2008年01月02日

<第84回箱根駅伝>早大が往路優勝、12年ぶり復活!(5区間108km)

hakoneekiden.jpg楽しみにしてる箱根駅伝、ここ15年くらい欠かさず見てる。で、

1区。城西大がトップ。早大は3位と好スタート。
昨年優勝の順大は体調不良で途中から一気に減速、最下位。
優勝候補の東海大は16位と出遅れ、波乱のスタート。

2区。山梨学院大のモグスが1.6.23時間の区間新で首位。
日大もダニエルが19位から大会タイ記録の15人抜きで4位に浮上。
出遅れた東海大は力走で3位にまで浮上。早大は12位まで順位を下げた。

3区。早大が区間賞で5位に浮上。中大は区間2位で3位に浮上。
1位・山梨学院大、2位・中央学院大の順位は変わらず。

4区。山梨学院大がトップを守ったが、8位の東海大まで2分差以内の大混戦。
勝敗の行方は5区山登りの結果次第となった。区間賞は国士舘大の中西将人(2年)。

5区の山登り。早大の駒野が5人拔きで1位に浮上、そのままゴール!、往路優勝!。
順大の小野裕幸(3年)がゴールまで約500m付近で倒れ、棄権。何度も再起を試みるも足がいうことをきかず、仲村監督が抱えあげた(可哀想やったね)。

5時間33分9秒から1.14分差の2位が駒大、3位が山梨学院大、4位が関東学連選抜、5位が中央学院大、6位が日大、7位が亜大、8位が東海大、9位が東洋大、10位が中大。
posted by 原始人 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

第84回 箱根駅伝2008 : 早稻田が12年ぶり13囘目の往路優勝!
Excerpt: 早稻田が1996年以來、12年ぶり13囘目の往路優勝を決めた!
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2008-01-03 02:32