2010年11月12日

城島が来季開幕絶望的に

阪神の城島が来季開幕絶望的に 9日に左ひざ半月板手術
2010/11/12, 15:20, 日経速報ニュース

 プロ野球阪神は12日、城島健司捕手(34)が左ひざ半月板を損傷し、9日に大阪府内の病院で手術を受けたと発表した。常川チーフトレーナーによると、試合出場までには約6カ月を要する見込みで、来季の開幕戦出場は絶望的となった。城島は12日に退院した。
 城島はシーズン終盤に左ひざに違和感を感じ、シーズン終了後に精密検査を受けていた。常川チーフトレーナーは「終盤は引っ掛かりながらプレーしていた。今後は様子を見ながら判断する」と話した。
 今季から阪神に加入した城島はシーズン144試合にすべて出場し、打率3割3厘、28本塁打、91打点と活躍。巨人とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ2試合にも先発出場した。〔共同〕

城島左ひざ手術、来季開幕絶望的

(追記 2010.11.13 11.00)
若虎よ出て来てくれ!  狩野は椎間板ヘルニア手術、捕手に変えることは考えていない

平野、Gグラブ初受賞  桟原&黒田、育成契約に  福原、FA行使せず残留へ
posted by 原始人 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする