2007年06月04日

(ハイリゲンダムサミット)温暖化対策「数値」で綱引き――共同歩調は確認へ

2007/06/04, 日本経済新聞 朝刊

 主要国首脳会議(サミット)が六日から三日間の日程で、ドイツ北部の保養地ハイリゲンダムで始まる。議長国ドイツが掲げた「地球温暖化対策」「貿易や投資の自由化」などの議題を主要八カ国(G8)の首脳が話し合う。
最重要テーマとなる温暖化対策では、温暖化ガス削減の新しい枠組みづくりへの共同歩調を確認する見通し。
ただ首脳声明に数値目標を掲げたいとするドイツに米国が反発するなど、各国間の溝の深さも浮かび上がっている。

続き
posted by 原始人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア大統領会見、「北方領土解決は困難」、中距離核、再開発を示唆。

2007/06/04, 日本経済新聞 朝刊
 【モスクワ=太田泰彦】ロシアのプーチン大統領はモスクワ郊外の大統領別荘で日本経済新聞などと会見し、北方領土問題について「解決策を見いだすのは難しい状況だ」と言明した。六日からの主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)で予定する日ロ首脳会談で、厳しい姿勢を示すとみられる。米国が欧州で進めるミサイル防衛網の配備では「世界が軍拡競争に直面する」と非難。対抗手段として、全廃した中距離核兵器を再び開発する可能性を示唆した。
(北方領土は3面「きょうのことば」参照)=関連記事6、7面に

続き
posted by 原始人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする