2006年02月24日

静香、逆転で悲願の金!

arakawa

静香、逆転で悲願の金!

 荒川静香が逆転で悲願の金メダルを獲得した。
日本女子フィギュアでは初めてで、今大会の日本選手団メダル第1号となった。
ショートプログラム(SP)3位の荒川は21番目に登場。完璧な演技を披露し、フリー125.32点、通算191.34の高得点をマークした。
 2位はSP1位のサーシャ・コーエン(米国)で通算183.36点。3位は同2位のイリーナ・スルツカヤ(ロシア)。村主章枝は4位だった。安藤美姫は4回転ジャンプに挑戦したが着氷に失敗。ミスが目立ち、通算140.20点で15位に終わった。
 冬季五輪で日本が獲得した金メダルは9個目で、女子選手としては98年長野大会モーグルの里谷多英以来2人目の金メダリストになった。

sugurishizuka続きを読む
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

民主党、アホですね。

 永田寿康・野田佳彦・前原誠司・・・この三人がバカなのか、若い人の知的レベルが落ちてるのか、調査能力がないのか、国対のベテラン議員が不在なのか・・・。過去の事例を調べれば、こんなメール一本で自民党を追い込めるはずないのは明らかなのに・・・。
 「新証拠でライブドア問題を徹底追求」の党首討論のはずが、一夜明ければ、立証できずに辞意表明・・・。
 多少は健全野党としての民主党に期待してたけど・・・。
一部幹部だけが情報を握って密室協議、バックアップすべき長老も若手執行部の失脚を待ち・・・。これじゃ選挙民の支持は更に失われていくよね。
さっさと出直した方が、建て直しは早いよ!!。
posted by 原始人 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

村上ファンドの阪神株、野村系が買い取りに名乗り

2006年02月21日

村上ファンドの阪神株、野村系が買い取りに名乗り
2006/02/21, 14:30, 日経速報ニュース

 村上世彰氏が率いる投資ファンド(村上ファンド)が発行済み株式の約44%を保有する阪神電気鉄道株の買い手として野村証券グループの投資会社、野村プリンシパル・ファイナンスが名乗りを上げていることが21日、明らかになった。
京阪電気鉄道や南海電気鉄道、近畿日本鉄道など関西の大手私鉄などを中心に出資を呼び掛ける案が浮上している。続きを読む
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

林がよかったですね

2006年02月13日
林がよかったですね
(練習試合、日本ハム6−9阪神、12日、名護)

林がよかったですね。決勝3ランHR \(^o^)/。
浜中・檜山・スペンサーもウカウカしてられませんね。

能美もキレのある球を投げてました。伊代野・田村は今年も厳しそうね。

赤松、疲労骨折・・・運がない選手かな?。
秀太・上坂あたりをさっさと追い抜いて・・・と期待してたけど・・・。

浅井も頑張ってます。

木戸さん、ABCの解説者になったのね。続きを読む
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

トリノ五輪が開幕

gorin

雪と氷の祭典、トリノ五輪が開幕
開会式、証明が落ちて浮かび上がった五輪マーク(共同)

【トリノ10日】 雪と氷の祭典、第20回冬季五輪・トリノ大会は10日午後8時(日本時間11日午前4時)から北イタリアの古都、トリノのコムナーレ競技場で開会式を行い、17日間の熱戦の幕を開けた。
イタリアでは1956年コルティナダンペッツォ大会以来、50年ぶりの冬季五輪。
2002年ソルトレークシティー大会(米国)の77を上回る冬季五輪史上最多の80カ国・地域が参加し、26日までの17日間にわたり、7競技84種目を行う。
http://www.sanspo.com/torino2006/info/news/info2006021003.html
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ヒンギス vs シャラポア

Hingis-Sharapova

ヒンギス vs シャラポア。

 両者とも、強打で精神力の強い選手。
予想通り「ヒンギスの頭脳とプレースメント」vs「シャラポアのスピードとパワー」の展開。
ヒンギスの足の長い球がシャラポアのパワーを封じ込めました。
 第1セット。五分の展開で、見応えのあるゲームを展開してくれました。
セットを分けたのはヒンギスのコード・ボール。シャラポアには不運でした。
 第2セットは、鉄壁の守りでヒンギスのスペースで終始。シャラポアはなすべき術がありませんでした。
 ヒンギスの自由自在のテニスが印象的でした。完全復活やね。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする