2006年10月31日

貸金業法案、きょう閣議決定――グレーゾーン金利廃止

貸金業法案、きょう閣議決定――グレーゾーン金利廃止。
2006/10/31, 日経金融新聞

 政府は三十一日、消費者金融など貸金業者への規制を厳しくする貸金業法案を今臨時国会に提出する。いわゆるグレーゾーン(灰色)金利を廃止し、貸出上限金利を年二〇%以下にするほか、業者の罰則、参入規制の強化などを幅広く見直す。多重債務問題を解消する狙い。
 政府・自民党は当初、一定の条件下で高金利を認める特例金利制度を盛り込む方針だったが、撤回して消費者保護重視の姿勢を示した。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サムライ債、年内発行分、米、源泉徴収免除を継続――09年までに体制整備を

サムライ債、年内発行分、米、源泉徴収免除を継続――09年までに体制整備を。
2006/10/31, 日経金融新聞

 米税務当局は海外の企業が日本国内で発行する円建て外債(サムライ債)について、二〇〇六年末までに発行すれば、従来通り三〇%の源泉徴収を免除する方針を明らかにした。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪直下地震、被害19.6兆円、178万人帰宅困難、府内分を想定

大阪直下地震、被害19.6兆円、178万人帰宅困難、府内分を想定。
2006/10/31, 日本経済新聞 地方経済面

 大阪府の自然災害総合防災対策検討委員会(委員長=土岐憲三・立命館大教授)は三十日、同府域を震源とする直下型地震が起きた場合、最悪の経済被害は大阪府だけで十九兆六千億円に達するとの被害想定を公表した。
一九九五年の阪神大震災の十兆円強のほぼ二倍に上り、人的、経済的な被害軽減に向け、府は総合的な防災施策を来年度中にまとめる方針。(関連記事35面、社会面に)

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(米中間選挙2006年)投票まで1週間――下院、民主党優位の戦い

(米中間選挙2006年)投票まで1週間――下院、民主党優位の戦い
2006/10/31, 日本経済新聞 朝刊

 【ワシントン=丸谷浩史】十一月七日投票の米中間選挙まで一週間。
現在上下両院を制している共和党はイラク戦争、政治倫理面のスキャンダル、ブッシュ大統領の低支持率の「三点セット」で苦戦している。
全議席が改選される下院では民主党が十二年ぶりに多数党になるとの見方が多い。
三分の一改選の上院でも共和党が過半数を維持できるか微妙な情勢だ。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

(成長を考える)もっとできる(1)新しい流れをつかめ

(成長を考える)第1部 もっとできる(1)新しい流れをつかめ―生産性向上の源泉に
2006/10/30, 日本経済新聞 朝刊

 福岡県篠栗町。かつて栄えた産炭地の農園で畑仕事を営む前田睦子(44)の生活は、携帯電話が鳴ると一変する。
 「ウズベキスタンのプラント設計を手伝ってほしい」。大手商社や電機メーカーの仕事が突如転がり込む。注文を受けた前田は自宅でパソコンを起動すると、工場の生産ラインを動かす制御盤の設計を始めた。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

日本ハム44年ぶりV

・新庄効果が100%発揮できたシーズンでした。
引退表明のとき、「もしかしたら・・・」とは思いましたけど、実現するとは・・・、脱帽です。\(^0^)/
・セギノールの一発、バッテリーのインコース攻め、あれしかないよね。打ったほうがうまかったね。その前のスクイズ、タイガースも見習わんと。》

----------------------

日本ハム44年ぶりV。新庄涙のフィナーレ!、監督より先に胴上げ!。
胴上げは最後に…ヒルマン監督「日本一? シンジラレナ〜イ!」

(日本シリーズ第5戦、日本ハム4−1中日、日本ハム4勝1敗)
 日本ハムが東映時代の1962年以来44年ぶりの日本一に輝いた。V決定後、引退する新庄剛志(34)が真っ先に胴上げされ、涙、涙…。札幌に大輪の花を咲かせて、エンターテイナーはグラウンドを去る。http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200610/bt2006102700.html
 日本ハムがセギノールの勝ち越し2ランで日本一の座に就いた。
同点の六回、田中賢の安打をきっかけとした一死三塁で、川上の内角球を右翼にライナーで運んだ。ダルビッシュは走者を出しながらも要所を締め、八回途中まで1失点と堂々のマウンド。
中日はまた決定打不足で、川上の力投に厚い援護ができなかった。http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/10/26/0000150077.shtml
----------------------
・激震!。監督退団、小笠原FA移籍へ。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/10/27/02.html
・落合監督「進退伺」出す…52年ぶり日本一公約・日本一果たせず
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200610/bt2006102707.html
続きを読む
posted by 原始人 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

2007年度 阪神タイガース監督・コーチ

2007年度 阪神タイガース監督・コーチ

■一軍
監督          80 岡田 彰布(48)
チーフバッテリーコーチ 84 久保 康生(48)
チーフ野手コーチ    76 吉竹 春樹(45)
投手コーチ       71 中西 清起(44)
打撃コーチ       87 正田 耕三(44)
打撃コーチ       85 広澤 克実(44)〈解説者より〉
守備走塁コーチ     86 和田  豊(44)
バッテリーコーチ    83 嶋田 宗彦(44)
  (ブルペン担当)  91 吉田 康夫(45)
トレーニングコーチ   90 続木 敏之(48)

■特命 総合特命コーチ 91 島野 育夫(62)〈ファーム監督より〉

■二軍
監督          78 平田 勝男(47)〈一軍ヘッドコーチより〉
野手総合兼打撃コーチ  88 立石 充男(48)
投手コーチ       70 星野 伸之(40)
投手コーチ       82 葛西  稔(39)
打撃コーチ       73 町田公二郎(36)〈選手より〉
内野守備走塁コーチ   89 山脇 光治(44)
外野守備走塁コーチ   72 平塚 克洋(40)
バッテリーコーチ    97 加藤 安雄(56)
トレーニングコーチ   74 伊藤 敦規(43)

■育成
育成コーチ       75 遠山 奬志(39)
育成コーチ       99 筒井  壮(31)〈選手より〉

http://www.hanshintigers.jp/news/topics/info_0804a.html
posted by 原始人 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

金正日は“狂気”なのか?、臨検に踏み込む危うさ

INSIDER No.370《NORTH KOREA》

http://www.the-commons.jp/commons/main/insider/2006/10/insider_no370north_korea.html

金正日は“狂気”なのか?──臨検に踏み込む日本の危うさ

 先週の『週刊新潮』は「“狂気”の衝撃波/核ミサイル来年発射で東京の死者130万人!」と、『週刊文春』も同様に「“狂気”の金正日開き直りの核実験/中西輝政緊急提言・米の核ミサイルを即時日本に配備せよ」と、どちらが狂気かと疑うほどの勢いで特集を繰りだしている。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

第146戦 最終戦

第146戦 2006.10.16 < T 3−0 YS > 最終戦

井川、139球6安打3四球10三振の完封で、14勝目。
2年ぶり3度目の最多奪三振を獲得。

初回、関本の右安打、金本の26号HRで2点先制。
六回、林の5号HRで1点追加。

近隣の通夜でまったく視聴してないんですけど、井川が良かったようね。


なにはともあれ、今シーズンも終了。
最終的に、146試合84勝58敗4分の0.592、3.5差と18.0差の二位でした。
勝率を見れば結構いい数字なんですけど、最後の追い込みは見事でしたけど、シーズンの序・中盤にけっこう取りこぼしがありましたし、勝負どころで弱さが出ました。また、これだけ中日に負け越せば(7勝14敗1分)、優勝は望めませんよね。
フロントには的確な補強を、ベンチには作戦と守備・走塁面のフォローをお願いしたいですね。選手には十分な休養といっそうの実力アップをお願いします。<毎年同じことを書いてる (^_^;) >。
来期は、喜田・林・赤松が(守備がよければ桜井あたりも)台頭しそうやし、野手陣も競争が激しくなりそうね。世代交代もうまく進めていかんとね。

・井川、2年ぶり3度目の最多奪三振を獲得。
・球児、2年連続ホールド王。
・鳥谷、フルイニング出場。
・順位は中日、阪神、ヤクルト、巨人、広島、横浜の順。
・福留(D)が首位打者(0.351)、ウッズ(D)が本塁打王と打点王(47HR・144打点)、青木(YS)が最多安打と盗塁王(192安打・41盗塁)。
・川上(D)が最多勝と初の最多奪三振(17勝・194奪三振)、井川(T)も最多奪三振。黒田(C)が最優秀防御率(1.85)、岩瀬(D)が最多セーブ、藤川(T)が最優秀中継投手。
・タイガースが観客動員2年連続トップ、前年比0.7%増の43218人/1試合。

タイガースファンの皆さん、応援ご苦労様でした。来年もよろしく。

・打撃コーチに広澤氏を招聘。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/10/17/02.html
・デイリーが「タイガース検定」を実施するそうな。
http://www.daily.co.jp/baseball/2006/10/16/0000140817.shtml

井川金本林
posted by 原始人 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

第145戦

第145戦 2006.10.14 < T 2−6 C >

初登板の岩田、3回を84球2安打(1HR)4四球1三振2WPの3失点。
初回、前田に2点HRを浴びて同点。更に四球・WPがらみで1失点。
二回、四球からエラーがらみで1失点。(鳥谷、しっかり守れ)
いろいろ問題はあるんでしょうけど、とりあえずセットでの投球が課題やね。10キロ程度の速度ダウンは痛い。

玉置も初登板。2回を30球2安打1四球3三振1WPの0失点。
四回、先頭打者に内野安打を許し、三塁にまで進めるも、無失点。
五回、新井に二塁打・WP・四球も、無失点に。
岩田と同様、セットからの投球が課題やね。

伊代野は03年以来。1回1/3を46球3安打(1HR)3四球1三振の2失点。
六回、2四球から重盗で満塁も、0失点。
七回、倉に2点HR。その後も中安・死球でKO。
四球・WP・重盗・・・若手三人ともまだまだ経験が必要やね。

七回途中から吉野、八回から桟原、無難に0封。

初回、鳥谷のHRで先制。喜田には適時打が出て、2得点。
得点シーンはここだけでした。
若手では、赤松が2安打。坂・狩野は無安打でした。

本日の先発は下記のとおり。
赤松cf 関本3b 鳥谷ss 金本lf 濱中rf 喜田1b 坂2b 狩野c 岩田p
東出2b 山田cf 前田lf 新井3b 廣瀬1b 井生rf 倉c 松本ss 大竹p

(登録)岩田・玉置・伊代野・狩野・坂・喜田・赤松
(抹消)江草・福原・久保田・下柳・ジェフ・ダーウィン・野口・秀太・シーツ・片岡

・中尾コーチがフロント入り。
・チーフコーチ制導入を検討。
・シーツ、ジェフ、ダーウィンが帰国。
・桑田、トライアウトも受ける。
・中日の川相昌弘内野手(42)が現役引退、守備走塁コーチに。
posted by 原始人 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

第144戦

第144戦 2006.10.12 < D 1−5 T > 甲子園最終戦

片岡引退片岡さん、引退試合を6番三塁でフル出場、2安打1打点。
個人的には好きな選手で、03年の優勝に貢献してくれました。
故障持ちの宿命か、タイガースでの活躍はもうひとつでした。
15年間の現役を終え、解説者になられるそうです。

安藤、7回を96球5安打(1HR)1失点、好投で10勝目。
藤川も最終登板、63試合、防御率0.68、5勝0敗17S35HP。
攻撃陣は、序盤から連打で得点を重ね、14安打で5得点でした。

・日本ハム25年ぶりV。”新庄効果”の優勝やね?。
ヒルマン監督の「シンジラレナ〜イ!」がすべてを物語ってる?。

関本安藤赤星林


10月12日
・阪急阪神HDの角社長は、30億円問題について、支払い義務が生じた場合には阪神サイドが支払うべきであるという考えを示した。
posted by 原始人 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

中国共産党、格差の是正前面に――六中全会閉幕、「胡錦濤色」着々と

中国共産党、格差の是正前面に――六中全会閉幕、「胡錦濤色」着々と。
2006/10/12, 日本経済新聞 朝刊

 【北京=桃井裕理】中国共産党の第十六期中央委員会第六回全体会議(六中全会)は十一日、胡錦濤国家主席が提唱する「和諧社会(調和のとれた社会)の建設」に関する文書を採択して閉幕した。格差拡大の傾向を二〇二〇年までに是正する目標を掲げ、バランスを重視する「胡錦濤色」を前面に打ち出した。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外メディアに日本核武装論、国内との認識差浮き彫り

海外メディアに日本核武装論、国内との認識差浮き彫り。
2006/10/12, 日本経済新聞 朝刊

 北朝鮮が核実験の実施を発表したことを受け、米国をはじめ海外メディアの間で日本の核武装の可能性を論じる報道が目立ち始めた。
唯一の被爆国として「非核三原則」も堅持する日本だが、海外との認識の差が浮き彫りになっている。
 米ホワイトハウスの記者会見などでは核実験後、日本が核武装を進める事態を念頭に置いた質問が相次いでいる。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「臨検」中ロなお難色  監視機関設置

対北朝鮮制裁、再修正案の要旨。
2006/10/12, 日本経済新聞 夕刊

 米国が国連安保理のメンバー国に配布した対北朝鮮制裁決議案の再修正案の要旨は次の通り。


続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対北、輸入全面禁止 周辺事態認定検討

対北朝鮮、輸入を全面禁止――日本、独自の制裁第3弾決定、半年間、船舶入港認めず。
2006/10/12, 日本経済新聞 朝刊

 政府は十一日、首相官邸で安全保障会議を開き、核実験実施を発表した北朝鮮への日本独自の制裁措置を決めた。七月、九月の措置に次ぐ第三弾。北朝鮮からの輸入は農水産品など全産品で差し止め、すべての北朝鮮籍船舶の日本国内への入港を禁止する。北朝鮮籍を持つ人の入国も原則として禁じる。国連の安全保障理事会で制裁決議が採択されれば新たな金融制裁など第四弾を打ち出す方向だ。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

祝!、中日ドラゴンズ、2年ぶりV!

・祝!、中日ドラゴンズ、2年ぶりV!。

タイガースの追い上げには賞賛を送ります。
ただ、それが来季に吉と出るか凶と出るか・・・高齢化、投手の疲労・・・。

・ヤクルト−阪神戦は16日に。
・宮崎オーナー「岡田監督続投」改めて明言。
・球児がシーズン終了後入院……大規模なオーバーホールを予定。
・久保田(26)はフェニックスリーグ(宮崎)への“強制参加”が決定。
・水谷二軍打撃コーチ(58)、福田二軍trコーチ(33)との契約解除。
後任は、町田公二郎さん(36)、伊藤敦規さん(43)の見込み。
・黒田に4年13億円


2006年10月10日
・落合竜、マジック『1』!。
・パ・プレーオフ第2幕、11日から、Fighters vs Hawks。西武は敗退。
・片岡が現役引退、解説者の道へ。
・町田が引退、二軍打撃コーチに。
・西武が今月中にもメジャー移籍容認。
・井川にメジャー6球団が興味、“お買い得”。
posted by 原始人 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮が核実験――米、安保理に制裁案

北朝鮮が核実験――米、安保理に制裁案。
2006/10/10, 日本経済新聞 夕刊

 北朝鮮は九日午前、朝鮮中央通信を通じ初の地下核実験が成功したと発表した。国連安全保障理事会の非公開協議では米国が北朝鮮への制裁措置を明記した決議原案を提示。日本も独自の制裁措置の検討に入った。安倍晋三首相は同日、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領とソウルで初会談した後、ブッシュ米大統領と電話協議し、国際社会への重大な脅威との認識で一致。十日の閣議でも「国際社会と連携し断固たる措置を取る」と強調した。実験強行には中ロ両国も非難を強めている。朝鮮半島情勢の緊迫化は必至で、世界の核不拡散体制も再構築を迫られる。(関連記事2、3、5面、社会面に)

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

第143戦

第143戦 2006.10.08 < G 5−1 T >

井川、初回、二死一塁から李に左中間適時二塁打で先制を許すも、後は意地で押さえました。6回を85球3安打3四死球。仕事はしました。
(六回まで西村にてこずって無失点では、代打起用も仕方ないね)

七回、一死二塁からシーツの左適時打で同点に。

七回から安藤、八回二死からジェフ、九回から藤川、が無失点継投。
(八回、同点で《ジェフ投入と同時に》濱中に代えて中村を守備に・・・?。
リードしてから守備を固めんと・・・。
結果論じゃなく、八回の攻撃に秀太と中村が打席に・・・。)

初回、一死満塁で濱中が遊併殺。六回、二死満塁で林、初球をPゴロ。
七回、シーツの適時打後、なおも一死二塁で金本・浜中が凡退。
八回、一死二塁で秀太・中村が三振。九回、二死一三塁で今岡が右飛。
いいところまで攻めるんですけど決定打に乏しく、延長戦に。

十回から久保田。一死一二塁から李に右安打・中村がファンブルで負越し。
(遅くてもここで見切らんと・・・明らかに悪いんやから・・・)
その後もメッタ打ちされて(ここでも代える余地はありました)、4失点。
ベンチが優勝をあきらめた瞬間でした。
岡田さんも最後まで勝負師になりきれん人なんやろうね。島野さ〜〜〜ん。

中日が勝って、ゲーム差3、M2に。
この時期まで野球を楽しめたこと(藤川の涙)には感謝してます。
posted by 原始人 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

首脳、北京で5年ぶり会談――日中、「戦略的互恵」で一致

首脳、北京で5年ぶり会談――日中、「戦略的互恵」で一致。
2006/10/09, 日本経済新聞 朝刊

 【北京=藤田哲哉、佐藤賢】安倍晋三首相は八日、首相就任後の初めての外国訪問として中国を訪れ、北京の人民大会堂で胡錦濤国家主席と約一時間二十分、会談した。これに先立ち温家宝首相とも約一時間半、会談。
日中双方は、両国が国際的課題で共通利益を追求する「戦略的互恵関係」の構築で一致。北朝鮮の核実験阻止に向けた日中の緊密な連携も確認した。
安倍首相は胡主席、温首相らの訪日を招請し、中国側も原則的に同意した。首脳会談を目的とした日本の首相の訪中は二〇〇一年十月以来となる。(日中首脳会談は3面「きょうのことば」参照)

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

鈴鹿でのラストラン、今日はこれを見んとあかんね。

【F1】日本GP公式予選 F1第17戦・予選(7日、鈴鹿、1周5.807km)
鈴鹿GP ミハエル・シューマッハ(37・独・フェラーリ)が予選2番手。PPはフェリペ・マッサ(25・伯)、フェラーリがフロントローを独占。総合2位のフェルナンド・アロンソ(25・西・ルノー)は5番手。
 トヨタはラルフ・シューマッハ(31・独)が3番手、ヤルノ・トゥルーリ(32・伊)が4番手で、2列目を独占した。
ホンダは7番手・8番手。
スーパーアグリは、佐藤琢磨(29)が20番手、山本左近(24)が22番手。
 昨季の製造者部門4位から、現在6位に後退しているトヨタ。5月のモナコで投入した新車体「TF106B」の改良型で、02年のF1参戦から5年目の悲願達成に挑戦する。


<F1>アロンソが優勝、7勝目。シューマッハーはリタイヤ。

 F1(鈴鹿)は、2年連続総合優勝を狙うフェルナンド・アロンソ(スペイン、ルノー)が1時間23分53秒413で優勝。7勝目、通算15勝目。
2位はPPスタートしたフェリペ・マッサ(ブラジル、フェラーリ)。
3位はジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)。
以下入賞は、4位バトン(Honda Racing F1)、5位ライコネン(マクラーレン)、6位トゥルーリ(トヨタ)、7位ラルフ・シューマッハ(トヨタ)、8位ハイドフェルド(BMWザウバー)。
 8度目の総合優勝を目指すミヒャエル・シューマッハー(ドイツ、フェラーリ)は残り17周でマシントラブルのため棄権した。
 トヨタのヤルノ・トゥルーリ(イタリア)は6位、ラルフ・シューマッハー(独)は7位。
ホンダはバトン(英国)が4位、バリチェロ(ブラジル)は12位。
スーパーアグリの佐藤琢磨は15位、山本左近は17位完走。
 最終戦ブラジルGPは20日、日本時間23時(現地11時)から。
 鈴鹿での開催は今年が最後、来年は富士スピードウェイに舞台を移す。
posted by 原始人 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅越さんが引退した今、今度は中村藍子さんを応援しようかな (^o^)

【テニス】中村藍子、女子単決勝へ進出 − AIGジャパンOP

中村藍子 女子単準決勝で、世界89位の中村藍子(22・ニッケ)が132位のセン詠然(17・台)に2−1で勝って決勝進出。
ツアー初優勝を懸けた8日の決勝戦では同22位のマリオン・バルトリ(22・フランス)と対戦する。
 一月に世界ランクを自己最高の54位にまで上げたが、母の看病などで約2カ月間の休養。八月末の全米オープンから復帰、優勝にあと一歩のところまでたどり着いた。
 「決勝戦を楽しみたい。中村藍子というプレーヤーを皆さんにみてもらいたい」と日本女子テニスの次代のエース候補は意気込みを表した。
 男子単準決勝では世界1位のロジャー・フェデラー(25・スイス)がベンヤミン・ベッカー(25・独)を破り、順当に決勝戦に進出した。


中村は決勝で敗れる――ジャパンOPテニス
2006/10/08, 13:35, 日経速報ニュース

 テニスのAIGジャパン・オープン最終日は8日、東京・有明コロシアムなどで行われ、女子シングルス決勝で中村藍子(ニッケ)は第1シードのマリオン・バルトリ(フランス)に6ー2、2ー6、2ー6で逆転負けして、ツアー初優勝を逃した。
 世界ランキング89位の中村は同22位のバルトリと強打の応酬。バルトリがストロークを深く散らしだしてから中村にミスが目立ち、1998年の杉山愛(ワコール)以来、日本選手8年ぶり5人目の優勝を逃した。〔共同〕
posted by 原始人 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第142戦

第142戦 2006.10.07 < G 3−5 T >

福原、6回を92球5安打3四球0失点。丁寧な投球でした。
二回の無死一二塁、五回の無死満塁、六回の無死満塁、を決定打なしに切り抜け、無失点。
「好調」は二週間前に終わったようですけど、悪いときは悪いなりに凌いでゆく投球術を身に着けつつあります。まだまだ成長しそうね。

二回、金本のHRで先制(ど真ん中の速球でした)。
四回、浜中が左越20号HRで追加点(真ん中への変化球でした)。
七回からジェフ、八回一死から高橋に左翼柱際へ2点HRで同点(近めの低い球やったけどね)。
八回、二死三塁からシーツが中前適時打で勝ち越し。
金本の2点HR(今日2本目。低めの難しい球でした)、で3点差。
九回は藤川、清水に1発を浴びるも、逃げ切りました。で、3連勝。

赤星と鳥谷が守備で魅せてくれました。
救援陣が一発を浴びました。ゲーム感覚が鈍ってたかな?、読売の意地かな?

中日は横浜に敗れ、M4、ゲーム差2。岩瀬に繋ぐまでに逆転HRを浴びたようね。

・パのプレーオフは、西武がSoftBankに先勝。
・現役引退・・・筒井壮(31)、萱島大介(26)、
・戦力外通告・・石橋尚到内野手(24)、中林佑輔投手(23)
・ズマヤって投手が166キロの速球を投げたそうな。
http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20061007-OHT1T00066.htm

福原浜中2シーツ金本
posted by 原始人 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

安倍政権経済政策の課題(1−6)

安倍政権経済政策の課題(1)成長促進へ減税先行  2006/10/02, 日本経済新聞 朝刊

 「経済成長なくして財政再建なし」を掲げ、経済成長を重視する安倍政権。経済政策の重要課題である税制改革は、企業の設備投資を促すために減価償却制度をどう見直すかが最初の課題となる。見直し論者の尾身幸次財務相に対し、自民党税制調査会の対応はまだ見えない。一方、最大の焦点の消費税論議は来夏の参院選後まで見送る方針。安倍政権の経済政策を展望してみる。

続き
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

第141戦

第141戦 2006.10.04 < T 4−2 YS >

安藤、6回1/3を6安打1四球2失点。で9勝目。
三回、一死一二塁からリグスに左越適時二塁打で2失点。
七回、一死から宮本・真中の連打で降板。

二回、矢野が通算100本目となる17号3点HRで先制。
三回、浜中の中適時打で1点追加。

七回、一死一二塁から藤川。三振とPゴロでを凌ぎ、八回も無失点。
九回はジェフ、3者凡退でゲームセット。

七回の藤川の右足ディフェンス、格好良かったね。

中日が広島に勝って、M5。ゲーム差「3」は変わらず。

サッカー(ガーナ戦)、フォワードの人材不足は相変わらずのようね。

安藤関本浜中2矢野
posted by 原始人 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

第140戦

第140戦 2006.10.03 < T 4−0 YS >

井川、3安打完封で13勝目!。(119球3安打1四球8三振)。
良かったようね。エース復活です。

六回、一死から関本・シーツの安打で一二塁、浜中の中適時打で先制。
鳥谷が四球で二死満塁、矢野が中2点適時打、で、この回3得点。
九回、藤本の二安打と関本の右適時打で1点追加。

中日も広島に勝って、M6。ゲーム差「3」は変わらず。

番組編成の変わり目、特番の時期と重なりTV放映がなく、ラジオでの聴取でした。

・対CD最終戦は10/12日やね。
・大阪ガスの小嶋、希望枠で内定!。
・筒井壮・町田が戦力構想外。

関本井川浜中2矢野
posted by 原始人 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(3) | タイガース日記 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする