2007年06月21日

新球団社長に南信男氏…専務から昇格、熱血漢のエリート

 シーズン途中の来月1日付で阪神の球団社長が交代することが20日、明らかになった。牧田俊洋社長(56)が退任し、南信男専務(52)=写真=が新社長に就任する。牧田社長が電鉄本社レジャー部門の業務に専念することもあり、今季成績を理由とした人事ではない。球団広報時代から熱血漢として知られた南氏。戦うフロント作りが期待される。

 紳士に見せて、闘志を内に秘める新社長が誕生する。来月1日付で阪神の球団トップが交代。牧田社長に代わり、次期社長候補No.1と目されていた南専務が昇格する。

 「その方針は聞いています。牧田社長の後は、南さんしかいません」と球団関係者が“禅譲”を認めた。南氏の球団でのキャリアは申し分ないだけに、期待感は高い。

 南氏は77年に慶大を卒業し、電鉄本社に入社。87年に球団広報課長に就任した。88年には16年ぶりに指揮を執った村山実監督の専属広報となり、高知・安芸春季キャンプで残した“伝説”は今も語り草になっている。

 キャンプ序盤、酒を飲んだファンのヤジに激高した村山監督が三塁側スタンドを駆け上り、一触即発のムードが漂った。そのとき指揮官を羽交い締めにし、トラブルを防いだのが南氏。89年、成績不振で村山監督は退陣したが、最後まで監督に意見できる存在だった。

 その後は甲子園球場長を務め、球場リニューアル構想も推進。04年に常務として球団に復帰し、昨年より専務。エリート街道まっしぐらだが、熱いものも持ち合わせている。電鉄本社幹部からは「弁が立つ男」として認知され、宮崎オーナーの信頼も厚いという。

 チームは新旧交代の過渡期にある。必要とあれば改革も辞さない姿勢が求められる。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200706/tig2007062106.html
posted by 原始人 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(2) | タイガース日記 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

金本、マー君打ち!上園6回1安打0封プロ初勝利!藤本今季初の猛打賞!シーツ一軍合流!球団新社長に南氏
Excerpt: ★金本仕返し打!マー君撃ち虎3連勝、甲子園では好き勝手させん! ★雑草ルーキーがマー君に投げ勝った!上園6回0封プロ初白星 ★動いて正解岡田采配…1安打・上園非情交代にエンドラン駆使 ★“..
Weblog: "記録" room / diary mode.
Tracked: 2007-06-22 06:24

南新社長Aクラス厳命!シーツ復帰も林、3番死守!関本、異例の二軍戦フル出場!福原完封なら日本タイ!
Excerpt: ★南新社長厳命!何が何でもAクラス、岡田監督よ巻き返せ! ★シーツ戻っても「3番」の座は渡さん!林、居残り特打敢行 ★なり振り構っトラれん!不振関本、異例の二軍戦フル出場 ★虎、3試合連続..
Weblog: "記録" room / diary mode.
Tracked: 2007-06-22 06:24