2016年11月15日

Tigers News 


阪神、ゴメスと来季契約せず 14年に打点王  2016/11/15 17:42 日経速報ニュース

 阪神は15日、マウロ・ゴメス内野手(32)と来季の契約を結ばないと発表した。高野球団本部長は「3年目の一塁手の外国人として大いに期待したが、期待したほどではなかった。成績的に少し物足りなかった」と説明した。
 ゴメスは来日1年目の2014年に109打点で打点王に輝いたが、今季は79打点にとどまり、打率は3年間で最低の2割5分5厘だった。通算成績は425試合に出場し、打率2割7分、65本塁打、260打点。
 また、コーディ・サターホワイト投手(29)、マット・ヘイグ内野手(31)、ネルソン・ペレス外野手(28)とも来季の契約を結ばないと発表した。〔共同〕

ゴメス、ヘイグ、ペレス、サターホワイトと、来季契約を結ばないことが決まりました
西田直斗選手と育成選手契約について

西村憲が甲子園に帰ってきた!合同トライアウトでファンの拍手と声援に感激
posted by 原始人 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443980116

この記事へのトラックバック