2006年09月30日

第139戦

第139戦 2006.09.30 < D 7−1 T >

初回、赤星の中安打・関本の犠打・金本の左安打で先制。
五回、井上の内野安打・荒木の右二塁打で同点。井端をストレートの四球・福留に左線二塁打で逆転(ストライクを取りにいってしまいました)。

福原と山本昌の投手戦も、タイガースに守備にミスが出ました。
七回、谷繁にストレートの四球、山本の犠打を矢野が握り損ねて二塁悪送球で無死一二塁。荒木の犠打も福原の一塁送球がそれて無死満塁。井端が前進守備の二遊間を破って2失点。
で、福原はKO。(6回0/3を106球7安打3四球1WP5失点3自責点)。
ジェフ登板。ウッズを敬遠で一死満塁、森野の犠飛で1失点。
で、この回3失点。ゲームあり。

七回、先頭の金本が出塁も、反撃の目は堅い守備に阻まれました。
八回、久保田が打ち込まれて2失点。だめを押されました。

M7、いよいよ覚悟せんとあかんね。こんなかんじかな?。
勝率1位と勝数1位のチームが異る場合、プレーオフとなります。
勝率でCDに劣っても、勝数で上回る可能性はまだ残っている。
とにかく、明日も頑張ろう。
----------------------
2006年09月30日現在
  試合   勝 敗 分 勝率 差  残
D 134(129)79 50 5 .612 M7 12を6勝6敗なら85勝/141=.6028
T 139(135)79 56 4 .585 3 7を7勝0敗なら86勝/142=.6056
----------------------
D 神2広広広広横横ヤ巨111213ヤ横広
  ● ●○○●○○○●    ○●●・・ここまで負けるとは思えんけど
T 中2ヤヤヤ6巨巨910111213広
  ○ ○○○ ○○      ○
----------------------

ファーム日本選手権、3年ぶり4度目の日本一!。
中村泰が完封でMVP、「3連発」喜田!桜井!藤原!

ウエスタン・リーグを制した阪神が6−0で千葉ロッテを圧倒。
初回に3連続本塁打(喜田・桜井・藤原)4得点で試合を決めると、中村泰(28)がプロ初の完封劇でMVPに、賞金50万円を受賞。(9月30日、山形)
posted by 原始人 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第138戦

第138戦 2006.09.29 < D 0−4 T >

下柳と川上の投げ合いで始まった首位攻防戦。
下柳、6回を83球4安打1四球の0封。気迫の投球でした。
四回、無死一二塁からP強襲打を胸に当て、球を一瞬見失いましたけど、三塁に送球封殺(よく間に合いました)。
その後、アレックスの三塁線上の当たりを関本がうまく捌きました。

攻撃陣も下柳の気迫に引っ張られ、密度の濃い野球を魅せました。
二回、矢野の適時打で先制(外角低めの速球、よく付いていきました)。
七回、金本の二塁エラー・浜中の左安打・矢野の中前打で一死満塁。
(金本は三塁停止、吉竹さんよく止めました、今日は慎重でした)。
代打檜山が凡退後、代打林・・・と思いきや、代打今岡!!。
今岡が左中間二塁打で3得点。ゲームを決めました。\(^0^)/
(真ん中の球、これしかないって言う打撃でした。落合さんの計算外のプレーやね。岡田野球の真骨頂やね)。
その後、赤星の中前打で今岡が本塁死(代走はなかったかな?)。
この回で川上をKOしました。
守備陣も、関本・赤星・金本が引き締まったプレーを見せてくれました。

七回・八回・九回は、JKF。久保田はテキサス打2本で藤川の救援を仰ぎましたけど、0封リレーでした。

9連勝。ゲーム差2。少し希望が出てきました。
明日からのデーゲームも頑張りましょう。

鳥谷、バントはしっかりやれ。

下柳浜中2今岡矢野
posted by 原始人 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

第137戦

第137戦 2006.09.28 < C 0−6 T >

初回、二死からシーツが中安打・金本が右2点HR、で先制。
七回、鳥谷の右二塁打・矢野の犠打・代打檜山は敬遠で一死満塁、代打林が右・赤星も右・関本は中の3連続適時打で4得点。ゲームを決めました。

杉山、6回2/3を115球5安打2四死球1WPの0失点。
いつになく丁寧な立ち上がりでした。四回六回のピンチはよく凌ぎました。
さすがに七回にはジェフの救援を受けましたけど、仕事は出来ました。

八回、久保田、一死から3連打で満塁も、遊併殺打で逃れました。CD戦には使いづらいね。
最後は桟原で締め括り、完封リレーで8連勝。

CDも3連勝で、M9。CD3連戦、硬くならず、軽く勝って欲しいネ。

杉山関本赤星金本
posted by 原始人 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍政権、"最後の牙城"財務省とも全面対決

安倍政権、”最後の牙城”財務省とも全面対決、名目成長重視の「リフレーション内閣」

2006.09.28

大蔵族の小泉氏と違い、福井氏は擁護で日銀には貸し

 安倍新政権は、小さな政府という政権公約に向けて「官邸主導」と「官僚との対決」を全面に打ち出しているが、官僚機構の本丸・財務省とも全面対峙していく意気込みだ。
人事では日銀出身で財務省の権限縮小を主張してきた塩崎恭久氏を官房長官に抜擢する一方、財務省寄りの与謝野馨経済財政相を閣外に外すなど、露骨な「財務省包囲網」が見て取れる。
官邸の財務省封じは相対的に日銀に追い風となるが、安倍政権は福井俊彦総裁を擁護することで、"暗黙の了解としての貸し"を作る戦略もうかがえる。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

第136戦

第136戦 2006.09.27 < C 1−5 T >

井川、良かったです。腰が安定して、しっかり投げ込んでいました。
八回の3連打での満塁から併殺崩れでの1失点、投げ急いだかな?。
井川の涙・・・甲子園ラスト登板? m(_ _)m 、自分へのはがゆさ・無念さから?、出発点に戻った純粋な気持ちから?・・・。
いずれにしても、エース復活です。9回を127球6安打1失点。12勝目。
あえて言えば、左打者に喰い込む球か膝元に沈む球を覚えれば(更に、精神的に自分を高める努力をしていけば)メジャーでも通用する投手やね。

四回、シーツが左2点HRで先制(真中近めの球でした)、浜中も右2点HR(高い球でした)。で、この回4得点。ロマノから6連打でした。
五回、金本が右適時二塁打で追加点、ゲームを決めました。

7連勝。CDも勝ってM10・・・現実は厳しいな・・・。

日ハムが首位。新庄が引退をかけて求心力を高めた効果が出てますね。

井川シーツ浜中2金本
posted by 原始人 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

第135戦

第135戦 2006.09.26 < C 2−3 T >

運命の6連戦、白星スタート。6連勝といきたいね。

安藤、6回を80球4安打2四死球1WPの1失点。マズマズ、で8勝目。
六回、浜中が右中間飛球を好捕\(^0^)/、大量失点の可能性を防ぎました。

初回、シーツの左線適時二塁打で先制。浜中が初球を中適時打で追加点。
六回,鳥谷の右HR、貴重な追加点になりました。

七回、ダーウィンと吉野の不出来で1失点。
ヒヤヒヤさせられましたけど、久保田が力球で押さえました。
八回九回はジェフと藤川が危なげなく0封。藤川、速球も戻ってきてるね。

CDは、10回サヨナラ勝ち。ゲーム差3はそのまま、M11に。

安藤鳥谷浜中2シーツ
posted by 原始人 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

安倍新内閣

安倍新内閣
▽総理=安倍晋三   ▽官房=塩崎恭久<拉致問題>
▽外務=麻生太郎   ▽財務=尾身幸次   ▽総務=菅義偉
▽法務=長勢甚遠   ▽経産=甘利 明   ▽国交=冬柴鉄三
▽農水=松岡利勝   ▽厚労=柳沢伯夫   ▽文科=伊吹文明
▽環境=若林正俊   ▽防衛=久間章生   ▽経財=大田弘子
▽金融=山本有二<再チャレンジ>    ▽公安=溝手顕正<防災>
▽沖北=高市早苗<イノベーション・少子化>
▽規制=佐田玄一郎<公務員制度改革・道州制>  法制局=宮崎礼壱
----------------------
官房副長官  政務=下村博文  政務=鈴木政二  事務=的場順三
首相補佐官  国家安全保障=小池百合子  教育再生=山谷えり子
  拉致問題=中山恭子   経済財政=根本匠   広報=世耕弘成
----------------------
幹事長  中川秀直  政調会長 中川昭一  総務会長 丹羽雄哉
posted by 原始人 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

高校生ドラフト指名選手

高校生ドラフト指名選手2006年(阪神)

1巡目(外れ) 野原 将志(内野手・長崎日大)
3巡目     橋本 良平(捕手・智弁和歌山)
4巡目     横山龍之介(投手・日本文理)

野原将志(のはらまさし) 内野手 長崎日大 184 85 右右
九州NO.1打者の呼び声高い遊撃手。50m6.0秒の俊足。打撃は本塁打を量産する長打力に尚且つ確実性があり超高校級。守備では、三遊間の難しい打球を捕り、一塁に矢のような送球(遠投110m)。また緩いゴロをさばく前進ダッシュは抜群である。走攻守すべてにおいてスケールが大きく将来性抜群。

橋本良平(はしもとりょうへい) 捕手 智弁和歌山 182 89 右右
大物として期待され1年夏から名門の4番に座るがやや伸び悩み。強肩で長打力抜群の打撃と力があるだけに、勢いずくと一気にブレイクする可能性がある。捕手としての送球・捕球センスなど守備からも野球センスのよさがわかる。

横山龍之介(よこやまりゅうのすけ) 投手 日本文理 181 76 右右
北信越NO.1右腕と呼ばれ、選抜でも高校生では珍しい縦の変化を武器にする好投手だった。球速は、135-140キロぐらい。縦・横2種類のスライダーを駆使する生粋のスライダー投手。

堂上直倫(愛工大名電)は中日、田中将大(駒大苫小牧)は楽天へ。
posted by 原始人 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第134戦

第134戦 2006.09.23 < T 4−1 G >

福原、6回を107球8安打1失点。12勝目。
初回にピンチを招くも無失点。六回に二岡に右適時打で1失点。出来はいまいちやったけど、丁寧な投球で、守備に助けられながら、仕事をしました。

初回、二死一三塁で姜がWPで先制、浜中が右打もシーツは本塁刺殺。
五回、一死一三塁で金本が右適時打、浜中が左中間2点二塁打。

七・八回、ジェフが完璧でした。
九回は久々の藤川、直球のキレがいまいち、四球2つも、0封。(^o^)

藤本、守備で魅せてくれました。\(^0^)/

5連勝。中日がYSに敗れゲーム差3。ちなみに、こんなかんじかな?
----------------------
  試合  勝 敗 分 勝率 差  残
D 129(124)75 49 5 .605 M12 17を10勝7敗なら85勝/141=0.6028
                   を9勝8敗なら84勝/141=0.5957
T 134(130)75 55 4 .574 4.0 12を10勝2敗なら85勝/142=0.5986

D 横横横神神神2広広広広横横ヤ巨111213ヤ横広
  ○○●●●○ ●○○●○●○●    ○○?
T 広広広中中中2ヤヤヤ6巨巨910111213広
  ○○○○○● ○○● ○○      ○
----------------------

「高校生ドラフト」は堂上内野手(18・愛工大名電)でいくみたいね。
桑田、ややこしいこと言うてるね。
田淵・星野・山本が球場に集結、夜は盛り上がったでしょうね。m(_ _)m

ジェフ藤本浜中2金本
posted by 原始人 at 06:11| Comment(0) | TrackBack(4) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

第133戦

第133戦 2006.09.23 < T 11−2 G >

下柳、初回に先制点の許すも、打たれながらも凌いでゆく下柳スタイルで、7回を117球7安打3四球1失点。11勝目。

内海を攻略。二回、浜中の左越2点HR。四回、右翼の失策で2得点。
五回、浜中の中適時打。六回、藤本の右越HRでゲームを決めました。
後はおまけ・・・赤星のも久々に打点が付きました。

八回、江草は、小久保にHRで1失点。最後は久保田が0封。

で4連勝。CDが敗れたためゲーム差は4に。

梶本隆夫氏が亡くなられた、71歳。
米田・梶本・足立・山田の投手陣と福本・加藤・長池・スペンサーの攻撃陣での西本・上田阪急も、昔話になっちゃいましたね。

桑田も引退ですか・・・。

藤本浜中2下柳
posted by 原始人 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

出るべき記事が出ましたね

「対テロ、協力しなければ爆撃」と米が脅し・パキスタン大統領暴露
2006/09/22, 09:32, 日経速報ニュース

 訪米中のムシャラフ・パキスタン大統領は21日、米CBSテレビとのインタビューで、2001年の同時テロ後、米政府から対テロ戦で米国に協力しなければパキスタンを爆撃すると脅しを受けたと暴露した。
 インタビューは24日に放送予定で、CBSが内容の一部を公表した。
それによると、ムシャラフ大統領はパキスタンの情報長官が当時のアーミテージ米国務副長官から「爆撃される準備をしておけ。石器時代に戻る準備をしておけ」と言われたと説明。
副長官はパキスタンがアフガニスタン国境付近に持つ基地を米軍に引き渡し、国内の反米感情を抑えることなどを要求したという。
 大統領は要求を「無礼だ」と思ったが、国益を考えて協力に応じたとしている。
CBSによると、副長官は発言の表現に誤りがあると反論しているものの、強い調子で要求を伝えたことは否定していない。
 またムシャラフ大統領は、03年に当時のテネット米中央情報局(CIA)局長から指摘されるまで、パキスタンの核科学者カーン博士による北朝鮮などへの技術供与を知らなかったと主張。指摘を受けて「恥ずかしい思いをした」と語った。(ワシントン支局)
posted by 原始人 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

第132戦

第132戦 2006.09.19 < S 1−9 T >

杉山、序盤は球が浮いて危なかったけど、徐々に調子を上げて好投。
9回を5安打(うち1HR)0四死球1失点。三回には右線適時二塁打も。
九回にリグスに一発、完封を逃しました(もったいないねー)。で3勝目。

攻撃陣、打ちも打ったり、11安打(うち1HR)5四球の9得点。
三回、藤本が右中間適時三塁打で先制、杉山も右線適時二塁打で2点目。
六回、関本が右中間HR(外角低めの難しい球でした)。
浜中・矢野の適時打で3得点。ゲームありました。あとはおまけ。

落合中日に想定外の“投壊現象”らしいです。ゲーム差4。
ほとんど目はないけど、最後まで頑張りましょう。若手も使ってやってや。

金本が「連続試合先発4番出場」の日本新(416試合)らしいです。

杉山関本藤本矢野
posted by 原始人 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

第131戦

第131戦 2006.09.18 < S 5−6 T >

中4日の井川、6回を87球6安打(内1HR)1四球4失点3自責点。
初回、青木の中前打・岩村の二塁打で1失点、ラミレスも適時打で2失点。
五回、二死からリグスにHR。六回、二死二塁から福川に適時打。
悔いたりない内容ですね。セットの時、腰が定まった投げ方になってません。

二回、鳥谷の二塁打などで一死二三塁、矢野の二ゴロで1点。
三回、一死から関本が左8号HRで同点(ドンピシャ)。
六回、矢野が左2点HR(これもドンピシャ)、で同点。
更に藤本の右越二塁打などで二死三塁、石川のWPで1得点、勝ち越し。
(代打・林にYSは左の石川、代打の代打に今岡・・・??)

七回、ダーウィン、二死からリグスにHR、で同点。
九回は藤川が無失点。
(この辺で寝ちゃいました、後は記録を見ての記入です)

九回、二死一塁で鳥谷が右中間安打、一走シーツは本塁刺殺、延長戦へ。
一〇回はジェフ、十一回は久保田、で無失点。
十一回、無死満塁で浜中の中飛(二飛?)をお見合い、でサヨナラ勝ち。

YSの投手陣の自滅の印象・・・なんやけど。

関本鳥谷藤本矢野
posted by 原始人 at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

第130戦

第130戦 2006.09.17 < T 2−0 D >

今日はところどころラジオで聞いた程度で、全体を把握してませんけど。
安藤が頑張ったようね。金本の一撃でゲームを決めたようね。
今岡、まだ一軍の球には眼がついていけないよね。

ナゴヤドームでやっと勝てました。
来年は傾向と対策をもっと早くから練らんとあかんネ。

(登録)今岡 (抹消)スペンサー

安藤藤川金本
posted by 原始人 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(4) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G7会議共同声明、成長持続へ潜在リスク

G7会議共同声明、成長持続へ潜在リスク――エネルギー、インフレ、保護主義。
2006/09/17, 日本経済新聞 朝刊

 【シンガポール=木原雄士】七カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は十六日、共同声明を採択して閉幕した。
世界経済の力強さを確認する一方で不安材料にエネルギー価格、インフレ懸念、貿易面での保護主義の台頭を挙げた。一方、米経常赤字の拡大など世界経済の不均衡の解消に向けG7以外の国にも協力を要請し、為替政策では中国に人民元相場の柔軟化を促した。テロ資金対策の強化も盛り込んだ。(関連記事3面に)

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

第129戦

第129戦 2006.09.16 < T 0−3 D >

よりによってこんな日にノーヒット・ノーランとは(準完全試合)・・・。
久々に山本昌の小気味のいい投球を見せてもらいました。(↑_↑)
タイガース打線にヤマを張らせませんでした。 (†_†)
140キロの速球?で勝負されました。それにしても打てませんでした。
出塁が四回の赤星の三塁失策のみ・・・。これじゃ勝てません。
それにしても、よりによってこんな日にノーヒット・ノーランとは。(怒)

福原、好投の部類でしょう。8回を112球5安打(内2HR)1四球3失点。
初回、井端に右柱に先制HR。
四回、福留が中前二塁打・ウッズが近目の高い速球を右2点HR。

「藤川の涙」から盛り返したタイガースですけど、ここまででしょう。
明日からは気楽に野球を楽しみましょう。(↑_↑)
posted by 原始人 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(5) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第128戦

第128戦 2006.09.15 < T 7−0 D >

川上にここ一番でやられました(今まで結構打ち込んでたのに)。
野手陣も硬くなってましたね(ちょっとしたミスが多発)。
球審の判定にも不満はありますけど、4安打1四球じゃ勝てません。

下柳、立ち上がり勝負球が高く浮いたところを捉えられ、2失点。
<荒木に中安打・赤星の失策で無死二塁、井端に中適時打、二死三塁からアレックスに左適時打>。
六回、二死から森野に右安打・谷繁に右線適時二塁打で1失点。
徐々に調子を上げてきたけど、6回95球8安打2四球3失点2自責点。
仕事はしてるんやけどネ。

七回、久保田、2安打3四球3失点。
<福留四球・ウッズ右線二塁打・アレックス四球で2死満塁・井上に右中間を3点適時二塁打>。(不調の時は早めの交代を・・・)
八回、桟原、荒木に適時二塁打を打たれ1失点。

守備・走塁等の総合力の差がでました。くどくは書きません、”勝て”。

三番一塁・林、2安打、エエネー。守備でのミスはあったようやけど。
シーツはホテルで点滴治療やそうです。早く帰ってきてや。
posted by 原始人 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

第127戦

第127戦 2006.09.14 < T 2−4 C >

二回、金本が右HRで先制(量産体制に入りました)。
四回、金本・浜中の連打と鳥谷の四球で無死満塁、矢野の二併殺で2点目。
八回、関本の左安打と金本・濱中の四球で二死満塁、鳥谷の左安打で2点勝越し。 \(^0^)/

杉山、5回1/3を89球5安打2四球2失点。4回、新井に同点2ラン・・・。
プレッシャーの中での登板、マズマスでしょう。試合は作れました。

六回、杉山は一死一塁で降板。吉野は前田に右H。代打広瀬に桟原、二併殺。
七回、江草の作ったピンチをダーウィンが0封。
八回、ダーウィンが無失点に。
九回、ジェフ、先頭打者に二塁打も後続を断ちました。
勝ち星はダーウィンに \(^0^)/。(来日初勝利のようね)。

5連勝、中日とのゲーム差4。今日から名古屋でCD3連戦。
負けられません。3連勝といきたいけど2勝1分でいいかな?。でも名古屋では分が悪いのよね。
心配はシーツ、急性胃腸炎らしいですけど、1試合目は欠場かな?。
今岡が昇格のようですけど即戦力としては・・・。で、少々分が悪いかな?。

杉山ダーウィン鳥谷金本
posted by 原始人 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

植草さん、またやっちゃったの?(↑_↑)

植草さん、またやっちゃったの?(↑_↑)
・・・ケインズ派は再び劣勢に廻らざるをえんね。

----------------------
植草教授、痴漢で現行犯逮捕――警視庁
2006/09/14, 12:09, 日経速報ニュース

 電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、警視庁蒲田署は14日までに、名古屋商科大大学院客員教授、植草一秀容疑者(45)=東京都港区白金台3=を東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕した。
 調べに対し、植草容疑者は「覚えていない」などと容疑を否認しているという。酒を相当量飲んでいたとみられる。
 調べによると、植草容疑者は13日午後10時過ぎ、京浜急行下り電車、品川駅(東京都港区)―京急蒲田駅(大田区)間の車内で、神奈川県在住の高校2年の女子生徒(17)の尻を触るなどのわいせつ行為を行った。
 女子高生が「やめて下さい」と叫び、周囲にいた乗客らが京急蒲田駅の駅員に引き渡した。
 植草容疑者は2004年4月、JR品川駅構内で手鏡を使い女子高生のスカートの中をのぞいたとして現行犯逮捕。裁判で無罪を主張したものの、都迷惑防止条例違反の罪で罰金50万円などの判決が確定した。
 事件前は野村総合研究所主席エコノミストなどを経て早大大学院教授を務め、テレビでも活躍していたが、早大教授は事件後、解任された。06年4月に名古屋商科大大学院の客員教授に就任し、2週間に1回、講義を担当していた。
posted by 原始人 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第126戦

第126戦 2006.09.13 < T 5−4 C >

井川、あきません。球が甘かったです。(3回75球6安打2四死球4失点)。
二回、前田にHR、三回、集中打を浴びて3回KO。
体は立ち直っているんでしょうけど、心と技の問題でしょうね、頭も。

初回、シーツが2点左HRで先制、矢野が中適時打でこの回3得点。
(フェリシアーノ、いきなり2死球はひどいね)。
三回、浜中の犠飛で4点目。
四回、四球から鳥谷の遊ゴロの間に5点目。

救援陣、桟原・吉野・ダーウィン・ジェフ・藤川と繋いで、勝ち星は桟原に。

藤川桟原シーツ矢野
posted by 原始人 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

第125戦

第125戦 2006.09.12 < T 6−2 C >

初回、金本の2点右HRで先制。
三回、鳥谷の3点左HR(広島球場HR)。
五回、金本の中HR(20号、今日2本目)。ゲームを決めました。
「雨の日の鉄則」どおりのゲーム運びで、五回雨天コールド勝ちでした。

安藤、初回、梵に右HR。三回、四球から長打を浴びて内野ゴロで1失点。
5回を103球5安打2四球2失点。出来は良くなかったようね。

藤本も復調かな?。
二軍は優勝を決めました(^o^)。狩野が良かったようね。
巨2-10中、中日3連勝で70勝、残り試合26でM19・・・。

初めて聞いた言葉「広島ドーム」、少々の雨でも開催を強行する。(^o^)

(登録)久保田 (抹消)太陽

鳥谷金本
posted by 原始人 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命名の儀、悠仁(ひさひと)さま お印は「高野槇」

命名の儀、悠仁(ひさひと)さま お印は「高野槇」
命名の儀、秋篠宮ご夫妻の男児、悠仁さま。
2006/09/13, 日本経済新聞 朝刊

 秋篠宮さまが誕生した男のお子さまに名前を授けられる「命名の儀」が十二日、東京都港区の愛育病院で行われ、お名前は「悠仁(ひさひと)さま」に決まった。秋篠宮さまが紀子さまと相談して決められた。十四日の官報に掲載し、来週中に皇族の戸籍にあたる皇統譜に記載する。
 「お印」は日本固有の常緑高木である「高野槇(こうやまき)」となった。身の回りの品にこの文字を付けたり、記念品にその絵を描いたりと、悠仁さまのトレードマークにもなる。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

第124戦

第124戦 2006.09.10 < BS 1−6 T >

福原、今日も中4日ながら、まったく危なげない投球で完投勝利。完封こそ逃したものの、9回を113球5安打1四球1失点。で、自己最多の11勝目。
野村時代から先発のコツをなかなかつかめなかった福原ですけど、ここにきて大輪を咲かそうとしつつあります。ますます頑張って欲しいね。
(インタビュー、味を出そうとしてたけど、あまり無理をせんように。)

初回、土肥を攻めて、関本の左二塁打・金本の四球・浜中の左適時二塁打・鳥谷の左適時打で3得点。
二回、矢野の左HRで1得点。
五回、二死から赤星の内野安打・関本の右線二塁打・シーツの左適時打で1得点(関本はホーム刺殺)。
七回、矢野が15号HR、今日二本目。ダメを押しました。

早い試合展開でした。投手のリズムがいいと、気持ちがいいね。
さあ8連戦。思いっきり「あがきましょう」。「求めよ、さらば開かれん」。
それにしてもCDも強いね。

久々にF1を見たんですけど、シューマッハ=フェラーリ、相変わらず強いですね。今季限りの引退、もったいないね。
シャラポワ、全米OP初優勝、4大大会2度目の制覇、のようね。

福原関本鳥谷矢野
posted by 原始人 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】年2%上昇でも厳しい:人民元高が中国に与える衝撃

【中国】年2%上昇でも厳しい:人民元高が中国に与える衝撃

 2005年7月21日に人民元の対米ドルレートが2%切り上がって以来、元高の推移が世界の大きな関心の的になっている。
そのスローペースぶりに業を煮やした米国からは、更なる大幅切り上げを求める声も継続的に上がっている。

【特別インタビュー】北京五輪前に占う 今までの中国とこれからの中国
第15回 三宅輝幸教授に聞く − 高付加価値型産業への転換が急務


 2005年7月21日に人民元の対米ドルレートが2%切り上がって以来、元高の推移が世界の大きな関心の的になっている。
そのスローペースぶりに業を煮やした米国からは、更なる大幅切り上げを求める声も継続的に上がっているが、行き過ぎた元高は中国経済を破たんさせ、世界経済全体に悪影響を及ぼす可能性もある。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

第123戦

第123戦 2006.09.09 < BS 3−5 T >

下柳。7回を108球8安打3四死球2失点。
初回、石井に二塁打・村田に適時打を浴びて先制を許すも、(崩れかけましたけど、よく粘りました)徐々に制球も良くなりいつもの投球に。
六回、種田と鶴岡に連打を浴びて1失点。
七回にもピンチを迎えましたけど、落ち着いた仕事ぶりで切り抜けました。
予定以上の仕事ぶりでした。で、10勝目。

攻撃陣。
三回、赤星の左安打・関本が右線二塁打(外の低い球を技あり打)で同点。
五回、金本の左3点HR(18号、久々です。外の高い球をシバキました)。
七回、林が中越HR(4号)、ダメを押しました。

藤川、復活。カーブを織り交ぜた投球で、球威も戻ってきています。
ジェフ、二死から石井と小池に連打を浴びて1失点。(・・・よくわからん・・・眠りかけてました。)

CDも連敗脱出のようで、「ゲーム差5」は変わらず。
球審、返球は丁寧にしましょう・・・m(_ _)m。

町田まで戦力外ですか・・・
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20060909-OHT1T00075.htm

関本林金本下柳
posted by 原始人 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

第122戦

第122戦 2006.09.07 < G 3−0 T >

0得点では勝てません。
攻撃陣、グローバーに7回1/3を0封。完封リレーを演じられました。

井川、8回を114球8安打2四球3失点。けっこう調子良さそうに見えたんですけど、初回と四回にイに2連発3失点、制球ミスがすべてでした。
(同じ失敗を繰り返すな(怒))。
ジェフも乱調やったね。

幸いなことに、CDも負けたようで、ゲーム差5.5はそのまま。
救いは、CDの調子が下り坂なこと・・・でも、キツイね。
posted by 原始人 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

紀子さま、男児をご出産、おめでとうございます

紀子様天皇陛下秋篠宮

紀子さま、男児をご出産、おめでとうございます。
皇位継承第三位の男子出生で、皇室典範改正問題も先送りされそうで、一安心しております。

世間には女系天皇を認めようとの意見が多いようですが、(いろいろ説があるようですし、南朝の問題もあるようですけど)継体天皇以来約1500年続いた男系血統を、現代で断ち切ってしまおうとは、私には将来の歴史に対して決断する自信がありません。
憲法・皇室典範以前の、(復古主義じゃないけど)「民族の象徴としての天皇」ってのも考えんといかんでしょうね。

男系の維持には、側室制度の復活(女性の反感を買いそうやし、男宮も選択しないでしょうネ)・宮家制度の復活・拡充(そんなに金額はかからんでしょう)しか道はないのかもしれませんけど、50年後の「青い目の天皇」「肌の黒い天皇」を受け入れられるか?って考えると・・・。
その頃には私も生きていないでしょうけど・・・。
続きを読む
posted by 原始人 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言(投資日記?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第121戦

第121戦 2006.09.05 < G 2−5 T >

福原、中四日の登板も、力の抜けた丁寧な投球で完投勝利、10勝目。
直球・フォーク・スライダを中心に133球7安打1四球。お見事 \(^0^)/。

四回、イの犠飛で先制されるも、その裏、
金本の右線三塁打(クッションボール処理ミス)・浜中の左線二塁打(ど真ん中)で同点、矢野の三遊間安打で逆転 \(^0^)/。
五回、福原の右安打・シーツの中前安打で1点追加。
六回、濱中の四球・鳥谷の右安打・パウエルのボークと矢野の左2点適時打でゲームあり。
七回、鳥谷、ダイヤモンド一周・ホームアウト、ご苦労さん(吉竹さーん)。
赤星も久々の盗塁。打線が繋がって、6連勝。
ただ、読売の病気が伝染したのか、守備が少々雑になってました。CD戦に備えて、守備の精度も上げていきましょう。
初回の関本の大飛球、HRやね!?・・・6人審判制、賛成よ。

85年優勝時の「監督が何もせんほうが強い」チームになりつつあります。
それにしても、CDも負けんね。

読売TV、相変わらずやね・・・迷惑や、甲子園戦の放映権は返上すべし。

福原鳥谷浜中2矢野
posted by 原始人 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋篠宮妃紀子さま:男の子ご出産、皇室41年ぶりに−皇位継承3位

秋篠宮妃紀子さま:男の子ご出産、皇室41年ぶりに−皇位継承3位(8)

9月6日(ブルームバーグ):秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前、男の子を出産された。
皇室にとって秋篠宮さま以来41年ぶりの男子誕生で、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで3位になる。紀子さまは入院していた東京都港区の愛育病院で帝王切開手術を受けて出産され、お子さまともに健康。


続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

プロ野球、なんか面白くなくなりそうやね

プロ野球、なんか面白くなくなりそうやね。

何のためのペナントレースか、何のための日本シリーズか・・・
従来と意味合いが変わっちゃって、わからんようになっちゃいますね。
合同プレーオフ・・・興行優先ってのもわかりますけど・・・せめてハンデキャップを大きくとって欲しいですね。
交流戦が24試合に縮小されるのはどちらでもいいけど、審判6人制とビデオ判定導入には賛成ね。
続きを読む
posted by 原始人 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする