2008年02月27日

パウエル、再申請の球団が有効=根来代行判断、ソフト入り濃厚に

結局、漁夫の利を得たのはパウエル、って事よね。
ゴネ得か・・・。民事上の損害賠償請求はどうするんやろ・・・?。
また、外人に舐められるね・・・。

---------------

パウエル、再申請の球団が有効=根来代行判断、ソフト入り濃厚に
2008年2月27日(水) 16時31分 時事通信
 プロ野球の根来泰周コミッショナー代行は27日、東京都内の事務局で記者会見し、前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)の契約問題で、ソフトバンク、オリックスの選手契約申請をいったん不承認とし、本人の真意を確認した上、再度申請した球団の契約を認めるとの判断を示した。
 パウエル投手はソフトバンクとのみ正式契約したとの認識を示しており、今回の判断によりソフトバンクとの再契約が濃厚となった。その場合、出場停止などの処分を受けずに開幕から出場できる。
 パ・リーグは当初、両球団の統一契約書とも有効との見解を示し、事実上3カ月の出場停止に相当する期間を経て、6月23日以降にソフトバンクの支配下選手登録を認めるとの勧告を出した。しかし、両球団とも受け入れを拒否し、コミッショナー代行に裁定を求めていた。
 根来代行はパ会長の勧告を無効とし、オリックスの提訴も却下。外国人選手との契約については、今後同様の問題の再発を防ぐための対策を、実行委員会で検討するよう提案する意向を示した。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20080227-00000087-jij-spo
posted by 原始人 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック