥谷・・・代打でしょう・・・。
8回、杉山(2安打《内1HR》9三振1四球の1失点)を降ろして、安藤・・・2被弾逆転。
新戦力にゲームを任す意図かなと見ていたけど、一貫性がないね。
杉山が良かっただけに勿体ないね・・・。杉山、次回も頑張ってや。

岡田の操り人形やないで、選手は。
チームから求心力が失われつつあります。監督自らが変わらん限り、今年は終わりやね。

-------------------------------------------------------------------------------------
「阪神の星」、小惑星に命名 巨人と広島に続き3個目

 宇宙に「阪神の星」が誕生した。宇宙航空研究開発機構に勤める安部正真さん(36)らが発見した小惑星で、国際天文学連合(本部・パリ)に申請していた「Hanshintigers(阪神タイガース)」の名が承認された。
小惑星に日本のプロ野球チームの名が付けられたのは、巨人、広島に続き3番目だ。

 「阪神の星」は推定直径が7キロ。火星と木星の間の軌道で、太陽の周りを3.5年周期で回っている。現在18等級の明るさで肉眼では見えない。

 実は、「巨人の星」と「阪神の星」はどちらも安部さんと2人の仲間が94年10月に発見。
近年、軌道が確定し、命名の条件が整った。
最初に軌道が確定した小惑星は、発見数日前にセ・リーグ優勝を果たした巨人にちなみ、仲間のアマチュア天文家、佐藤勲さん(40)が「Tokyogiants(東京ジャイアンツ)」を提案、昨春、連合に承認された。

 阪神ファンの安部さんは当初から「巨人だけでなく阪神も」と主張したが、「阪神の星は漫画にない」と一度は却下。しかし、昨年の18年ぶりリーグ優勝を機に仲間も認めた。「我々、阪神ファンはずっと耐えてきましたから」と安部さん。

 広島カープにちなんだ「Carp(カープ)」の名は昨夏、愛媛県の天体観測館職員が発見した小惑星に付けられた。 (06/04 06:20)
http://www.asahi.com/science/update/0604/002.html



【2004/06/04 07:02:41】
第49戦

福原、ゲームメークこそ出来たものの(7回9安打4失点)、つまらん失点が多すぎました。
守備陣、しっかり守ってやれよ。
失点には絡まなかったけど、矢野のPB(記録はWP)も目立ちました。(相当お疲れのようです)

攻撃陣、ルーキーに8回0封(7安打1四球)、9回、五十嵐から2得点出来たのが救いです。
相変わらず、タイムリー欠乏症・・・技術云々以前に、勝つ気があるんかな?・・・。

作戦や起用をコロコロ変えるな。何を妄想してるんや、優柔不断やな、岡田の性格そのままや。
福原、バントくらい決めや。ベンチ、3バントとさせんかい。
昨日活躍した関本を使わんかい。鳥谷、二軍で水谷・和田に鍛えて貰った方がええで・・・。




【2004/06/03 06:54:02】
第48戦

井川、9回完封(2安打6四球10三振)。久々に仕事をしてくれました。
やっと復調しつつあります。髪を斬って良くなったかな?。自炊?に慣れてきたかな?。
今日は、沈み込みも深く、ボディーターンもよく、切れのいい球が来てました。
4回くらいから目に見えて良くなりました。
未だにチェンジアップに拘りがあるようですが、もっと速球に自信を持ったら?・・・。

初回、早川さん、二死満塁から適時内野安打で今期初打点。アリアスもよく走りました。
関本・矢野も適時打で続き、藤井の立ち上がりの不安定なところを一気に叩きのめしました。
8回、アリアスのHRで2得点。これで勝負ありでした。

惜しむらくは、2・5・8回とチャンスがあったけど、無得点で終わったことですね。
ここで追加点を上げておけば、もっと早く決着できたでしょうに・・・。今後の課題です。

秀太、トレードみたいね・・・?




【2004/06/02 07:18:30】
第47戦  4連敗、弱いタイガースが返ってきました。

初回、金本の左翼線上のファウル・・・岡田、抗議に行けよ・・・これで今日の負けを覚悟しました。
藪、6回を3失点、辛うじてゲームメークできましたが、一時の好調さもどこへやら・・・5・6回は共に先頭打者を出塁させたところからの失点でした。
8回、リガンが乱調で2失点、これで万事休すでした。

赤星と矢野に復調の兆しが見えることが収穫です。上坂・早川、頑張ってや。

タイガースバブルも崩壊気味です。選手・首脳陣の奮起を期待します。




【2004/05/31 08:05:04】
第46戦

1安打好投の下柳を見殺し。大西との勝負で、犠飛でサヨナラ負け。
岡田の戦闘意欲のなさ・戦術の下手さ・優柔不断さが、目に余るようになってきました。
「投手が好投して、主軸が打てば勝てる」って野球は、後藤の熊さんの時代に終わってるで・・・。
カルロス・ゴーンを選ぶのか、三菱自工の経営陣を目指すのか、どっちですか???。

それにしても、球審はむちゃくちゃ・・・岡田、一回は抗議に行かんと・・・あんたの仕事やろ。
下柳、いつになく好調でした(^^;)、いざというときには頼りになる投手です。(^-^)




【2004/05/30 08:24:22】
第45戦

攻撃陣、6回の八木の振逃げ+WPと8回の八木の適時二塁打での2得点のみ。相変わらず決定打欠乏症です。

杉山が初先発。5回1/3を5安打1四球の0封、合格点、思ったより良かったです。
救援登板を見ていた限りでは、使えるかな?と思ってましたけど、変身しました。\(^o^)/

安藤・ウィリアムスで3失点、痛いね・・・。(登板過多かな?)
八木さん、守備も野球の内やで。(−_−#)

故障者・不調者が多すぎる・・・(久保田も・・・)。
赤星の代役を考えんとあかん状況やし、野口を活かすために第三捕手も考えんと・・・。

今季29失策はセ界最多だそうです。
監督・コーチ・選手のみなさん、基本に返りましょう。当たり前のことを当たり前のようにこなしてゆくことが、プロです。
変な幻想を抱いたりせず、的確な判断・的確な行動を心がけましょう・・・岡田さん。




【2004/05/29 07:52:18】
第44戦  好投の福原を見殺し 山本昌に3敗目

三連戦の頭が取れんね。0封負けが6つ目。慌てることはないけど、何か対策を練らんと・・・。

先発の福原と山本昌、見事な投手戦でした。
6回、先頭の今岡が二塁打後、金本・檜山・関本で得点できない(何とかせーよ)。
7回、2四球後、谷繁が適時二塁打で得点(甘い球でした)。
これだけの差なんやけど(好機を一回でモノに出来るか否か)、ペナント終盤には大差になる。
この辺りをなんとかするのがコーチの仕事なんやけど・・・。




【2004/05/28 07:34:57】
第43戦   横浜戦、初勝利。やっと勝てました。

井川、内容は相変わらずやけど、久々の勝星、気分転換して勢いを付けて欲しいね。

今日は、攻撃陣の執念の勝利でした。
5回、2点ビハインドで、今岡の同点2ランHR、効きました。
7回、ゲームを決めたのは金本の2ランHR、お見事でした。
8回、二線級投手をおもちゃにしました。
鳥谷の初HR・赤星のバント安打・今岡の適時二塁打・金本の“監督命令“2ランHRで5得点。

今日の押さえは、安藤とリガン。リガン、ヒヤッとさせられましたが、キッチリ0封しました。

山下監督の采配(7回表二死1・2塁で、投手川村が打席に・・・)で勝たせて頂けました。
アリアスは大丈夫かな?。




【2004/05/27 07:30:00】
第42戦  横浜戦7連敗  二位転落

久保田、悪いながらも8回を3失点。先頭打者を出しすぎ、リズムも悪い、勝負所で甘い球が来てました。
まあ、6回以降、崩れそうになりながらも、よく立ち直り、ゲームを作りました。次回こそ期待します。

三浦、攻め入る隙はあったと思いますが、要所を押さえられ、0封リレー。もう少し何とかせーよ。(−_−#)

9回、「鳥谷に代えて代打・八木」でしょう、岡田さん。
「若手の育成」を打ち出す監督=選手に媚びる監督・・・選手は戦っていく課程で勝手に育つもんや。
選手の現在の力・調子を見切って使うべし。機会均等・実力主義こそ、チーム力の源泉やで。

外部と戦えない監督は、存在意味がないで・・・さっさとベンチを飛び出して抗議に行け。
選手は、監督の行動を見てるで・・・「岩陰の監督」になるなよ・・・続かんよ・・・。

早めに第三の捕手を入れて、矢野が当たってないときは、野口の活用を考えるべし。




【2004/05/26 06:14:36】
第41戦  横浜戦6連敗

藪も吉見も立ち上がりがよくなかったけど、序盤、攻撃陣の効率の差で2対0でタイガースが先行。
5回、藪が捕まりました。先頭の種田からバントを挟み4連打、WPもあり、3失点。
6回も、先頭打者を出塁させて、連打で1失点。藪が踏ん張りきれず、流れが悪い方に傾きました。
吉見は序盤こそヘロヘロも、尻上がりに良くなりました。

藪、中10日、調整が難しいね。制球がままならず・・・。
好投の時は援護がないし、先制点を貰ったときは打たれる・・・うまいこといかんもんやね・・・。
桟原、マダマダ1イニングが限度かな?。
三東、・・・・。
金沢、今期初登板。制球に気をつけて頑張ってや。
牧野、相変わらず好調です。

片岡が再び故障。関本、レギュラー固めのチャンスやで、キッチリものにしてや。




【2004/05/24 07:28:34】
第40戦

10回、赤星の三塁打で逆転サヨナラ。\(^o^)/  まだ「何とかせー」野球が生きてるね。
10回、河原登板。関本の四球(よく粘りました)・平下の内野安打(しぶといねー)・赤星の左三塁打(よく打ってくれました)で逆転サヨナラ。\(^o^)/
読売の弱体投手陣と鈴木の走塁ミスに助けられました。久慈さん、ナイスバントです。
これで、団子レースから抜け出せるかな?

8回裏、関本の強引な走塁でこじ開けた二死2・3塁で、矢野が三振・・・一本欲しかったねー。
9回表、1点リードでウィリアムス、二死2S3Bから小久保の逆転HR・・・アチャーやね。
9回裏、先頭アリアスが出塁し、赤星が三振(岡田さん、バントでしょ)も、今岡の適時二塁打で同点に追いつき(よく打ってくれました)、延長戦に。
10回、安藤、先頭の元木にど真ん中の球をHR・・・もう一度「アチャー」でした。

下柳、丹念に低めに球を散らし、7回を小久保のHR(悪い球やなかったけどね)による1失点に押さえました。勝星こそつきませんでしたが、今期最高の出来で、勝利に値する投球でした。

鳥谷にも適時打が出ました。インコースをよく引っ張りました。
でも、もう少し早く、もっと楽に勝てたゲームやったでしょうに・・・。(^^;)




【2004/05/23 08:00:14】
第39戦

福原、7回を13安打(内1HR)3四死球(気前よく打たれたね・・・)。その割には4失点、よく粘りよく凌ぎました。勝ち星もついて、運もあるね。
読売打線、長距離砲が短打に徹して福原攻略を試みたんでしょうけど、かき回す選手も不在、決定打(小久保の一発と適時二塁打のみ)にも乏しく、悔しかったでしょうね。

7回に2点リードすると、安藤・ウィリアムスといつものパターン。いつものようにキッチリと仕事をしました。

攻撃陣、ミスもありましたが、救援陣を打ち込んで逆転。
2回、先行された後の檜山の一発、その後の展開に影響力大でした。
4回、小久保のエラー(笑・・・何をを考えてたんやろうね?)から関本の犠打で1点差(今岡、その前の檜山の左翼フライでタッチアップやろ!)。
7回、上原降板後、関本・沖原から繋ぎの野球で4得点、八木・藤本・金本、ナイス適時打です。(でも、矢野さん、バントが下手やね)。

岡田さん、赤星と藤本の打順変更、何か意味があるの?・・・気分転換かな?、岡田自身の。
今日は小久保デーでした。(^^;)




【2004/05/22 07:23:42】
第38戦

井川、7回までは仕事をしましたが、8回にローズの3ランHRでKO。
桟原・佐久本も、さすがに読売打線には捕まりました。ホンマモンやないと通じんね。

井川、もっと沈み込んで投げ込まんとあかんのやけど、下半身に粘りがない、精神的な粘りもない、時間がかかりそうね・・・。
積年の疲れがたまってるんかな?(腰痛があるのに星野が中4日で投げさせるからや)、中6日に戻した方がエエかな?(投手がおらんか・・・モレルの先発?)。
過去3年間頑張ったわけやから、今年は普通の投手として扱ったやった方がエエかもね。
昨年休んでた藪・福原に頑張って貰おう・・・。

攻撃陣、矢野の5回の適時打二塁打を除き、工藤に脱帽でした。9回、よく2点取りました。

関本、しっかり守れよ。




【2004/05/19 06:57:19】
第37戦

久保田、ボロボロ。
満塁HRを含め3HR(10安打2四球)で、5回0/3を7失点(自責点10)、無死満塁を残して6回途中降板。ボールが高めに行ってました。出直しやね。

三東、6回無死満塁で登板・・・まだまだ荷が重いね。度胸は良さそうやけど、制球に難あり。
ピンチになった時に、本当の制球力が問われるんです・・・。
稲葉に適時打、宮本・岩村を三振に取ったところまではOK。
その後、ラミレス敬遠後、鈴木を押出し四球・・・それはないやろ・・・で、降板。
(岡田さん、本当なら三東の登板の場面じゃないよね・・・テストしたかな?・・・前川を救援投手で昇格させるつもりかな?)
牧野、二死満塁で登板、古田に初球を適時打・・・責められんね・・・。
桟原、7・8回を1HRの1失点に押さえまました。

攻撃陣は中盤まで意地を見せてくれました。
2回、アリアスの2ランHRで同点。
3回、赤星二塁打・金本四球・檜山適時2ゴロ・アリアス適時打で1点差。
6回、7点差(12失点)後、藤本四球後、赤星バント安打・今岡適時打・金本3ランHR・檜山ソロHRで、2点差(5得点)まで迫りました。
普通は6回の7点差(5失点)でゲームを投げるんやけど、7回、よく粘ってくれました。せめてもの救いです。
取り返しても取り返しても、逃げ水の如く勝利が遠ざかってゆく・・・そんなゲームでした。

アリアスは大丈夫かな?。




【2004/05/16 06:52:22】
第36戦  雨中の総力戦、ベテランが頑張りました。

下柳、いつものペース。6回につかまり4失点。結果はマズマズながら、内容はもう一つ。
前田のHRは痛かったね。野村の左安打は、金本のホーム好返球に助けられました。
牧野・桟原も好投。

2回、関本が、詰まりながらもタイムリーで同点。
7回、沖原・藤本・赤星・今岡と4連打(含:沖原の盗塁)で2得点。V戦士は頼りになるね。
8回、アリアスの同点HR、エエねー。\(^o^)/

で、今期初の延長戦突入。
リガン・安藤・ウィリアムスが力投するも、決定打が無く、12回突入。
12回裏、勝利か引分けかの場面で、二死から久慈・八木の連打から赤星が決めました。
頼りになるベテラン陣がいつ活躍するか、じっと見守ってましたが、今日、やってくれました。年寄りは大事にせんとあかんね。\(^o^)/

全体を振り返ってみると、昨年の野球が返って来つつあります。
好投の先発投手を、疲れの見えはじめた中後半で打ち崩し、二番手以降の二戦級投手を更に叩きつぶすし、そこに一発を絡ませる攻撃。
ただ、惜しむらくは、決定打が出ない、勝ち味が遅い・・・ってところでしょうか。




【2004/05/15 07:31:03】
第35戦

デイビー、良かったですね。
長身から伸びのある球、肩の力が抜けて、適度に荒れてたのも効果的でした。
でも、何とか打ち崩す方法も・・・結局3安打(内1HR)2四球、金本のHRが救いです。

藪、出来はマズマズ。
5回、藤本の先頭打者エラーから野村に適時打で失点・・・藤本、しっかり守れ!!。
6回、同点後、投手に先頭打者安打からラロッカに適時二塁打・・・投手に打たれるなよ!!。
8回、緒方に先頭打者二塁打からラロッカのタイムリー二塁打・・・。
味方の無得点にしびれを切らしたか、デイビーの出来に焦ったか・・・、8回を3失点とマズマズながら、投げ合いに敗れました。
先頭打者を押さえ切れんところが敗因かな?。それにしても藪の時には点が入るらんなー。

鳥谷のサード、・・・関本・沖原と、誰がレギュラーを取るんでしょう。
桟原がエエねー。




【2004/05/14 09:21:49】
第34戦

福原、辛抱強く投げ抜きました。緩急のついたコンビネーションで内角をえぐる度胸ある投球で、安定感抜群、大黒柱にのし上がりました。
安藤・ウィリアムスも、当然の如くキッチリ仕事し、読売の連続HRを33で止めました。

5回、守備陣に実質4エラーで3失点(今岡のノータッチ・関本のファウル見切り・藤本の悪送球・福原のWP)、福原、腐らずによく踏ん張りました。
高橋の左安打の時、走者を三塁で刺した中継プレーは良かったです。

7回、福原、自らのHRで林をKO、林にはショックやったろうね。何があるかわからんってプレーでした。
藤本、バントはきっちりやれ。赤星の一塁封殺・・・難しい判断やね・・・。
藤本が走ってたら、ワンバウンド・プレーの効果がないんやから、藤本に原因があるのかな?。

8回、檜山の一発、絶好のタイミングでした。

沖原、頑張れよ。




【2004/05/13 07:39:57】
第33戦

井川、今日はフォームも安定してて良かったんやけどね。制球は少し甘かったけど、久々に躍動感ある投球でした。
木佐貫は制球に注意した投球で、球に伸びがありました。

4回、藤本の二塁打から、今岡がクソボールを二塁打して先制。
その裏、清原に一発、清原の好きなところに甘く入りました。

すべては7回、
井川の二塁打で矢野がホームでアウト、阿部のブロックにやられました。井川の悔しそうな表情が印象的でした。(ほんまは、ここで一杯やったかな?)
その裏、阿部に2ランHR、あれを打たれたら投げる球がないね。ここで集中力が切れました。
その後、清水・ローズに山を張られ、連続HRで万事休すでした。

三東、1失点ながら、度胸よく投げてました。ボークはご愛敬かな?。
キンケード骨折。関本、肩の力を抜いて頑張りや、片岡が上がってくるまでがあんたの勝負所やで。




上坂選手に執行猶予2年 1軍戦出場を許可 【2004/05/12 18:01:38】


スピード違反、阪神の上坂選手に有罪判決

 兵庫県西宮市内の国道で、昨年6、7月の2回、83―58キロ超過のスピード違反をしたとして、道交法違反の罪に問われたプロ野球・阪神タイガースの選手、上坂太一郎被告(27)に対する判決公判が12日、神戸地裁であった。

 笹野明義裁判官は「違反の程度は大きく悪質で、警察からの再三の呼び出しにも出頭しないなど、社会人としての自覚が十分でないと指摘されてもやむをえない」として、懲役6月、執行猶予2年(求刑・懲役6月)の有罪判決を言い渡した。

 判決の中で、笹野裁判官は「8月にも速度違反で検挙されるなど、2か月で3回も速度違反を行い常習性がうかがえ、刑事責任は軽視できないが、球団から自宅謹慎などの処分を受け、一定の制裁を受けている」などととした。

 判決言い渡し後、笹野裁判官は「自分の行動がどれだけ多くの人に注目され、迷惑をかけたか自覚していると思う。今後は社会的責任を十分に考えてほしい」と言葉をかけた。(読売新聞)[5月12日17時29分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040512-00000506-yom-soci

------------------------------------------------
上坂の1軍戦出場を許可=プロ野球・阪神

 阪神は12日、道交法違反で有罪判決を言い渡された上坂太一郎内野手(27)について、球団処分を解き、13日から1軍戦公式戦出場を許可すると発表した。
野崎球団社長は「執行猶予を頂いた判決の意図するところを、将来に向かって生かす趣旨から」と説明した。2軍戦にはすでに出場している。

 兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見した上坂は、野崎社長らとともに深々と頭を下げ、「もう一度野球をできる喜びをかみしめ、社会人、プロ野球選手として責任を持って、一日も早く1軍に上がれるよう頑張っていきたい」と話した。(時事通信)[5月12日17時0分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040512-00020694-jij-spo




【2004/05/12 07:09:29】
第32戦  見てて、緊張感あるゲームでした。この勝利は大きいね。

久保田、初回にローズに一発を食らうも、前半はマズマズ。
(キンケード、三塁ゴロくらいキッチリさばけよ)
さすがに6回につかまりました。
阿部のHR、あれを打たれたらしょうがないね、HRを大量生産してるはずや。
二死から後藤・仁志で1失点・・・粘れんかったね、限界でしょうね、6回までもってほしかったけど・・・。
江草、荷が重かったね。
清水の適時打後、ローズの二塁打、読売がホーム突入をさせなかったことが助かりました。
ペタジーニをよく押さえました。逆転されなかったことで、一歩前進したかな?。
清水かローズを押さえておけば、大きく飛躍できるところやったんやろうけど・・・。

1回、藤本、ナイスHRです。
5回、今岡の粘りの適時打後、金本が勝負強い一発で4得点。扉をこじ開けた得点でした。
8回、アリアスの適時二塁打、絶好調です。矢野の一直併殺はツキがなかったですね。
9回、無死から関本が二塁打の場面、一本欲しかったね。

リガン・ウィリアムス・安藤、よく押さえてくれました。

読売打線は強力やね、粘りも出てきて、怖いね。

浜中、軽傷でよかったね。




【2004/05/09 18:37:09】
第31戦

下柳、またもやメロメロで、1回2/3を5失点でKO。
ナイター明けのデーゲーム、しかも雨天・・・ってのは理由にならんよね。
結果、「負け」がつかなかったから、まだ、運はあるかな?。

序盤に先行されたものの、1・2回、今岡の適時打・矢野のHRで、キッチリ「取られたら取り返せ」を実行し、中日に追随。
牧野が好救援、下柳の不出来をカバーしました。
4回、9安打で8得点のビッグイニング。平井・野口を連続KO、今岡の2ランHR・アリアスの2ランHRで勝負ありました。矢野・藤本の2塁打も光りました。葛城も移籍後初打点。
今岡・檜山・アリアスは一発を狙ってたね!?。

牧野、2回1/3をキッチリ投げて、勢いづくかに見えた中日を押さえ込み、4回の攻撃にいいリズムで繋げました。移籍後、初勝利おめでとうございます。
江草・モレル・桟原、よくなかったね、0封は出来てるけど・・・。
江草、エエ球持ってるんやから、どんどんストライクを投げ込め。せっかく登板できるんやから、何かつかんで帰らんと・・・。
三東、今期初登板。最終回を2三振で、内容もよかったです。

沖原、今期初安打・初打点、今期も期待してまっせ。
藤本、髭をはやそうとしてるのね・・・似合わんから、やめとき。(^^;)




【2004/05/09 07:13:00】
第30戦   よくできた映画を見てるようなゲームでした。

藪さん、勝ち星こそつきませんでしたが、素晴らしい投球内容でした。
低めへの小さく落ちる球がよく切れてました。
川上もよかったので、いい投手戦を見せて頂きました。

金本さん、サヨナラHR、お見事です。痺れました。(4回の一塁牽制アウトはおまけかな?)

胃が痛くなるゲーム(ハラハラ・ドキドキ?)でしたが、ラストはハッピーエンド・・・、いいシナリオでした???。
3回、藪のバント失敗、味方が点を取ってくれんのやから、チャンスは自ら広げておかんと・・・。
赤星の三塁打で矢野がホーム・アウト・・・三塁コーチ、なにしてんのや。
7回、キンケードの実質エラーから、藪が二塁への牽制悪送球でのピンチ、・・・投手コーチ、マウンドへ行ってやれよ・・・でも、よく凌ぎました。
9回、ウィリアムスの二塁悪送球、ここもよく凌ぎました。

それにしても、藪の時には点がとれんね・・・。もう少し早く得点してやれよー。

「今年も勝ちたいんや」。エエねー、でも、ちょっと臭いね。




【2004/05/08 07:42:52】
第29戦

福原、四球が多すぎ・先頭打者を出しすぎ、6回9安打4四球・・・よく4点でとどまりました。

1回、1死1・2塁で福原、Pゴロ併殺・・・バントの場面でしょ・・・優柔不断やで。
7回、1死2塁で関本、中日の好守にやられました。2死3塁で赤星も・・・凡打。
9回、2死1・3塁まで岩瀬を攻め込みましたが、野口にあと一本欲しかったねー・・・久々の打席やからしょうがないかな?・・・沖原って手もありましたよね。

金本、ナイスHRです。八木さん、今期初安打です。
キンケード、やっと当たりだしました。それにしても、よう走るねー。(^-^)

7・8番に当たりがでてきたので、一番打者の仕事と投手打席での代打が次のテーマに浮上してきそうですね。

(痛風が出て気分が悪かったので、今日はラジオ観戦でした)




浜中、リタイヤ 原始人 【2004/05/07 07:00:33】

浜中、リタイヤ。つらいねー・・・。

今年は肩の完治に専念してください。肩の故障は、通常は2年くらいかかるもんやから・・・。

それとは別に、浜ちゃんも、そろそろ「自分というもの」を見つけんとあかん時期とちゃう!?。
野球では一塁か左翼しか守れんやろうけど、人の都合・球団の都合に自分を合わすんじゃなく、「自分の位置づけ」「自分というもの」を自分で決めんとあかん年齢やで・・・人がエエのも適当にしておかんと・・・。

個人的には、金本・アリアスの跡継ぎは浜中やと思ってたけど、悪い意味でそうなってしまいそうで・・・ショックやね。




【2004/05/05 18:32:35】
第28戦  よく追いついたけどね・・・勝ち越せませんでした。

両軍とも、満塁の多いゲームでした。
もっと得点が入ってもいいゲームやったんでしょうけど、タイガースの勝ち味の遅さが敗因となりました。結果的にはもったいないゲームやったね。

井川、メロメロで3回KO。一本目の柱が倒れかけています。(−_−#)
杉山も頼りないし・・・、もう一度仕切り直さんとあかんね。(−_−#)
でも、あそこは牧野・モレルと繋ぐところでしょでしょ、岡田さん。(−_−#)
牧野は、キッチリと自分の仕事をしました。
安藤、・・・責められんよね・・・。

杉山・鳥谷・キンケード・浜中・・・何でベンチ入りしてるの???。




【2004/05/04 18:12:58】
第27戦   今日は攻守とも久保田デーでした。

投手・久保田、6安打(内1HR)0四死球1失点で、プロ入り初完投、2勝目(1敗)。
特別いいとも思えなかったけど、スピードを押さえ気味に配球・制球に注意した内容で、ラロッカの一発に押さえました。佐藤コーチもご機嫌のようでした。
打者・久保田、2回・6回に2適時打(2本目は二塁打)と、打撃でも魅せてくれました。
ムーア2世の誕生かな?・・・ところで、久保田ってスイッチヒッターなのね。

打撃陣、相手が二戦球投手とはいえ、18安打の14得点と打ちまくりました。
2回のキンケードの2つの好走塁からの久保田の適時打に始まり、3回のアリアスの適時打、4回には藤本の満塁HR(滅多に見られんももを見てしまいました)、これで勝負ありました。
7回にはまたまた久保田の2点適時二塁打、9回のアリアス(2点)・キンケード(ソロ)の連続HR・今岡の3点HRは、おまけでした。
檜山さんも3安打と調子を上げてきたし、キンケードも2安打(内1HR)と頑張りました。

金本さん、今日は守備で魅せてくれました。2回、前田のHRを捕球、広島の勢いを止めました。
でも、打つ方では4三振と絶不調。2・3番にあれだけ走者一掃されたらやる気も失せるわね。
赤星も盗塁せんね・・・、後ろの藤本が当たってるからリスクを取らないのかな?。


伊良部の降格と打戦の組み替えをしてから、チームが引き締まってきました。
先発投手陣、久保田が4本目の柱になってきたし、下柳がシャキっとしてくれたら万全になるね。
救援投手陣、吉野の復帰が待たれますが、それで桟原も出てきたし、いい流れや。
打撃陣、檜山・矢野が調子を上げてきました。キンケードがホンマモンになってくれたらええけど、片岡・関本もおるし、心配ないね。
金本・赤星・伊良部は夏男に、浜中は来年予定してます。
控え陣の沖原・中村あたりが昇格できる余地がでてきたら、昨年みたいに夏場にマジックがでるかもね。




【2004/05/04 18:12:08】
第26戦  今日は、アリアスと藤本の日でした。

初回、いきなりアリアスの満塁HRで主導権を握ると、2回、矢野と藤本での1点。
取られた後の取り返しで、ヤクルトには応えたでしょうね。
4回には、相手投手の2四死球から、藤本・今岡と連続タイムリーで3得点、勝負ありました。
7回には、アリアスのおまけのHRも出ましたが、これも2失点後の得点で、効果的でした。
矢野さんも、復調の猛打賞でした。

下柳、3勝目。6回まで3安打1四球の1失点と、いつになく好調。
さすがに7回につかまりましたが、大量点を背景に投げてて楽しかったでしょうね。
死球も大過なかったようね。

桟原、エエねー。改めて言うまでもないけど、速球は最大の武器やね。
昨年のドラフト組より早く戦力になりそう。

ヤクルトのルーキー・佐藤、おもしろそうね。




【2004/05/02 17:59:05】
第25戦  「守り勝ち」でした。

藪さん、2勝目。7回を7安打1死球と結構打たれてましたけど、本人は調子良く感じてたんじゃないかな?、大崩れする気配を感じさせませんでした。赤星の守備も藪を助けました。
安藤・ウィリアムスもキッチリ仕事をしました。

ヤクルトの川島に8回完投の5安打。ルーキーですか・・・エエ球を投げてました。
檜山・キンケードの不調者二人の一発で、主導権を握ったまま、イッタイッタの逃げ切りでした。
得点には絡まなかったけど、赤星のバント安打・藤本の8回の守備は、審判も味方に付けました。
久慈さんもナイスバントです。久慈さん、少し太ったかな?。

リガン抹消・モレル登録ですか・・・投手陣がなかなか万全の体制になりませんね。

岡田さんも頑固やね、関本をスタメンから外しよった・・・、結果オーライやけど・・・。(^^;)



【2004/05/01 07:47:09】
第24戦

岡田さん、やっと今岡を三番に据えました・・・10試合ほど遅いけど(^^;)。
必然的に赤星・藤本が1・2番になるし(二番なら久慈でもいける)、キンケードも7番で気楽になって欲しいね。
リガン・ウィリアムス・安藤の救援陣も復調、先発陣を中5日で廻す余裕がでてきました。
岡田さんも、戦力・非戦力の見極めがつきつつあり、今期の戦略構想がやった見えてきました。

福原、あまりよくなかったようですが、6回1/3を5失点ながらゲームを作り、開幕5連勝。
三番に座った今岡が3安打(内1HR・2適時打)1四球の活躍。
金本か今岡か、どちらかが走者を帰せる(得点圏打率の高い)主軸の誕生です。
赤星も走れるようになって、便秘が解消したように、野球を楽しんでるように見えました。
アリアスは好調を持続してるし、キンケード・檜山に当たりが戻ってくると、一発が「+α」で期待できる打線になりますね。
関本、2安打(内1適時打)、明日も使って貰えそうやから、頑張ってや。今年こそレギュラーをとってや。

ゲーム自体は、2回二死二塁で矢野の場面、矢野と勝負したヤクルトの判断ミスでしょうね。
矢野さんに勝負強さが戻ってきました。\(^o^)/
更に、土橋の実質2エラーに助けられました。

浜ちゃん、だいじょうぶかな?。完治するまで、二軍でゆっくりするほうがエエで。
金本の引退後は、あんたに四番打って貰わんとあかんのやさかい。




【2004/04/30 07:19:58】
第23戦

横浜戦5連敗。ヒット3本(2四死球)じゃ勝てんわね。
四番の前と後ろが 0.20 と 0.12 じゃ迫力ないよね。

井川、8回を7安打(内2HR)6四死球の4失点。四球が多すぎ、淡泊やったね。
江草、シーズン当初のニヤケた顔から、大分引き締まってきたね。

数年前なら、これでシーズン終了になったんやけど、今年は他のチームも弱いから、まだまだいけるかな?。




【2004/04/29 06:32:58】
第22戦

完敗でした。今年の横浜は強いです。ウォーカーにキッチリやられました。

久保田、立ち上がりから覇気が感じられませんでした。
4回から調子が出てきたけど、結局、石井・内川・田村にキッチリやられました。
桟原、初登板、マズマズ。もう少し見たかったけど、大きな傷がつかないうちに変えたのかな?。
もう少し一軍で経験を積めば、結構やれそうですね。
杉山、マウンドでも落ち着いてきたかなと見てたら、味方の守備に足を引っ張られました。
でも、あれでガクッとくるようでは・・・、粘りがないね、エリート投手にありがちな弱さかな?、
吉野、どないなってしもたんやろ・・・ここ2年間、頑張ってたから、疲れかな???。

矢野さんが初の猛打賞、鳥谷に初タイムリーがでたことが救いです。
「ネバサレ」を感じさせてくれたのは、アリアスだけやったね。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする