2005年09月30日

(転載)優勝、おめでとうございます。\(⌒o⌒)/\(⌒o⌒)/

2005年09月30日
優勝、おめでとうございます。\(⌒o⌒)/\(⌒o⌒)/

星野GMの勝利と考えるべき一昨年の優勝と違い、じっくりと実力をつけてきた選手の力でもぎ取った優勝でしょう。

岡田監督も一人前になりつつあるし、(昨年はどうなることやろうと思ってました)、常勝タイガースも望めそうですね。
金本・下柳さんの影響力の下、今岡の勝負強さ、赤星の集中力、安藤の独り立ち、久保田の頑張り(個人的には未だに先発の方がいいと思ってます)、藤川の成長、鳥谷も何とかものになりつつあります。
来年は、もっと競争がきつくなりそうやけど、レベルの高い野球を目指して欲しいです。

交流戦で中日が自滅、逆にタイガースはものにできた事がい大きいね。
久万前オーナーの引退も大きいね(^_^;)。(バブルに乗らなかった経営者としては優秀やけど・・・)

不安要素は、村上ファンド。時期が時期だけに、阪神電鉄に無茶をいわないように願いたいですね。「豚は太らせてから喰え」の如く、もっと太って貰わんといかん企業ですから。
慎重に行動されることを願いたいです。タイガースファンを敵に回すと怖いことは十分ご存知やと思います。

日本シリーズ。ホークスと当たって、粉砕したいね。

http://otd10.jbbs.livedoor.jp/1000011025/bbs_reply?reply=49



第141戦 <G 1−5 T> 優勝決定 \(⌒o⌒)/

読売との集中力が違いました。

先発は下柳。今日の登板は、優勝投手・ハーラー争いへの岡田さんの配慮でしょうか。
「らしい投球で」、低めに丁寧に投げ、6回を0封(82球4安打)しました。

初回、赤星が遊エラーで出塁、金本の適時打で先制。
2回、スペンサーの二塁打・矢野のヒット・関本の適時打で1点追加。赤星の二エラーで1得点。
7回、檜山・矢野の連続適時打で2得点。ゲームを決めました。

J・Fは完璧ながら、
9回、久保田、いつになく不調で、3安打を許し、WPで1失点。緊張してたかな?。
ウィニングボールは金本への飛球でした。

岡田さんのインタビュー、アナログ人間やね。
何はともあれ、甲子園での胴上げを実現できました。\(⌒o⌒)/

阪神優勝の瞬間 2005 <追記 2008.05.11>
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

転載

2005年09月29日

第140戦 <G 5−7 T> M1

初回、高橋を打者11人の猛攻で攻め6得点、勢いが違いました。
井川まで適時打を打つとは・・・(⌒_⌒)。
一気にゲームを決めました。
・・・と思ったら、井川がつかまり、4回で4失点、
ゲームが混沌としそうな中、4回、今岡が適時打で突き放し。
最後まで効果的な適時打でした。

井川、5回を78球7安打1四球の4失点で13勝目。
岡田さん、早めの見切りはよかったです。
(井川、来年は頑張れよ。)

藤川、登板数タイ記録78。
久保田、球団タイの27S。
矢野に一発を食らいましたけど、仕事をしました。
橋本・ジェフも仕事をしました。

中日が敗れてM1。(「王手」・「リーチ」)
今日にも優勝を決めたいね。

元木の戦力外通告、意外やね。(登録)シーツ(抹消)前川




2005年09月27日
村上ファンド、阪神電鉄株を大量取得

 旧通産省(現・経産省)OBの村上世彰M&Aコンサルティング(東京・港)代表が率いる投資ファンドが、プロ野球球団の阪神タイガースを傘下に持つ阪神電気鉄道の株式を大量取得したことが27日、明らかになった。
持ち株比率は転換社債分も含めて約27%に達する。
阪神電鉄が10月に完全子会社化する阪神百貨店の株式も約18%取得した。
27日に大量保有報告書を提出した。

 村上ファンドは今月に入って市場で阪神電鉄株を大量取得したほか、同社の転換社債も取得。総投資額は約1000億円とみられる。
 阪神電鉄のPBR(株価純資産倍率)は割安銘柄の目安である1を上回っている。
村上ファンドは同社の保有不動産などを再評価すると1を割り込んでおり、有望な投資対象と判断し、大量取得したとみられる。
 持ち株比率が3分の1超となると、株主総会で合併など重要な決議(特別決議)に対し、村上ファンドは拒否権を持つことになる。
 村上氏は1999年に経産省を退官、運用ビジネスを開始。昭栄、東京スタイル、ニッポン放送、大阪証券取引所などの株式を取得、株主還元を会社に要求し「モノ言う株主」として知られる。
これまで大手上場企業の株式を、特別決議の拒否権を持つほど大量保有し、中長期に経営関与したことはなかった。




2005年09月25日
第139戦 <T 6−4 C> M3

8回裏、藤川がWP・ホーム悪送球の一人相撲で2失点で逆転。
9回表、二死一三塁で今岡が逆転3ランHR!で再逆転!!。
一旦は負けを覚悟しました。
今岡大明神、様々です\(⌒o⌒)/ (古いな(^^;))

9回、久保田、きっちり仕事をしました。 4連勝。

杉山、今日は無難な立ち上がりでした。
3回、スクイズミス(サイン見過ごし?)、おいしかったです。
6回、一死満塁から森笠に2点二塁打、さすがに掴まりました。
6回を112球6安打4四球の2失点。マズマズです。

7回、ジェフ、二死満塁を招き、藤川に交代。
JFともに悪かったです。藤川が7勝目。

攻撃陣、
6回、一死満塁で一本欲しかったね。
7回、一死満塁で代打檜山、一塁強襲2点打(エラー)で同点、金本の併殺崩れで逆転。なおも二死一三塁で今岡、一本欲しかったです。

------------------

そろそろストーブリーグやね。

仰木監督、勇退 後任に広島・三村ヘッド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050925-00000037-sph-spo

楽天が田尾監督解任へ 新球団、90敗の成績不振
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050925-00000067-kyodo-spo

------------------

無敗の三冠馬へ、ディープインパクトが神戸新聞杯快勝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050925-00000203-yom-spo

【マラソン】アジア最強女王誕生!野口みずき日本新でV
http://www.sanspo.com/sports/top/sp200509/sp2005092601.html

【BOX】長谷川が魅せた!5年ぶり初防衛戦KO!
http://www.sanspo.com/fight/top/f200509/f2005092601.html




2005年09月24日
第138戦 <T 6−3 C> M4

能美、7回2/3を113球7安打(1HR)1四球で3失点。
4回、新井新井に一発を食らいましたけど、安定してました。
さすがに8回には掴まりましたけど、蘇りました。4勝目。

藤川、今日は1/3をきっちり仕事をしました。
久保田、今日も危なげなくクロージング。

攻撃陣、5回、矢野のHR・藤本の1号HRで逆転。
6回、檜山の適時二塁打、藤本の押出四球で大竹をKO。
能美の二ゴロで1得点、赤星の三塁安打で1点追加。ゲームを決めました。

三連勝。甲子園での胴上げもありそうやね。
もっと早いかもしれんけど、甲子園でみたいね。




2005年09月23日
第137戦 <T 8−6 C> M5

8回の藤川、先頭打者出塁から粘られて同点直後の9回、鳥谷・片岡の連打から檜山の二塁打で2得点、ゲームありました。

攻撃陣、序盤からレイボーンを攻略し、3回までに6得点。
初回、赤星・鳥谷の連打から片岡の犠飛で先制。
2回、二死から福原自らが適時打で1得点。
3回、鳥谷・片岡の連打から今岡の左適時打で1得点。更に、二死満塁から藤本のが右中間適時二塁打で3点追加。
ゲームあり・・・と、安心してみてたら・・・

3回、二死一三塁から連続適時打で2失点。更にPBで1失点。
4回、二死二塁から1失点。5回、緒方のHRで5点目献上。
結局、福原は5回降板。8安打(1HR)1四球5失点2自責。
守備に足を引っ張られはしましたけど、粘れませんでした。

桟原・ジェフはマズマズ。藤川、ほんまに最近調子悪いね。
久保田が危なげなくクロージングして、M5に。

見てて、疲れるゲームでした。

久慈さん、ほんまにバントが上手いね。見習って、藤本もいいバントを決めました。いずれも得点には絡みませんでしたけど。




2005年09月22日
第136戦 <D 0−4 T> M6

完封リレーでした。
下柳、緩急・制球とも申し分なかったです。
6回を80球6安打で13勝目。ハーラートップ、最多勝更新。
いつも通りの仕事ぶりで、ベテランに頭が下がります。

JFKも本来の仕事をしました。

攻撃陣、川上に7回まで投げさせましたけど、
2回、金本の38号HRで先制。
4回、鳥谷・片岡の連打からWPで1得点(おいしかったです)、檜山の適時打で1得点。
7回、矢野の二塁打から関本の適時打で1得点。ゲームを決めました。

下柳、今期二度目のお立ち台インタビュー、エエネー。
「勝てればいいなと思って・・・」

で、今期の中日戦11勝11敗で終了しました。




2005年09月21日
第135戦 <D 5−2 T> M8

井川、6回を6安打(2HR)1四球の4失点。
初回・6回と2ランHR2発で沈みました。
制球も甘く、不用意な投球が目立ちました。
ほんまに頼りにならんね。

攻撃陣、中田の前に(5回1/3)5安打6四球で2得点止まり。
チャンスは作ったんですけど、適時打が出ませんでした。
檜山は頑張ったんやけど・・・。

JFKを投入した岡田さんの期待に攻撃陣が報えませんでした。
中日の救援陣5人に押さえられました。
藤川、下り坂かな?、今日も得点(HR)を許しました。

シーツの故障と安藤の抹消が堪えてるね。
優勝目前に、浮き足立ってないかな?。
島野さんはベンチ入りしてるんかな?。
今日は頑張って勝ちましょう!!。三連敗はできんよ!!。

サンTV、ゲストに渡辺謙を呼んでたけど、予算は大丈夫?。
それにしても、渡辺謙さん、よく野球をご存じです。




2005年09月19日
第134戦 <D 12−2 T>

杉山、1回1/3を8安打1四球の7失点KO。
サンドバックでした。
最近調子よかっただけに、何やったんでしょうね?。

相変わらず初物に弱いです。初先発の佐藤に4回まで1安打1四球に押さえられました。
5回、一死満塁から赤星・鳥谷の適時打での2得点が精一杯。
林、久々に安打を記録しました。

江草、3回2/3を4安打2四球の1失点の好投。
橋本、2回を2四球ながらも1回を無安打0失点の好投。
桟原、2回を7安打1四球の4失点。あかん・・・。

こういう日もあるでしょう・・・三連敗だけはせんといてや・・・。




2005年09月18日
第133戦 <YS 5−11 T> M8

攻撃陣、藤井を3回1/3で粉砕しました。
二回、赤星の適時打で1得点。
三回、今岡の2HRで同点、矢野の2ランHRで逆転。
四回、関本の適時打、金本の3ランHR、矢野の2本目の2ランHRでゲームを決めました。

能美、久々の先発も初回につかまり2失点、球が甘かったです。
二回もフラフラながら、三回以降は大量点に守られてボチボチ。
7回に3連打で1失点で降板も、終わってみれば7回を120球9安打1四球1WPの3失点の好投?でした。3勝目。

橋本は危なげなく好投。
最終回に登板した藤川、二死から3連打を浴びて2失点。
今日はどうしたんでしょうね?。

中日は今日も敗れて、M8に。

(登録)能美(抹消)安藤
安藤の抹消、奥さんの看病のためとのことですが、プロがこの時期に抹消を申し出るって事はよほどのこと何やけど・・・。




2005年09月17日
第132戦
第132戦 <YS 7−2 T> M10

福原、悪かったです。6回を105球7安打5四死球4失点。
悪いなりに粘ってましたけど・・・四球が多すぎ・・・、勝負球が真ん中に・・・。実質的に自滅でしょうね。
桟原が2回をマズマズに繋ぎました。

打線、今日はゴンザレスに押さえられました。
見せ場は8回、スペンサー・赤星の連続適時二塁打で2得点、やっとゴンザレスを捕まえました。
続く鳥谷、城石の好捕に阻まれました(惜しかったです、今日は運がなかったです)。

江草、2点差に追い上げた直後の9回を3失点。
先頭打者を出したのが・・・鳥谷のミスも痛かったです。

9回、連続四球で無死一二塁から今岡が遊併殺打、万事休す、でした。

連勝は「6」でストップ。M10。
中日も負けたことやし、良しとしますか・・・。

(登録)秀太、林(抹消)ダーウィン、シーツ




2005年09月16日
第131戦 <T 7−1 G>  M11  7.5差

今日も序盤でゲームを決めました。
初回、今岡の満塁HRで先制、\(⌒o⌒)/
更に、檜山のソロで1点追加。勝負の帰趨は決まりました。
4回の今岡の押出死球、
7回の矢野のHRでダメを押しました。
(1000本安打をHRで飾りました。)

下柳、5回2/3を77球4安打1失点、4回まで無走者でした、
で、12勝目、ハーラー首位タイです。
(ハーラーは下柳に取らせたいね。)

JFKが久々の揃い踏み、安定してました。
で、読売戦3年連続勝ち越し決定。(^-^) 強くなりました。

島野さん、大丈夫かな?
シーツ、左手小指骨折のようね。(T_T)

読売TV、21:00で放送を終了しよった・・・。(^_^;)





2005年09月14日
第130戦 <T 16−1 G>

今日も序盤でゲームが決まってしまいました。

初回、二死から今岡の適時二塁打で2点先制。
二回、二死満塁からシーツの押し出し四球・金本の満塁HR(通算3000塁打)で5得点。
ゲームありました。
その後もおまけですけど、繋ぐ野球で着実に得点しました。

井川、7回を95球9安打2四球WP1の1失点。12勝目。
投球内容はともかく、打たれながらも1失点に押さえたことは、素直に評価したいです。

橋本・藤川の完璧リレーで5連勝。

長崎の球場、エエ球場やね。




2005年09月12日
第129戦 <C 0−10 T> ゲーム差6

今日も序盤でゲームが決まってしまいました。

杉山、124球8安打1四球の9回完封(プロ入り初)で8勝目。\(⌒o⌒)/
序盤こそ得点圏に走者を背負いましたけど、粘りました。

攻撃陣、初回から打者一巡の猛攻で5得点、二回にも3得点でゲームを決めました。
今岡、100号アーチを含む5打点の荒稼ぎでした。


選挙は自民党の圧勝やね。




2005年09月11日
第128戦 <C 2−21 T> 勝率1位M15点灯

チームの勢いが違いました。\(⌒o⌒)/
大島・森を打ち込んで、3回にはゲームあり、後はおまけでした。
明日、雑な攻撃にならんように・・・(⌒_⌒;)。

安藤、大量援護をバックに6回を73球7安打1死球の2失点。
マズマズの投球でした。10勝目。打撃もよかったです。
橋本・江草・桟原のリレーも無安打救援でした。

一発接触の場面も含め、矢野・倉の両捕手の受難の日でした。
矢野さん、検査結果は大丈夫のようね。


星野SDの残留決定も朗報です。
でも、発表を引き延ばすだけ引き延ばす辺り、相変わらず演出が上手いね。





2005年09月10日
第127戦 <C 1−3 T>

福原、6回2/3を4安打3四死球1失点。
4回、先制点を許し、崩れかけたけど、最少失点で切り抜け、よく粘りました。
4回、金本・今岡の連打から矢野の適時打で同点。藤本の左安打での桧山の本塁憤死(やむをえんね)。
6回、金本が34号で勝ち越し。
(祝1000打点)
8回、赤星の安打・鳥谷の犠打から金本が右線適時三塁打\(⌒o⌒)/、貴重な追加点で2点差。
JFで逃げ切りました。藤川プロ初S!。

中日が敗れて、ゲーム差4。
星野さん、残留のようですね。




2005年09月08日
第126戦 <T 4−3 D>

いろいろあったゲームでしたけど、
11回、中村の一発がゲームを決めました。
JFKが崩れていく中、監督の執念が勝利を呼び込んだゲーム、大きな1勝です。
審判の技術をもっと磨いて貰わんといかんね。

下柳、5回を69球2安打1四球の0失点、らしい仕事をしました。
4回、金本が左越33号ソロHRで先制。
7回、藤川、二死から四球・谷繁の適時二塁打で1失点。
8回、浜中の四球・赤星の犠打・鳥谷の二塁打で1点追加、
   ジェフ、二死から四球・捕逸のピンチも辛うじて0失点。

9回表、金本・今岡の連打・檜山の四球で無死満塁、
矢野の打球を荒木が好捕し本塁封殺で一死満塁、
岩瀬が登板、代打スペンサーの三振後、
代打関本が右適時打で3点目(2点差)も、中村が本塁死。猛抗議も・・・。

9回裏、久保田、いきなり無死二三塁、谷繁の打球を関本が本塁送球もセーフ(野選)。
岡田監督は猛抗議。平田ヘッドが主審への暴力で退場。選手をベンチへ引き揚げさせた。
18分間中断後、井上に左犠飛で同点も、
岡田監督がマウンドへ行ってから、久保田が立ち直り、後続を連続三振、延長戦へ。
10回裏、先頭福留に二塁打、一死後、森野へ敬遠気味四球。福留が三盗アウト、福留は猛抗議も覆らず。

11回、中村、左越えにソロHR、勝ち越しに成功。
5時間ゲーム制し、再びゲーム差「3」に。
赤星、しっかり守れ。



サッカー、ホンジュラス戦、5−4で勝利。
野球より点が入ってる・・・点の入るサッカーもおもしろい。
でも、大量失点も・・・。




2005年09月07日
久万さん、相変わらずトラブルメーカーやね。


巨人次期監督問題――手塚・阪神オーナー、「星野氏招請は受けず」。
2005/09/07, 日本経済新聞 朝刊

 阪神前監督の星野仙一氏=現阪神シニアディレクター(SD)=をめぐる巨人の次期監督問題で六日、阪神の手塚昌利オーナーは巨人側から正式な招請は受けていないとの認識を示した。
 この日、阪神の久万俊二郎前オーナーは、巨人関係者と思われる人物と接触した際に「(星野SDを監督に招請することは)巨人の内部で決めたことなので、ご承知していただきたい」と伝えられていたと明かしたが、その後取材に応じた手塚オーナーは「(接触は)記者からの取材だと考えている。(久万前オーナーが、巨人からの)使者と思っておられたのかもしれないが、実はそうではないと理解している」と説明した。
 手塚オーナーは八日の電鉄本社定例報告会で、星野SDにあらためて続投を要請する。
また久万前オーナーはこの日夕、書面で「星野SDに対する考えは、手塚オーナーと同じである」とのコメントを出した。





第125戦 <T 2−5 D>

井川、5回を8安打(1HR)4四球の3失点。
前回の汚名返上なりませんでした。
頼りにもなりません(予想通りでした)。

桟原、6回に連続HRを喰らい2失点。ゲームを壊しした。

中田、よかったけど、何とか攻略せんと・・・。8回まで得点できませんでした。
9回、矢野・浜中の適時で2得点。見せ場を作ってくれましたのが、せめてもの慰めです。




2005年09月04日
第124戦 <YB 1−2 T> 札幌

いい投手戦でした。
杉山、7回を4安打2四球の1失点。
勝星はつきませんけど、貢献してくれました。沈むスライダーが効果的でした。

ジェフ・藤川はいつも通り。久保田、今日は内容がありました。
勝星は藤川に。

4回、スペンサー、残留を賭けて先制HR。
10回、今岡の四球から矢野が繋ぎ、藤本の適時連打で決勝点。
続く浜中の遊ゴロエラーで一死満塁も、赤星・鳥谷の後続が続きませんでした。

8回、今岡、今日は守備で魅せました。

中日の敗戦のため、ゲーム差は3に。
火・水曜と再び中日との直接対決、悪くても五分でいって欲しいね。




2005年09月03日
第123戦 <YB 3−4 T> 札幌

9回、久保田、ピンチを迎えました。
一死満塁で、押し出し死球で2点差、
一塁ゴロを一塁カバ−遅れで1失点。
1点差まで追い上げられました。
佐伯を遊ゴロでやっと試合終了
(鳥谷の送球も危なかったです)。

ジェフ・藤川は予定通りの好投でした。

序盤、安藤は連打を、門倉は四球連発。どんなゲームになるか見てましたけど、チャンスをモノにしたのはタイガースでした。
3回までで6四球1安打(適時打)1適時捕逸1犠飛で3得点。
おいしかったです。

安藤、6回1/3を85球7安打1四球1失点で9勝目。
打たれた割には1失点と、拙攻に助けられました。
6回には適時打で打点1も稼ぎました。
(結果的にはこれが勝利打点に)

9回、鳥谷のバント失敗・・・相手がチャンスをくれようとしてるときには、きっちり貰わんと・・・当たり前のことを当たり前のように出来る技術を身につけるのもプロやで。
9回裏のピンチの伏線になりました。
本人が一番分かってるでしょうけど・・・。




2005年09月02日
第122戦 <D 1−8 T>

今岡デーでした。
3回、赤星の盗塁から、シーツの適時打で同点、今岡の2ランで突き放しました。
5回、今岡、本日2本目の3ランHR、ゲームを決めました。
7回の適時三塁打(鈍足の今岡が!)はおまけ。
赤星の3安打3盗塁、シーツの4安打もよかったです。
天敵・山本昌を早めにKOしました。

下柳、初回1失点も、5回を無難に粘りました。11勝目。69球3安打1四球。
前2回、序盤でつかまってるから、今日は気迫がこもってましたね。
福原・ジェフ・久保田もよかったです。
藤川、楽な場面での登板でしたけど、大丈夫のようね。相変わらずの好投でした。

檜山への危険球の時、岡田さん、よく抗議に行きました。
昨年なら、ベンチでブツブツ言ってただけやったでしょうけど・・・。
来季続投も決定したようやし、喧嘩の仕方も徐々にやけど上手くなってきました。

勝ててよかったです。今日負けるとズルズルいきそうでしたから・・・。

今日は朝から粗大ゴミ出しで、書き込みが遅れた。




2005年09月01日
第121戦 <D 7−5 T>

心配してたとおり、一発にやられました。

2回、今岡・矢野のHRで3点先制も、
3回、今岡のエラーから無死満塁、ウッズに4点HR。(ミエミエやのに一発を食らうか!!?)( ̄_ ̄#)、更に福留にソロHRで、この回5失点。( ̄_ ̄#)
4回、鳥谷のミスから無死一三を残して、井川、3回0/3でKO(80球7安打2HR3四球)。( ̄_ ̄#)
井川、ミスからの失点やけど・・・プッツンしたかな?。
ボール先行の投球で、エラーがなくても早い回につかまってたでしょうね。( ̄_ ̄#)

橋本、いきなり四球で無死満塁、ウッズの犠飛で1失点。四球後、WPで1失点。この回2失点で、ゲームありました。
エース??の後に、(いい投手やけど)ルーキー・・・橋本もキツイよね。よく2失点で切り抜けられました。責められません。
その後、5回の金本の適時打、6回の檜山のHR(祝!150号)で追い上げるも、ここまで。
桟原も良くなかったね。

勝負時での集中力の差、チーム管理の差を見せつけられました。
福原の救援での起用・・・三連戦の頭を雨で流して、福原のローテを一回飛ばすって事でしょうけど・・・、福原への影響は大丈夫かな?。
結果論やけど、福原の先発で良かったんじゃないかな?、3回の頭から福原って手も・・・、あくまで結果論やけど・・・。
今日は久々にボヤキになってしまってます・・・。(┳_┳)

二軍がウエスタン優勝を決めた。(登録)久慈(抹消)能美
気を取り直して、今日、頑張ろう。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

自民党の圧勝でした

自民党の圧勝でした。

普段、政治経済を考えない人たちが小泉さんに触発されて考えるようになると、こんなかんじになるんかな?(深く考えなければ、小泉改革は心地よく聞こえるからね)・・・投票率も上がったし・・・民意は民意やし・・・小選挙区の怖さやね。
小泉さんも、これだけ議席を与えられたんやから、嘘や誤魔化しじゃなく、本当の構造改革をせんとあかんよね。(⌒_⌒;)
選挙戦途中から、岡田さんの顔が貧乏神に見えてきたのは私だけでしょうか?。m(_ _)m
議席数の割には得票数の差はない事が、民主党にとっての救いかな?。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする