2005年12月31日

転載

2005年12月31日
2006年チームスローガン及びシーズンロゴマークについて

 今季も「NEVER NEVER NEVER SURRENDER」のチームスローガンのもと、V奪還のため戦ってまいりましたが、おかげさまでその目的を果たすことができました。
来季は、更に飛躍する常勝チームを目指し、ファンの皆様に喜びと感動を提供できますよう、新たに「2006年チームスローガン」を下記のとおり決定いたしました。
またこれにあわせ、シーズンロゴマークも一新いたします。
 来シーズンもご声援よろしくお願いいたします。

■チームスローガン

 Be the Best  For the Fans
( 最高をめざせ! そしてファンのために! )

■シーズンロゴマーク

 阪神タイガースの聖地、阪神甲子園球場とダイヤモンドをイメージした2006年マークは、右上がりに飛び出すボールに勝利の願いを込めて、タイガースのさらなる飛躍を表現しています。またロゴにレイアウトされた5つの星は22リーグ分裂後のリーグ優勝回数を表現し、この星を胸に、選手とファンが一体となってリーグ優勝、日本一、そしてアジア一を目指すという阪神タイガースの指針となるロゴマークです。

http://www.hanshintigers.jp/news/topics/info_0653a.html




2005年12月13日
前広島・石橋尚到の獲得発表…3度目の改名で意欲

 阪神は、前広島の石橋尚到内野手(23)の獲得を正式発表した。背番号は「69」、年俸450万円。
 石橋は入団5年目だった今季限りで広島を戦力外となり、トライアウト(神戸サブ)に参加。右の内野手に補強に動いていた阪神がその俊足・巧守を評価して獲得を決めた。
阪神入りが決まった石橋は球団を通して、「1日も早く一軍の試合に出てタイガースファンの皆さんにも覚えてもらえるよう、一生懸命がんばります」とコメント。これを機に、登録名も「石橋尚至(いしばし・なおと)」から「尚到」に変えて(読み方は同じ)3度目の改名でも意欲を表した。
 石橋は長崎・波佐見高から01ラフト6位で広島入り。一軍試合の出場はなし。ウエスタン・リーグは通算162出場、279打、70塁打、30打点、打率.251。右投げ右打ち。1m76、76kg。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200512/tig2005121304.html




2005年12月10日
オクスプリング電撃来日!

 阪神は9日、クリス・オクスプリング投手(28)=前パドレス=の入団を発表した。新外国人が電撃来日しての正式契約は前代未聞。契約金・年俸ともに50万ドル(約6000万円)の1年契約で、背番号は「45」に決定した。アテネ五輪で長嶋ジャパンを翻弄した右腕がリーグ連覇、日本一奪回の立役者となる。

★1977年5月13日、豪クイーンズランド州イプスウイッチ生まれ、28歳、1.83m、83kg、右投左打。
★球歴 イプスウイッチ高からゴールドコースト・クーガーズを経て、2000年、米独立リーグのクック・カウンティー。翌01年にパドレス傘下の1Aフォートウェイン入り。その後、複数のマイナーを経て03年は2Aモービルで10勝をマーク。04年から3Aポートランド。01・04年豪州代表。
★メジャー初昇格 ポートランドでスタートした今季は26試合に先発し12勝6敗3完投。9月にパドレスに昇格し、同2日のブリュワーズ戦でメジャー初登板も5回1/3を投げ6安打6失点。その後4試合に登板。0勝0敗。防御率3.75。
★04年8月24日、アテネ五輪準決勝に先発し、日本代表と対戦。松坂(西武)と投げあい、6回2/3を5安打無失点で抑え、ウィリアムスとの完封リレーで決勝に進出、銀メダル獲得の原動力となった。
★アテネ五輪後、阪神・日ハムが獲得に動いたが、パドレスとの複数年契約がネックとなり獲得できず。
★趣味 ゴルフ、旅行。
★尊敬する選手 大リーグ・NELでともにオールスター戦に出場したボー・ジャクソン
★家族 03年7月に結婚したマンディー夫人(27)

★激しい先発5、6番手競い
 阪神の来季の先発陣は、頭数では十分過ぎるほど揃っている。下柳・井川の左の柱に、今季11勝した安藤と福原の右2人。この左右4人が中心。これに新外国人のオクスプリング・杉山が5・6番手を競うことになる。
能見・筒井和とルーキーの岩田を含めた左腕3人も候補。計9人が開幕まで、激しい先発ローテ争奪戦を繰り広げる。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200512/tig2005121001.html
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200512/tig2005121002.html


【オクスプリングに聞く】
 電撃来日で9日、阪神と正式契約を交わしたクリス・オクスプリング投手(28)。岡田阪神にとって2年越しとなる日本一奪回の使者が、来季にかける抱負を熱く語った。

(西宮市内の球団事務所で正式契約を終えて)
−−入団が決まったいまの気持ちは
オクスプリング 「タイガースに呼ばれて、エキサイティングしている。いい仕事をしたい」

−−日本でのプレーを決断する決め手となったのは
「(アテネ)オリンピックの自分のピッチングをタイガースの方がみていてのかもしれないが、その後、小さな話がいくつか出てきた。自分は米国で成功したかったし、今年はメジャー(パドレス)に上がったが、毎日(メジャーで)プレーできる環境ではなかった。タイガースでは毎日、プレーできると思えたので」

−−ウィリアムスからは情報を得ていた?
「もちろん、日本に来る前にジェフ(ウィリアムス)とは話した。どういうふうにやればいいのか、どうリラックスすればいいのかということもね」

−−日本のプロ野球の印象は
「オリンピックで勝ったというのが自分にはいい経験になっているが、かなりのレベルをもっていると思う」

−−阪神の印象は
「自分が思っていた以上に、もっとポピュラーなチームだと知った。このチームでプレーできるのが楽しみだ」

−−先発が希望か
「今のところは何とも言えない。先発といわれれば先発するし、中継ぎといわれれば中継ぎをする。言われたところでどんどんやっていこうと思う」

−−セールスポイントは
「言われたことをしっかりやる。マウンドに立ったときに自分の仕事をまっとうすることだ」

−−自信のある球ともっている球種を
「カーブには自信がある。これはどんな状況、どんな相手であろうと、どんどん投げたい。持ち球はストレート、カーブ、スライダー、チェンジアップ」

−−阪神は投手層の厚いチームだが
「投手がいいチームであることは分かっているが、競争して勝ち残った者がいいポジションを得る。皆と競争していきたい」

−−今季は3Aで12勝。好調だった要因は
「先発投手はいい日もあれば、悪い日もある。常に競争心をもって、誰にも負けないという気持ちで臨んだ結果だと思う」

−−春季キャンプに向けて課題はあるか
「いまも週に5日はジムで、ウエートトレーニングやバイクをこいだりしている。この状態をキープしながら、キャンプには中途半端ではなく100%の体調にして臨みたい」

−−来季の目標を
「個人的なものはない。すべてが新しいものとなるので、日々の経験を通していい結果を残していきたい」

−−ファンにメッセージを
「期待を裏切らない活躍ができたらと思う」

−−今年はメジャーで5試合に登板しているが
「野球に限らずどんなスポーツでもトップレベルでプレーするのは自信になる。短い間だったがメジャーで投げることができた。その自信をもって日本でプレーしたい」

−−オリンピックで対戦(アテネ五輪準決勝)して印象に残っている選手は
「あの試合でフィールドに立っていた選手はしっかりと頭に焼きついている。忘れるわけにはいかない。福留、城島、中村、宮本、和田。それとピッチャーの松坂」

−−それらの選手と日本で対戦するが
「特別なことはしないと思う。ビデオをしっかり見ようかとは思うが。自分の持っているものを出し切りたい」

−−自分の性格はまじめ?
「常に正直でありたいと思っている」

−−外国人選手が日本に来て契約するのは珍しいことだが
「シーズン後、タイガースの動きも早かったし、パドレスも速やかに対応してくれた。これだけ誠意をもってやってくれたタイガースに対して礼儀を尽くしたかった」

−−キャンプまではどこでトレーニングを
「シドニーにいつも通っているジムがある。専属のトレーナーもいるので、そこを拠点にする」

−−ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場に関しては
「それについては自分からは何とも言えない」

(会見後、甲子園球場を見学)
−−球場の印象は
「すごく感激した。事前に自分が聞いていたように大きな球場だね」





2005年12月09日
村上ファンド、阪神株を42.36%に買い増し。2005/12/09, 日本経済新聞 朝刊

 村上世彰氏が率いる村上ファンドが、阪神電気鉄道株を四二・三六%まで買い進めていたことが八日、明らかになった。同ファンドがこの日提出した大量保有報告書によると、保有比率は前回報告時(十月十一日)と比べて二・五九ポイント上昇した。阪神電鉄の株価も上昇傾向を強めており、十月十三日以来、約二カ月ぶりに千円台を回復した。
 村上ファンドは十月十一日時点で三九・七七%の阪神電鉄株を保有していたが、その後も断続的に買いを入れたとみられ、十二月七日までに千九十六万二千株を追加取得した。
 阪神電鉄は「村上ファンドから八日に買い増しの連絡があった。特にコメントすることはない」としている。

 村上世彰氏と西川恭爾阪神電鉄社長は十月のトップ会談で、阪神電鉄の企業価値の向上に向け協力することで合意。現在、具体策を検討するための実務者協議が進んでいる。今回、村上ファンドの保有比率が四〇%の大台を突破したことで、こうした協議の行方にも影響が広がる可能性もある。
 阪神電鉄株は八日、東京証券取引所で前日比五十円高の千五円で取引を終えた。十月中旬以降、九百円をはさんで一進一退の動きが続いていたが、十二月に入り上昇傾向が強まっている。


村上ファンド株買い増し、阪神経営陣に圧力――球団上場・不動産利用、戦略見直しも。
2005/12/09, 日本経済新聞 地方経済面

 村上世彰氏の投資ファンド(村上ファンド)が阪神電気鉄道株の大量保有報告書をほぼ二カ月ぶりに提出した。「対話路線」にもみえた村上氏が株式買い増しという「資本の論理」を再び前面に出してきたことは、阪神経営陣への大きな圧力になりそう。
経営側はタイガース球団上場問題や不動産再開発で戦略の見直しを迫られる可能性もある。
 「持ち株比率は十月時点の三九%でも、現在の四二%でもたいした変わりはない。ただ意図が分からず戸惑っている」。八日夜、阪神電鉄幹部はこう語った。
 株式大量取得が分かった九月下旬以降、経営陣は村上氏に対し「毅然(きぜん)とした態度をとり続けてきた」(大手証券)。球団上場の是非を問うファン投票の見送りを表明し、増配もせず、新たな不動産活用策も示していない。
 ファンの反発もあって村上氏は一時、対話路線に転じていた。だがなかなか動かない経営陣にしびれを切らし、リーグ優勝決定前後の「反・村上ムード」が一服した機をとらえて買い増しに動き、改めて強い姿勢を示したものとみられる。
 過半数取得を目指すのかは不明。経営陣は年明けに向け中期経営計画を策定中で、持ち株比率を高めた筆頭株主から何らかの「回答」を求められるかもしれない。





2005年12月01日
来季の背番号について、下記のとおり、決定・変更がありました。

■新入団   相木 崇 選手  48
■変更    吉野 誠 選手  21 → 47
       前田 忠節選手   5 → 32
       筒井 壮 選手  46 → 99
       濱中おさむ選手  31 →  5
       林 威助 選手  38 → 31
http://www.hanshintigers.jp/news/topics/info_0641.html


希望枠・岩田が契約金1億円で合意
 希望枠・岩田稔投手(2)が30日、大阪市内で契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円(背番号は未定)で合意した。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200512/tig2005120104.html


球児に『日本記録料』…球団側が80試合登板に“最敬礼”
 阪神・沼沢正二球団取締役副本部長が30日、7000万円の提示を保留した藤川球児投手(25)に言及し、「(日本記録は査定と)別に考えないと…」と歩み寄りの姿勢を見せた。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200512/tig2005120103.html
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

オリンピックに出してやりたいけどね・・・

2005年12月18日
オリンピックに出してやりたいけどね・・・

【フィギュア】浅田真央が世界の頂点に!!  五輪出場はダメ…

 フィギュアスケートGPファイナル最終日(17日)女子フリーで、年齢制限のため来年2月のトリノ冬季五輪出場資格がない浅田真央(15)が合計189.62点の自己ベストを叩き出し、初出場優勝を飾った。日本女子選手のGPファイナル優勝は03年の村主章枝(24・avex)以来2人目の快挙。
 国際スケート連盟(ISU)のオッタビオ・チンクアンタ会長(イタリア)は、年齢規則の特例措置を適用しないことを明言したが、世界選手権女王イリー・スルツカヤ(26・ロシア)に8.14点の大差をつけての優勝。五輪には出られなくても“世界一”の勲章がキラキラ輝く。続きを読む
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

タバコ増税

タバコ増税・・・何でや!。
塩川財務大臣の時に増税されたばっかりやのに・・・。
喫煙者ばかり狙い打ちせんといて欲しいね。

<日経新聞より抜粋>
 たばこ増税もぎりぎりの段階で盛り込まれた。
「来年度の新規国債発行を三十兆円に近づける」との小泉純一郎首相の指示もあり、新たな歳出のためには新規の財源確保が不可欠という政治的環境を映したといえる。
 首相は十一月下旬、中川秀直政調会長に財政健全化に向けた三十兆円枠と、たばこ増税をひそかに指示した。
 当初、中川氏は沈黙していたものの、児童手当の拡充を掲げる公明党がたばこ増税を主張し、一気に浮上。景気回復で税収も増え、児童手当の財源がないわけではなかったが、三十兆円枠の達成に躍起となる財務省もこれに乗った。
 一本あたりの税額で〇・八五円の引き上げとなり、小売価格ベースでは一本一円の値上げになる計算。年間千八百億円の税収増を見込むものの、財源確保のためのつじつま合わせの感の強い増税ともなった。
posted by 原始人 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仰木彬氏死去・・・ご冥福をお祈りいたします

2005年12月16日

オリックス前監督、仰木彬氏死去――イチローや野茂育てる。
2005/12/16, 日本経済新聞 朝刊

 米大リーグの野茂英雄投手やイチロー外野手らを育て、「仰木マジック」と呼ばれた采配の妙で三度のリーグ優勝を果たしたプロ野球の元近鉄・オリックス監督の仰木彬(おおぎ・あきら)氏が15日午後4時10分、呼吸不全のため福岡市内の病院で死去した。70歳だった。

 東筑高校(福岡県)から1954年、西鉄(現西武)に入団、巧守の二塁手として活躍し、67年に現役を引退。近鉄で18年間コーチを務めた後、88年監督に就任。翌89年にリーグ優勝を果たした。
 94年から8年間、オリックス監督を務め、阪神大震災の95年には「がんばろう神戸」を合言葉にリーグ優勝。96年はリーグ連覇後、日本シリーズも制した。
 2004年の近鉄、オリックス両球団の統合に伴い、05年に新生「オリックス・バファローズ」の監督に。シーズン終了後に体調不良を理由に勇退、同球団シニアアドバイザーに就任していた。
 巧みな選手起用と大胆な采配は「仰木マジック」と称賛され、米大リーグに多くの教え子を送り出した。04年に野球殿堂入りした。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

円の独歩安 (転載)

円の独歩安   平成17年12月5日

 「円のレート」が、世界の主要通貨に対して「独歩安」になっている。
そして、このことは、「国家の富」という観点からは、最も危惧すべきことなのだが、表面上の「株高」に浮かれている人達にとっては、まったく関係のないことのようでもある。
 しかし、間もなく起きる変化を見れば、嫌でも、事の重大さに気付かざるを得なくなるのだが、そのときには、予想もしなかったほどの「円安」になっているものと考えている。
 また、このことは、日本の「ゼロ金利政策」とも深く関連しているのだが、打つ手がほとんどなくなってきた「日銀」にとっては、「円安の進行が止まることを祈るしかなくなってきた」と言えるのかもしれない。

 それでは、今後の展開を考えてみると、「ゼロ金利政策の解除」は、「国債価格の暴落」へと繋がるために、ありとあらゆる手を使い「長期金利の上昇」に歯止めをかけることになるようだ。
しかし、その「歪み」が「為替」に現れるために、急速な円安に見舞われることが考えられる。
 そして、そのときには、「円の防衛」のために、保有している外貨の売却を迫られるのだが、大きな問題は、外貨のほとんどが「米国債」になっているということである。
 その結果として、日米ともに、大幅な長期金利の上昇に見舞われることになるのだが、果たして、バーナンキ氏は、このような事態に対して、正確な対応が可能なのだろうか。

 このように、今後の注目点は、「円レートが130円を越してきたときの状況」である。
そして、為替に対して「ドル売り、円買いの介入」を実施したときに、世界の投資家はこぞって「円売り」を仕掛けてくるのではないのだろうか。
 つまり、日本がドルを売れる限度というのは、「外貨準備高」によって決まっているからだ。
より具体的には、一日に「200億ドル程度の介入」をしたとしても、「2ヶ月ほどで、介入が限界点に達する」ということになるのである。
 このことが、「日本の国家が、体力の限界点に達した」ということだが、この真の意味を理解している人は、ほとんどいないようにも見える。
そして、実際に、このような出来事が起きたときに、初めて、現状を理解することになるのだが、このときの防衛策が、「金」や「資源株」などを買っておくことだということは、何度も繰り返してきたとおりである。
 一刻も早く、少しでも多くの人が「金」を買い、金融面での有事に備えておくことを、強くお勧めする次第である。
posted by 原始人 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

移転しました

gensizin3.gif



「原始人の日記・独り言」(投資日記)をこちらに移転しました。

ご贔屓に。
posted by 原始人 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする