2014年09月07日

錦織さんが決勝進出、マリン・チリッチと決勝。名前負けもないことですし、優勝したいね、


錦織圭、アジアから初の決勝進出−全米オープンテニス
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NBI0VU6VDKHS01.html

  9月6日(ブルームバーグ):テニスの全米オープン男子シングルス準決勝がニューヨーク時間6日行われ、錦織圭が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6−4、1−6、7−6、6−3で破り、アジアから初の4大大会決勝進出を決めた。

錦織(24)は第4セットの第1ゲームと最終ゲームを含む5つのジョコビッチ(27)のサービスゲームをブレーク。世界ランキングトップ10の選手をこれで3人連続で打ち破った。勝利の瞬間、ラケットがコートに落ち、錦織は両拳を天に突き上げた。

コートサイドでのインタビューで、錦織は「テレビで見ている日本からの応援を感じた。日本では朝の4時だけど、みんな観ていてほしい」と語った。

シード10位の錦織は8日の決勝戦でマリン・チリッチ(クロアチア)と戦う。


フォーブス誌のアスリート年間長者番付によれば、錦織は男子テニスで5位。2013年6月−14年6月に稼いだ1100万ドル(約12億円)のうち、900万ドルはアディダス 、デルタ航空など企業とのスポンサー契約による収入だった。錦織は「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングとも契約している。

敗れたジョコビッチは7月から世界ランキング1位。12年から13年にかけて1年近くトップを守っていた。試合後、「きょうの試合は望むものとかけ離れていた。エラーやショートボールが多く、自分とは思えない」と記者団に語った。

声援

第4セットで第1ゲームでジョコビッチのサービスをブレークした後、錦織は自身のサービスゲームで0−40に追い込まれる場面もあった。その後続けて5ポイントを取り、2−0でリードした。試合開始時ではジョコビッチの応援が大半だった観衆だが、ゲームが進展するにつれ錦織への声援が目立つようになった。

この日のニューヨークは蒸し暑く、風もあるコンディション。ナショナル・テニス・センターのコート上の気温は、第3セットにカ氏95度(セ氏35度)に上昇した。錦織にとって3試合連続の4セット以上の戦いとなった。「長い試合が好きなんだと思う」と錦織は述べた。

これまでに日本人で全米オープンのベスト4に勝ち進んだのは1918年の熊谷一弥が最後。日本人男子として4大大会の準決勝に臨んだのは33年のウィンブルドンでの佐藤次郎以来。

世界ランキング

89年12月29日に島根県松江市で生まれた錦織は、5歳でテニスを始めた。小学6年生の時に史上5人目の全国制覇3冠。中学2年生の時に財団法人盛田正明テニス・ファンドの強化選手として米フロリダ州のニック・ボラテリーテニスアカデミーに留学した。07年10月にプロ転向を表明、09年はひじの故障と手術でほぼ1年を棒に振った。

小1から中1まで錦織を指導していたグリーンテニススクールの柏井正樹ヘッドコーチ(54)は、テニスが「好きで、負けず嫌い」で自分が必要だと感じたトレーニングはやったと当時を振り返る。ゲームセンスとボールコントロール能力はそれぞれ100人に1人の逸材で「単純計算で1万人に一人くらいの才能なのかもしれない」と述べた。

今年4月のバルセロナ・オープンでは決勝でサンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)を破って優勝。5月のマドリード・オープンでは決勝でラファエル・ナダル(スペイン)と戦ったが、途中棄権で準優勝だった。この5月に世界ランキングを9位まで上げて、日本人男子の最高記録を更新していた。

更新日時: 2014/09/07 10:12 JST


錦織対チリッチ、予想外の決勝はスタイルのぶつかり合いに

2014年09月07日 17:10 発信地:ニューヨーク/米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3025232

【9月7日 AFP】8日に行われる全米オープン(The US Open Tennis Championships 2014)男子シングルス決勝は、アジアの男子選手としては初めて四大大会(グランドスラム)の決勝に進出した錦織圭(Kei Nishikori)と、同じくメジャー大会での決勝は初のマリン・チリッチ(Marin Cilic、クロアチア)という、ほとんど誰も予想しなかった驚きの顔合わせとなった。

上位シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)とロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が準決勝で姿を消したため、今年の全米オープンは、2005年以来初めて、決勝にジョコビッチ、フェデラー、ラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)の3選手が登場しないグランドスラムとなる。

全米オープンにおいて、初めてグランドスラムの決勝に臨む選手同士が対戦するのは、パット・ラフター(Pat Rafter)がグレグ・ルードゼスキー(Greg Rusedski)に勝利した1997年大会以来となる。

ジョコビッチを相手に、6-4、1-6、7-6、6-3で勝利した錦織は、今でも自分で自分をつねっているに違いない。

「自分が決勝でプレーできるなんてちょっと驚いています」と話した24歳の錦織は、これまで2012年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2012)でのベスト8がグランドスラムの最高成績だった。

ジョコビッチとの3度目の対戦で2勝目を挙げた錦織だが、その前には、第5シードのミロス・ラオニック(Milos Raonic、カナダ)、第3シードの全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2014)王者スタニスラス・ワウリンカ(Stanislas Wawrinka、スイス)を、4時間を超える5セットマッチの末に撃破している。

錦織はつま先の手術を受けたため、ロジャーズ・カップ2014(Rogers Cup 2014)とウェスタン&サザンオープン(Western and Southern Open 2014)に出場できず、全米オープンの出場すら危ぶまれる状況だった。今回の決勝は、そうした中で達成した快挙だった。

第10シードの錦織は、「プレーを再開できたのは、大会が始まるほんの数日前でした。ニューヨーク(New York)へ来るべきかどうかも分からなかった。実は、なんの欲もなかったんです」と話している。

記録を参考にするなら、錦織がタイトルを奪取する可能性は高い。錦織は25歳のチリッチに5勝2敗と勝ち越しており、今年対戦したハードコートのブリスベーン国際(Brisbane International 2014)、クレーコートのバルセロナ・オープン(Barcelona Open Banc Sabadell 2014)では、どちらも勝利している。

しかしながら、全米オープンでの成績は両者五分で、2010年には錦織が、逆に2012年にはチリッチが勝利している。

錦織は、チリッチについて「本当に良いプレーを続けていますし、すごく攻撃的で、速いテニスをします。どんどん強くなっていると思います」と話した。

そのチリッチも、昨年は問題のある時期を過ごした。

チリッチは、昨年の全米オープン(The US Open Tennis Championships 2013)に出場することができなかった。薬局で購入したサプリメントに禁止されている興奮成分が含まれており、薬物検査で陽性となった結果、出場停止処分を科されていたためだった。

処分が言い渡された経緯に不満を持つチリッチは、2010年の全豪オープンで記録したベスト4というグランドスラムでの最高成績を更新しようと使命感に燃えている。

2001年のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)を制したゴラン・イワニセビッチ(Goran Ivanisevic)氏の指導を受けているチリッチは、決勝では戦術が重要になると考えている。

チリッチは、「ケイはコートの深いところからものすごく良いボールを打つ。とにかく自分の試合に集中して、相手のリズムを少しでも崩さなくちゃいけないだろう。良いサーブを打っていきたい」と話した。

8日の決勝は、178センチで68キロの錦織と、198センチで82キロのチリッチという、対照的なスタイルの選手同士の対戦でもある。

球足の速いハードコートでは、パワーで押すスタイルの方が有利な場合も多いが、今季から錦織のコーチを務めている1989年の全仏オープン(French Open)王者のマイケル・チャン(Michael Chang)氏は、錦織にも武器はあると考えている。

「大きい選手には確かにいくつか有利な点があり、サーブなんかでは少し楽だが、小さい選手にも、コートでより素早く機敏に動けて小回りが利くという特徴がある。パワーをいなす方法は、常に色々とあるものだ」
posted by 原始人 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック