2008年02月18日

錦織、逆転で初優勝  杉山組は準優勝

 【ニューヨーク17日共同】男子テニスのデルレービーチ国際選手権は17日、米フロリダ州デルレービーチでシングルス決勝が行われ、世界ランキング244位の錦織圭(IMG)が、同12位で第1シードのジェームズ・ブレーク(米国)に逆転勝ちし、日本男子として史上2人目のツアー制覇を果たした。
 錦織は第1セットを3―6で落としたが、第2セットを6―1で奪って勢いに乗り、続く最終セットは相手のサービスゲームを破って優位に立つとそのまま6―4で押し切った。
 現行の男子ツアー制度は1970年にスタート。日本男子の優勝は92年4月の韓国オープンに勝った松岡修造以来、16年ぶりの快挙となった。ツアー大会出場がわずか6度目、予選勝ち上がりでの栄冠だった。
2008/02/18, 07:50, 日経速報ニュース


杉山組は準優勝・女子テニスのダイヤモンド大会
2008/02/18, 10:05, 日経速報ニュース

 女子テニスのダイヤモンド大会は17日、ベルギーのアントワープでダブルス決勝を行い、杉山愛(ワコール)クベタ・ペシュケ(チェコ)組はカーラ・ブラック(ジンバブエ)リーゼル・フーバー(米国)組に1―6、3―6で敗れ、準優勝だった。〔共同〕
posted by 原始人 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック