2009年11月30日

クルム伊達が日本勢最上位に/世界ランク

 女子テニスの最新世界ランキングが30日発表され、前日終了したツアー下部大会、ダンロップ・ワールドチャレンジのシングルスで初優勝したクルム伊達公子(エステティックTBC)は前週の82位から71位に浮上し、84位に後退した森田あゆみ(キヤノン)を抜いて日本勢最上位となった。
 クルム伊達は9月の韓国オープンで13年ぶりのツアー優勝を果たすなど、2008年末のランキング198位から一気に順位を上げた。

 ツアー大会は終了しており、1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)や2位のディナラ・サフィナ(ロシア)ら上位陣に変動はなく、マリア・シャラポワ(ロシア)も14位のまま。
ほかの日本勢では、瀬間友里加(ピーチジョン)が142位、奈良くるみ(大阪・大産大付高)が181位だった。(共同 2009.11.30)
http://www.sanspo.com/sports/news/091130/spl0911301429002-n1.htm
posted by 原始人 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック