2012年09月06日

第121戦 ( G 1−1 T )


内海と岩田の投げ合い。初回の好機は無得点。二回、先頭打者安打から大和の適時打で先制。
中盤から、岩田が攻められながらも凌ぎ、内海は安定感を取り戻し、膠着状態に。
七回、先頭打者安打から長野に適時打を与えて同点。更に後続に攻められるも凌ぎます。
で、岩田、7回(10安打2四球)1失点。結構打たれたけど、仕事はしてくれました。

八回から遠山が救援、二死一二塁を残して福原が救援、凌ぎました。
九階から藤川、二死からど真ん中速球を阿部に二塁打されるも、後続を速球で三振に。
十回は榎田が救援も、援護なく引き分けでした。
http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20120906.html
中村勝広取締役GMが就任会見

キリン杯サッカー、フォワードに長身選手がいるってのはエエネー。男前やし。
posted by 原始人 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(1) | タイガース日記 2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

聖地で今季最後のG戦はドロー、岩田もよく踏ん張った!
Excerpt: △阪神1−1巨人△/甲子園球場 18U世界選手権第7日では、 阪神も注目しているドラ1候補の藤浪が連投の上で にっくき韓国を6安打2失点、完投で捩じ伏せた。 クジ運の悪い阪神の..
Weblog: 勇皇の気炎万笑〜野球と虎道楽〜
Tracked: 2012-09-06 22:23