2007年06月30日

役員人事

 阪神球団は29日、電鉄本社で株主総会を開き、以下の役員人事を決定した。(カッコ内は前職)
▽取締役社長、オーナー代行者、広報部及び連盟担当分担 南信男(専務取締役、総務部、広報部、営業部及び連盟担当分担)
▽専務取締役、営業部分担、営業部長 岡本交右(常務取締役、営業部分担、営業部長)
▽取締役 総務部分担、総務部長 福島広之(総務部長)。
▽取締役 牧田俊洋(代表取締役社長、オーナー代行者)
▽退任 野崎勝義(取締役、連盟担当分担)

野崎氏は球団残留…オーナー付アドバイザーに就任
 球団の株式総会で取締役を退任した野崎勝義氏(65)が、オーナー付アドバイザーの肩書きで嘱託として残留することが決まった。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200706/tig2007063007.html

南新社長『逆襲リポート』作る!虎の低迷原因を徹底究明
 阪神球団は29日、電鉄本社で株主総会・取締役会を開き、南信男新社長(52)の就任などを承認した。南新社長は打線の不振など、低迷理由の分析に着手することを明言。近く借金8からの『逆襲リポート』をまとめ上げる考えを明らかにした。また補強終結を宣言し、岡田彰布監督(49)には現有戦力での巻き返しを厳命した。
 今回の取締役会で球団社長、オーナー代行、連盟担当を兼務するうえ、広報部と営業部を統括することが決まった南社長は全権社長。業務は広範で多忙を極めそうだが、徹底した現場主義を貫く考えを明らかにした。一軍に限らず現場に目を配る方針で「二軍の遠征もついていきたい。日程を見て考えます」とキッパリ。
http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200706/tig2007063006.html

阪急阪神HD、阪神は絶対に売りまへん!
http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/tigers/p-ot-tp0-20070629-219574.html

井川の落札金は30億9100万、株主に報告
http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/tigers/p-ot-tp0-20070629-219575.html
posted by 原始人 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック