2007年06月09日

杉山組は準優勝・全仏オープンテニス女子ダブルス

sugiyama-ai2.jpg 【パリ8日共同】テニスの全仏オープン第13日は8日、当地のローランギャロスで行われ、女子ダブルス決勝で第7シードの杉山愛(ワコール)カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組は、第17シードのアリシア・モリク(オーストラリア)マラ・サンタンジェロ(イタリア)組に6―7、4―6で敗れ、準優勝に終わった。
杉山の2003年以来4年ぶり4度目の4大大会女子ダブルス制覇はならなかった。
 全仏はダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と組んだ昨年に続いての準優勝。賞金はペアで14万5000ユーロ(約2380万円)。モリク、サンタンジェロ組は初優勝した。 2007/06/09, 07:23
posted by 原始人 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック