2007年03月26日

井川の開幕投手案が急浮上!日米あわせ“6年連続”へ

http://www.sanspo.com/mlb/top/mt200703/mt2007032601.html
 【タンパ(米フロリダ州)24日(日本時間25日)】ヤンキースの井川慶投手(27)が、4月2日(日本時間同3日)の開幕デビルレイズ戦(ヤンキースタジアム)に先発する可能性が出てきた。開幕投手の本命だった王建民投手(26)が故障したことで、ジョー・トーリ監督(66)は、代役候補に井川を指名。日本人としては、04年の野茂英雄投手(当時ドジャース)以来、2人目のメジャー開幕投手となる?!

 直球に加え、チェンジアップが低めに決まる。ブルペンでの投球練習を35球で切り上げた井川。仕上がりは上々だ。
 「制球がよかったのでパッと切り上げました。試合でそのまま生かせたらいいですね」

 井川が笑顔で球場を去った後、トーリ監督は4月2日のデビルレイズ戦に先発する開幕投手について言及。「井川とパバーノ、カーステンズがいる」と3投手に絞ったことを明かした。

 前日23日に昨季メジャー最多の19勝(6敗)を挙げた王が右太もも裏を肉離れし、故障者リスト入りが決定。開幕投手が決定的だったエースの離脱で、代役に井川らが指名された。

 実績では開幕第2戦に登板予定の通算239勝、マイク・ムシーナ投手(38)が繰り上がるのが自然だが、同監督はオープン戦から公式戦をにらんで組み立てた中4日の登板間隔は崩さない方針。ローテ通りに4月4日に先発させる。続いて昨季14勝(13敗)のアンディ・ペティット投手(34)が適任となるが、背中の違和感を訴え、調整は遅れている。
 そこで、が然、開幕候補に挙がったのが、井川だ。26日(日本時間27日)のフィリーズ戦にオープン戦最後の先発登板した後、日本で慣れた中6日で4・2に臨める。阪神では昨季まで5年連続で開幕投手を務めた“実績”もある。
 本命は通算61勝(64敗)と3人の候補者の中では最も実績のあるカール・パバーノ投手(31)。しかし、同投手は右肩の故障などで昨年は1試合も投げていない上、昨秋には交通事故でろっ骨を骨折するなど不安はぬぐえない。実質的には、井川とパバーノとの一騎打ちの様相。26日のフ軍戦の結果次第で、井川は日本人として04年の野茂英雄以来、2人目のメジャー開幕投手に最接近できる。

 「シーズンできっちり投げられるような投球を見せられればいい」と落ち着き払った井川。当選発表は26日の登板後。運命のマウンドで、名門ヤンキースの開幕投手という“栄誉”をつかみ取る。

ヤンキース・今後の予想ローテ
月・日 相手 先発
3・25 タイガース J・カーステンズ
  26 フィリーズ 井川慶
  27 ツインズ 未定
  28 アストロズ C・パバーノ
  29 ブルージェイズ M・ムシーナ
  30 タイガース カーステンズ(ペティット)
  31 〃 井川慶
4・ 2 ※デビルレイズ パバーノ/井川
   4 ※〃 M・ムシーナ
   5 ※〃 A・ペティット
   6 ※オリオールズ 井川/パバーノ
【注】日付は現地時間。※は公式戦。30日のペティットは中継ぎで登板予定

■データBOX
(1)日本人でメジャー開幕投手を経験しているのは野茂英雄(計3度)ただひとり。最初はタイガース時代の00年4月3日のアスレチックス戦。7回3失点で勝利投手に。あとの2度はドジャース時代。03年3月31日のダイヤモンドバックス戦ではR・ジョンソンと投げ合い、4安打で完封勝利。04年4月5日のパドレス戦では、5回を7安打7失点で敗戦投手となった。
(2)井川は阪神時代の02−06年に5年連続で開幕投手を務めている。通算成績は2勝3敗で防御率は3.75。
開幕戦の井川の勝敗と相手の開幕投手は
 年度  勝敗  相手投手
 02年  ○   上原(巨)
 03年  ●   吉見(横)
 04年  ○   上原(巨)
 05年  ●   石川(ヤ)
 06年  ●   石川(ヤ)
posted by 原始人 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック