2007年06月01日

外国銀の日本拠点、海外送金最高に―昨年度末、22兆円、円借り取引増加。

2007/06/01, 日本経済新聞 朝刊

 日本に拠点を持つ外国銀行が国内から海外に融通した資金は二〇〇七年三月末時点で二十一兆九千二百億円に達し、年度末で過去最高になった。金利が低い日本の市場でお金を調達し、海外で運用する「円借り(キャリー)取引」が増えたためだ。日銀は「為替相場を大きく変動させる要因になりかねない」と注視している。
 日銀が外国銀行の日本支店六十四行の取引をまとめた。海外に送った資金は前の年度末に比べて三割増え、二年連続で増加した。日本で調達した円はドルやユーロなどに替えて海外に送金するため、円借り取引は円売り、ドル・ユーロ買いを伴い、円安要因になる。資金は海外市場で、利回りが高い金融商品への投資などに充てているとみられる。
 背景には日本と欧米諸国の金利差が広がったことがある。日本の政策金利は、足元で三―五%ほど欧米より低い。
 こうした金利差に着目した円借り取引の規模は一日に「数十兆円」(財務省幹部)、個人の取引も含めると「四十兆円」(米系銀行)との推測がある。外国銀行による海外送金の増加は、拡大する円借り取引の実態を示したものだ。
posted by 原始人 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック