2004年11月25日

転載

2004年12月29日
野崎社長、ご苦労様でした。

野崎社長“最後の一日”…1月1日付で取締役連盟担当に  来年1月1日付で球団取締役連盟担当に転職する野崎球団社長が28日、2001年3月就任以来の3年9カ月の任期を「幸せでした」と振り返った。



2004年12月28日
井川
 「岩熊問題」が井川に影響を与えるとみてたけど、キッチリ「ゴネ得」文化が蔓延りつつあります。契約社会が崩壊しつつあるのかな?。(年俸交渉上の駆け引きかな?)。井川の気持ちもわからんことはないけど、野崎さんの言うように、今は自重の時やと思う。将来、メジャーの大投手になっても、尊敬は得られないと思うけど。 イチローのポスティングは、年俸が球団の支払い能力を超えた、という事情によるもの。基本的にはポスティングは認めるべきものではない。要は「FA資格があるか否か」だけ。井川がすぐにでもメジャーに行きたいなら、FA資格の短縮に向けて行動するべき。



2004年12月24日
シェーン・スペンサー外野手  ジェイミー・ブラウン投手

 阪神は23日、シェーン・スペンサー外野手(32)と年俸6000万円(推定)で1年契約を結んだ。

■シェーン・スペンサー(Shane Spencer)  1972年2月20日、米フロリダ州生まれ、32歳。1m83、100kg。右投右打。 90年グラナイトヒルズ高からドラフト28巡目でヤンキース入団。98年4月10日メジャー初出場。03年にインディアンス−レンジャーズを経て、04年メッツ移籍。8月にはヤンキースに戻る。今季は74試合出場、4本、26打点、打率0.281。メジャー通算539試合出場、59本、242打点、打率0.262。今季年俸53万7500ドル(約5644万円)。

 新外国人としてジェイミー・ブラウン投手(27)を獲得した。メジャー未勝利だが、145kmの右腕。

◆ジェイミー・ブラウン(Jaimie Brown) 1977年3月31日生まれ。188cm、91kg。右投右打。ミシシッピ州メリディアン出身。96年ドラフト21巡目でインディアンス入団。03年にレッドソックスに移籍。今季5月20日にメジャーデビュー。通算4試合に登板し、勝敗なし、防御率5.87。今季3Aでは、先発として23試合に登板、4勝6敗、防御率4.82。速球のほか、カーブ、チェンジアップ、スライダーなどを投げる。




2004年12月15日
読売、アホですな・・・

読売、アホですな・・・一茂では・・・、江本がSDに就任するみたいなもんやで・・・。いつまで長島ブランドに固執するんやろう。

巨人は14日、長嶋一茂氏(38)を読売新聞G本社社長室スポーツアドバイザー・巨人の球団代表特別補佐に就任すると発表した。




2004年12月14日
入団発表

  阪神の新人9選手の入団発表が13日、大阪市内のホテルで行われた。前列左から大橋雅法、能見篤史、岡田監督、岡崎太一、橋本健太郎。後列左から水落暢明、玉置隆、辻本賢人、高橋勇丞、赤松真人。




2004年12月08日
アンディ・シーツ内野手 ダーウィン・クビアン投手 筒井壮内野手

 阪神は8日、今季まで広島に在籍したアンディ・シーツ内野手(33)と来季の契約を結んだと発表した。2年契約で年俸は総額400万ドル(約4.12億円)。2年目の契約は球団が選択権を持つ。 シーツは2年間プレーした広島で、2年連続で20本塁打以上をマーク。通算打率も0.298と確実な打撃が持ち味で、阪神では一塁手での起用が予定されている。(金額は推定)

 阪神は11月30日、ダーウィン・クビアン投手(32)=オリオールズ=と正式契約を結んだ。1年契約で契約金・年俸ともに30万ドル(約3090万円)。背番号未定で登録名「ダーウィン」。3日間のテストで最速148kmを計測、クイックモーションなどでも首脳陣の合格点を得ていた。

 筒井壮内野手(30)が契約を結んだ。年俸1500万円(推定)で背番号未定。 ★筒井壮(つつい・そう) 1974年11月1日、茨木市生まれ。30歳。1m79、82キロ、右投右打。上宮高で通算33本塁打。3年春センバツ辞退で甲子園出場ならず。明大では2年春に打率.489で首位打者と打点王の2冠に輝く。96年ドラフト7位で中日入り、8年で263打数61安打、打率.232。  キャンプにオマリー駐米スカウト(43)を臨時コーチとして召集する。オマリー氏も「監督から話があった。球団と話し合って決めたい」と前向き。  阪神球団は、現地時間11月30日(日本時間12月1日)、ジェフ・ウィリアムス選手(32)と来季の選手契約を締結しました。





2004年11月25日
鳥谷が500万円アップの2000万円でサイン

 鳥谷敬内野手(23)が、500万円アップの2000万円でサイン。球団からはグラウンド外でのファンサービス向上を要求された。
 浅井は200万円ダウンの1500万円でサインした。
 久万俊二郎オーナー(83)が球団納会で挨拶に立ち、育成中心で4位に沈んだ岡田監督を「アマチュアの考え方」と一喝し、猛省を促した。
 前近鉄のケビン・バーン投手(30)がオリックスから支配化選手登録された。



2004年11月20日
関本の背番号が「3」に

 関本健太郎内野手(26)の背番号が「44」から「3」に変更される。
 FA残留の野口寿浩捕手(33)が3年契約。再契約金と2年目までの年俸総額2億円、3年目は出場選手登録日数・成績で年俸が増減する契約。
 狩野が12月中に入籍する。相手は安芸市の山本聖子さん(23)。3月に第1子も誕生予定。契約更改では50万円アップの650万円を勝ち取った。
 筒井が現状維持の1500万円でサインした。来季も新人王の有資格者。
 太陽は50万円ダウンの年俸1400万円で契約を更改した。





2004年11月19日
球団創立70周年シンボルマーク

<球団創立70周年シンボルマーク>
<球団創立70周年キャッチコピー>
「 三世代 六甲おろしを 大合唱 」
----------------------------

 辻本賢人投手(15)に対し、専属広報制、ダブル寮長プランが浮上。





2004年11月17日
阪神タイガース2004年ドラフト指名選手

能見篤史(25)  投手 左・左 180・70
 大阪ガス鳥取城北時代は井川(阪神)、川口(元オリックス)とともに「高校左腕三羽烏」として高く評価。2003年日本選手権では2勝を挙げ準優勝に貢献。

岡崎太一(21)  捕手 右・右  180・84 
松下電器遠投100mの鉄砲肩。智弁学園では1年春から背番号18でベンチ入りし2年秋から正捕手。3年春夏甲子園出場し、春は初戦・桐光学園戦で本塁打を放つ。

C橋本健太郎(24)  投手 右・右 190・85 
日本新薬小3から「大住クラブ」で野球を始め、京都久御山高時代は甲子園出場なし。3年夏も府大会1回戦敗退。東北福祉大で頭角を現し、4年春夏に神宮進出。球種は直球にチェンジアップ、スライダー。

D大橋雅法(18)  捕手 右・右 182・80 
北陽小2から「瓜破西スネークス」で捕手として野球を始める。瓜破西中では軟式野球部に所属し大阪府3位。高1年夏から捕手でレギュラー。好きな選手はモチロン中学の先輩・矢野。遠投120m。

E赤松真人(22)  外野手 右・右 182・72 立命大
50m5.6秒の脚力が魅力。遠投は120m。平安では1年春から背番号「13」で控え投手としてベンチ入り。2年春は「7番・中堅」で甲子園出場。

F高橋勇丞(18)  外野手 右・右 175・68 
済美創部3年目で初優勝の偉業達成したときの済美の主将。

G辻本賢人(15)  投手 右・右 181・75 
マタデーハイスクール休学中小2からハワイで野球を始め日本では「兵庫尼崎(ボーイズ」のエースとしてジャイアンツカップ3位。中1の夏に単身で米国ネブラスカ州・オマハの「ベースセッター」に所属。

H玉置 隆(18)  投手 右・右 181・67 
市和歌山商 max143kmの速球とカーブが武器。鍛え甲斐のありそうな将来のエース候補生!

I水落暢明(19)  投手 右・右 183・78 
信太直球は140kmを超える。京都・平安高に進学したが、体調を壊して1年秋退学。翌年、信太高に入学し、冬から野球部入部。03年夏大阪府大会では5回戦敗退。




2004年11月16日
星野さん、まだ大事に持ってたんやね・・・虫垂炎

 星野仙一SD(57)が15日、急性虫垂炎のため緊急入院し手術を受けた。約1週間の入院加療が必要で、17日のドラフト会議出席はキャンセル。 今期のドラフト会議は、編成部門トップが会場入り禁止。南営業本部長、岡田監督、嶌村・佐野スカウト(あと1人は未定)の予定。

----------------------------------

 阪神は、岡崎(松下電)と能見(大ガス)を自由獲得枠で決定。4巡目予定の鵜久森(済美)は日ハムが同4巡目での指名が濃厚で、1.9m右腕の橋本健(日本新薬)の繰り上げが濃厚。5巡目は146kmを誇る近畿No1の橋本太(大体大浪商)を予定。6巡目で、150kmの山本(JR東)ら即戦力・社会人投手の指名が濃厚。7巡目以降は、50m5.9秒の俊足・赤松(立命大)を指名。地元選手を軸に、140kmの水落(信太)と43本塁打の大橋(北陽)の指名が確実。 コミッショナー事務局は、15歳右腕・辻本賢人投手の指名可能との見解を示した。阪神は最終編成会議で判断を下す予定。

----------------------------------

「ソフトバンクホークス」、Xmasイブに誕生 15日の実行委員会で、ダイエーからソフトバンクへの球団売却が報告され、大筋で了承された。今後はソフトバンクの審査など球団譲渡手続きが本格化、12月24日の臨時オーナー会議で正式承認される運び。




2004年11月13日
浜中、800万円ダウンの4200万円で契約更改

浜中、じっくりと完治させて欲しいです。
85年の優勝・バース退団・掛布引退を経て、暫くタイガースファンを離れていた私にとって、96年は再び戻ってきた時期なのですが、96年のドラフト「今岡・関本・浜中」と97年の「中谷・井川・坪井」については思い入れが深いです。
そのうち、苦労してるのが浜中・関本・中谷で、その浜中がああいう怪我をして苦しんでいるのを見てると、我が事のように心配です。きっと復活してくれるものと期待して、応援しています。

-------------------------
800万円ダウンの4200万円で契約更改した浜中おさむ外野手(26)は「僕には後がない」「6月中には2軍の試合に出れるようになれば」と悲壮な決意を語った。浜中の故障は右肩関節唇損傷と脱臼の併発がきっかけ。関係者は「2カ所を併発して復帰した例はあまりない。スポーツ医学界でも浜中の肩をどう治すかに注目している」という。裏返せば、復帰が危ぶまれる状態ということ。9月にはリハビリ方法を学ぶため、大阪市内の病院に入院。現在は鳴尾浜でランニングや筋力トレーニングを継続中。




2004年11月12日
赤星がゴールデン・グラブ賞を受賞

◆赤星「守備は数字に現れないので、それを評価してもらって光栄。盗塁王は個人タイトルなので、自分の中ではゴールデングラブのほうがうれしい」
---------------------------------
野崎社長は取締役連盟担当分担として球団に残ることが内定した。
---------------------------------
 前近鉄のケビン・バーン投手(30)の阪神入りが確実な情勢。
■ケビン・バーン(Kevin Beirne) 1974年1月1日、米テキサス州生まれ、30歳。テキサスA&M大から95年ドラフト11巡目でWソックス入団。ブルージェイズ、ドジャースを経て、ラソーダ・ドジャース副社長ルートで03年近鉄入団。メジャー通算は46試合登板、3勝3敗、防御率6.09。150キロ超の直球とカットボールが武器。1m90、95kg。右投右打。今季年俸は4280万円。
---------------------------------

 阪神とオリックスが清原和博内野手(37)争奪戦を展開する可能性が浮上。阪神は調査をすでに完了。オリックスも5億円を準備し本腰を入れる。 ペタジーニについて、清武球団代表は「力と資金とのバランスで考える。それなりの金額は提示している」とし、退団は確実な情勢。阪神・アリアス、横浜・ウッズの“横滑り”獲得の可能性は否定した。





2004年11月11日
次期球団社長に牧田氏内定

 次期球団社長に牧田俊洋専務取締役(54)の内部昇任が内定した。近日中に正式発表する。
 牧田専務取締役は本社航空営業部長職から7月1日付で阪神球団に入団。球団本部長職を務めるかたわら、球界再編の中ではセリーグ理事長でもある野崎社長を連盟担当(副)分担としてサポートしてきた。12月いっぱいの野崎社長の退任に伴ない、後任に内定した。

 ◆牧田俊洋(まきた・としひろ)1950年(昭25)9月8日生まれ、54歳。 73年に神戸市外大外国語学部を卒業、阪神電鉄に入社。同社旅客営業部課長、航空営業本部旅行部長、航空営業部長を歴任し、7月1日付で阪神入団。専務取締役球団本部長を務める。

----------------------------------

 「ネバサレ」が消滅する可能性が出てきた。01年オフに星野前監督が「ネバー・ネバー・ネバー・サレンダー」のキャッチフレーズを採用。猛虎復活の代名詞となった。しかし来年で4年目。「チャレンジャー精神は持ち続けるべきだが、変えるのも新鮮かもしれない」と野崎球団社長は変更を視野に入れた。





2004年11月10日
能見篤史投手(25)が、自由獲得枠での阪神入団を表明

大阪ガスの左腕・能見篤史投手(25)が、自由獲得枠での阪神入団を表明。

★能見篤史(のうみあつし)1979年(昭54)5月28日、兵庫県出石町生まれ。25歳。左投左打。1m80、70kg。鳥取城北高時代は井川(阪神)・川口(元ORIX)とともに「高校左腕三羽烏」として高く評価。卒業後は大阪ガスに進み、2003年の日本選手権では2勝を挙げ、準優勝に貢献。

----------------------------------

12球団合同トライアウトが、投手32名、野手19名が参加して西武ドームで行われた。阪神は西武・前田和之投手(29)と武藤潤一郎投手(35)の両右腕をリストアップした。

----------------------------------

岡田監督が清原和博内野手(37)について、巨人との契約解除を前提ながら、「(獲得を目指す)可能性はあるかもしれん」と注目発言。

----------------------------------

来季の開幕戦(4月1日)を大阪ドームで行うことが正式に決まった。例年通り、甲子園はセンバツ大会中のため使用できないが、久しぶりに地元で迎える開幕戦。

----------------------------------

梶原康司内野手(26)の松下電器入りが内定。アマチュア復帰を果たすことが決まった。

----------------------------------

「有線ブロードネットワークス」が、ベイスターズの親会社「東京放送・TBS」から球団を買収する計画を有することが、サンスポの取材で分かった。すでに水面下で交渉しているという。ただ株の譲渡額で約50億円の開きがあるため予断を許さない状況。その場合、TBSでは株の部分譲渡を含めて、再来年以降をにらみ新たな譲渡先を探す可能性も浮上している。

----------------------------------

一場靖弘投手(22)が、自由枠で楽天に入団することが正式決定した。

----------------------------------

楽天がキンケード内野手(31)を獲得する。獲得交渉は大詰めを迎えており、近日中に合意に達する見通しとなった。

----------------------------------

コクドは「ライオンズ球団を売却する考えはない」とする三上豊社長のコメントを発表した。





2004年11月09日
ダイエー、ホークスをソフトバンクに売却へ

 ダイエーは9日、傘下の「福岡ダイエーホークス」株式の過半数をソフトバンクに売却する方針を固めた。

福岡ドーム球場を保有し、球団売却先の推薦権を持つ米投資ファンドのコロニー・キャピタルともソフトバンクへの売却で合意しており、来季の開幕に間に合うよう今月中に日本プロ野球組織(NPB)の承諾を得たい考えだ。

 ホークス球団株は、ダイエーが98%、2%を中内正オーナーが保有している。ダイエーはこれまで「本業との親和性が高い」(蓮見敏男社長)と単独で継続保有する意向を示していた。 しかしダイエーが再生機構に支援要請したことにともない、先行きを不安視したコロニーはダイエーに球団売却を要請。9日までにコロニー社が「ホークスのオーナー企業にはソフトバンクが最もふさわしい」とソフトバンクへの売却を推薦したことから球団の株式売却を決断した。

 ダイエーはソフトバンクへ球団株式の過半数を売却するが、20%程度は継続保有して球団運営への関与を続けたい考え。優勝セールなど本業との相乗効果が図れると判断しているためだ。 来季までにプロ野球に参入するには11月30日までに各球団の代表で構成する実行委員会の承諾を得る必要があり、NPBとの調整に入る。

 ダイエーとコロニーとの間では、(1)コロニーが球団の売却先候補を推薦し、ダイエーがプロ野球機構に承認するよう働きかける(2)球団の売却価格は50億円(3)新たに球団を保有する企業は毎年約30億円を広告宣伝費として球団に補てんする――などを盛り込んだ秘密契約が結ばれている。

 ダイエーの資産査定を進めている産業再生機構は、「球団売却は重大な事業内容の変更につながる」とし、売却価格など条件について説明を求める方針。ただ、支援決定前の段階で売却を阻止する権限はなく、この問題への関与は限定的となる見通しだ。
2004/11/09, 12:50, 日経速報ニュース




分配ドラフト・・・タイガース組は、ほとんどが楽天行きやね

【楽天】川尻哲郎 山村宏樹 谷中真二 吉田豊彦 斉藤秀光 星野
【ORIX】塩谷和彦 北川博敏

--------------------------------

藪恵壹投手(36)の移籍先として、アナハイム・エンゼルスが濃厚。(11/09)久万オーナー(83)が、清原和博(37)の獲得を匂わす発言。(11/09)佐藤義則氏(50)が日本ハム二軍投手コーチに就任。(11/09)





2004年11月05日
ホークス売却先、米コロニーが指定――ダイエーと秘密契約結ぶ

 ダイエーが米投資ファンドのコロニー・キャピタルとの間で、コロニーが指定する企業に福岡ダイエーホークスを売却しなければならないという秘密契約を結んでいることが四日明らかになった。
支援に向けて査定を進めている産業再生機構はダイエーに説明を求める方針だ。
プロ野球機構が「外資による事実上の球団支配」と問題にする可能性もあり、球団の行方に影響を与えそうだ。  2004/11/05, 日本経済新聞 朝刊


岡崎太一捕手(21、松下電器)が、自由枠での阪神入団を表明した。

 捕球してから二塁への送球時間が1.8秒というプロでもトップレベルの強肩。ヤクルトの古田が平均して1.9秒。全盛期の谷繁が1.7秒台を数度マークしたという数値で、コンスタントに1.8秒台をたたき出す。

★岡崎太一
  1983年(昭58)6月20日生まれ、奈良県五条市出身。智弁学園では1年春からベンチ入りし、2年秋から正捕手。3年春夏甲子園出場し、春の桐光学園戦で本塁打を放つ。好きな球団は阪神で、選手は矢野。血液型A。1m80、84kg。右投右打。

 野口寿浩捕手はFA権行使の手続きを行った。球団はFA残留を前提とした2年契約の条件提示を済ませているが、同捕手は返事を保留中。  阪神が町田康嗣郎外野手(34)の金銭トレードでの獲得を発表する。 阪神・井川慶投手(25)が初めて「メジャー志願」を公にした。




2004年11月03日
東北楽天ゴールデンイーグルス

 「東北楽天」の新規参入が決定。ライブドアが最初に名乗りを上げ、楽天が切符を手にした。二人の参入表明がなければ二リーグ制維持も難しかったし、闇の部分も出てこなかった。球界は50年ぶりの新球団参入をきっかけに、ドラフト・FAなど体質改善に取組むべきである。

-----------------------------

 巨人戦の視聴率低下が止まらない。平均視聴率(関東)は12.2%と過去最低を記録。「放映権料は6000万円ぐらいが妥当」との声も出始めた。パが望む一リーグ制は「パのセリーグ化」だが、巨人ブランドの価値が下落すれば「セのパリーグ化」が待っている。

-----------------------------

 当初は体力を疑問視する声もあったが、連結経常利益165億円、既存会社に見劣らない。ただ、楽天が考える収益モデルが機能しない可能性もある。球界の枠組みが流動的ではプロ野球人気全体の趨勢も流動的、入場料や放映権料など収入見通しが狂うかもしれない。春先の寒さが入場者の出足に響くとの指摘もある。ベガルタ仙台との連携も、三木谷氏はヴィッセル神戸のオーナーであり、地元密着の施策で難しい舵取りを迫られる可能性もある。

-----------------------------

 Jリーグも「少数精鋭」を題目にクラブ削減の動きはあったが、川淵チェアマンが「成功の指標が違う」と退けてきた。サッカーは来年、世界クラブ選手権を東京で誕生させ、Jリーグ→アジア選手権→世界選手権とリンクさせる。日本と世界をつなげるビジネスが常に念頭にある。既存球団の幹部に「巨人頼みを打ち破るアイデアがあるか?」と問うてみたい。野球界に新思考を注入していくこともこの先のテーマになる。放映権ビジネス・外国人枠の見直し、中韓台リーグとの提携、大リーグとの真剣勝負など、取組むべき課題は多い。宝の山が眠っているとも言える。

-----------------------------

 プロ野球人気の低迷は、若年世代の野球離れに始まり、有力選手の海外流出、衛星放送による海外情報化が追い打ちをかけた。三木谷氏は「プロ野球をブロードバンドの需要拡大につなげたい」「球界改革にも力を入れたい」「IT企業の存在感が増したのは自然の流れ」という。しかし韓・中のITベンチャーは、むしろ国境のない本業での世界展開を狙っている。ライブドアも欧州の電話サービス「スカイプ」と提携するなど次の手を打っている。楽天は強い球団を作るためにも本業のネット事業に力をもっと入れるべきだろう。




2004年11月01日
ウッズ獲り!アリアス解雇

 岡田彰布監督(46)が倉敷で、ジョージ・アリアス内野手(32)の解雇を明言した。横浜退団が決まり1日から交渉解禁となるタイロン・ウッズ内野手(35)獲りへ向け、V功労者を切る判断を下した岡田阪神。“背水の陣”でウッズ獲りに臨む。アリアスは日本でのプレーを希望している。  入団テストを受けたダーウィン・クビアン投手(31)が、岡田監督の合格手形を手にして、3日間のテストを終了した。1m86、77kgのスマートな体から俊敏な動きを見せ、潜在能力の高さを見せつけた。

 自由獲得枠に内定している松下電器・岡崎太一捕手(21)が11月4日、阪神入りを表明する。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月28日

転載

星野SD続投が正式決定
 久万オーナーと手塚昌利次期オーナー=電鉄会長=・西川恭爾電鉄本社社長・宮崎恒彰電鉄本社専務ら本社幹部が星野SDと会談。猛虎の再生を託し、SD続投を要請した。 星野SDは、「これからはプロ野球界全体を目配り気配りするような球団にしたい」「いま必要なのは大局的な見方だと思う。日本シリーズを見ても例年より興味が薄らいでいたようにみえた。いまは野球ファンを取り戻すことが一番大切」と快諾。 きょう28日には20年続いた久万オーナーに代わり、手塚新オーナーの就任が発表される。

---------------------------------

ベストナインが発表され、阪神からは金本知憲外野手1人だけ受賞した。

---------------------------------

2005年度阪神タイガースの監督・コーチが決定。(10/25)
80 岡田彰布〈46)監 督
70 木戸克彦(43)ヘッド
78 平田勝男(45)総 合
91 島野育夫(60)投 手
84 久保康生(46)投 手
82 葛西 稔(37)投 手
71 中西清起(42)投 手
75 遠山奬志(56)打 撃
87 正田耕三(42)打 撃
73 水谷実雄(55)打 撃
86 和田 豊(42)打 撃
72 平塚克洋(38)内野走塁
85 福原峰夫(46)守備走塁
88 立石充男(47)外野走塁
76 吉竹春樹(43)守備走塁
89 山脇光治(42)バッテリ
83 嶋田宗彦(42)バッテリ
79 中尾孝義(47)ブルペン
81 吉田康夫(43)三 軍
74 伊藤敦規(71)トレニング
90 続木敏之(46)トレニング
98 福田厚治(31)





2004年10月23日
一場問題

次期オーナーは手塚昌利会長(73)やろうけど、球団社長は誰やろう?。星野SDかな?、竹田邦夫元常務かな?。野崎さん、頑張ってはったけど、残念やね。

一場、「安く買いたたく」どころの話やなくなったね。m(_ _)m


久保、正田、遠山、伊藤の4コーチ就任を発表
 久保康生一軍投手(46)、正田耕三一軍打撃(42)、遠山奨志二軍投手(37)、伊藤敦規三軍(41)の各コーチの就任が発表された。

松山秀明二軍守備走塁コーチ(37)が退団、後任に近鉄から立石充男氏(46)の招聘も決定。




2004年10月22日
阪神だけがやってないとは思ってなかったけど、やっぱり・・・

久万さん、どないしはるんやろう?。引責辞任かな?、野崎と星野に責任転嫁するかな?。もっと大きなお家騒動に発展するかな?。でも、これで、一場を安く買い叩けそうね?。

-----------------------

http://www.kyodo.co.jp/

横浜が一場投手に現金 阪神もと明大元総監督

 今秋のプロ野球ドラフト会議の注目右腕で明大野球部に所属していた一場靖弘投手(22)の獲得をめぐり、横浜のスカウトが日本学生野球憲章で禁止されている金銭の授受を行っていたことが22日、明らかになった。

 関係者によると、総額は50万円以上で、横浜球団も事実関係を把握しており、午後2時から東京都内のホテルで砂原幸雄オーナー(東京放送会長)が記者会見し、辞意を表明する見通し。

 今回、巨人に続いてプロ側の「裏金工作」が明らかになったことで、1993年に「逆指名制度」、2001年から「自由獲得枠」が導入されたドラフト制度の改革に向けた議論が本格化することは確実な状況になった。

 また、明大野球部の別府隆彦元総監督は横浜と自由枠での獲得を争ってきた阪神からの現金授受についても「大した額じゃないが、もらっているだろう」と語った。



2004年10月19日
島野総監督、復帰

 久万俊二郎オーナー(83)が、島野育夫総合コーチ(60)に改めて“総監督手形”を与えた。

「(岡田)監督も教えてやってくれ」と、時には監督をも凌ぐ存在であることを強調。来季の巻き返しに、“監督の監督”に絶対的な信頼を寄せた。
----------------------------------
 キンケード外野手(31)、マイヤーズ投手(35)、リガン投手(30)に対し、契約解除を通告した。連盟にウエーバー公示申請した。ウィリアムスとは契約交渉中。アリアスは新外国人野手次第で契約を検討。ホッジス、モレルの両投手とは順次、契約解除の方向。
----------------------------------

 加藤安雄二軍コーチ(54)に契約解除を通告。後任は中尾孝義二軍コーチ(48)。
 二軍打撃コーチに水谷実雄コーチ(56)の残留が決定。平塚克洋コーチ(39)と指導にあたる。
 風岡尚幸コーチ(36)は、中日2軍守備走塁コーチに就任が確実。
 二軍軍トレーニングコーチに福田厚治氏(30)が就任する。福田氏は、大阪体育大学で陸上部のコーチを務めるかたわら、大阪中央体育館スポーツ科学研究員として幅広く活躍中。




2004年10月18日
浜中の次は藤本を壊す気か!!

 藤本敦士内野手(27)が17日、腰痛のために「よさこいリーグ」(高知)から帰阪した。シーズン中も腰痛に苦しんだが、二軍トレーナーに知らされておらず、症状悪化に同内野手は怒り心頭だ。

 当初、同リーグへの参戦は免除されていたはず。それがシーズン終了3日前に急きょ参加を命じられた。岡田監督と藤本との意識のズレが、たった一日での緊急帰阪という悲劇を招いた。 18日に精密検査を受けるが、27日からの倉敷・秋季キャンプ参加についても「大きなケガになるもの嫌ですし」と藤本は慎重。(上野 亮治) http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200410/tig2004101801.html



2004年10月17日
日本シリーズ第1戦――ダブル誤審、49分中断

日本シリーズ第1戦―ダブル誤審、49分中断、捕ゴロ・封殺の判定巡り。

 誤審が原因で日本シリーズ史上二番目となる49分間の中断があった。

5回裏一死一塁で中日・谷繁が捕前にゴロ。西武の野田捕手は拾って谷繁にタッチしようとしたが届かなかった。しかし、橘高球審は谷繁にアウトを宣告した(一つ目の誤審)。ボールは捕―遊―一と渡ったが、杉永二塁塁審は一塁走者リナレスを二塁で封殺と判定(二つ目)、西武側は併殺が完成したとしてベンチに引き揚げた。

 中日側は谷繁がアウトになっているから一塁走者リナレスをアウトにするにはタッチプレーが必要と主張。審判団は判定を「二死二塁から続行」に変更した。

 これに対し、西武の伊東監督は納得せず、中断は長引いたが、橘高球審と杉永塁審が不手際を認めて、ファンに謝罪したことで試合再開に応じた。

 中断時間は日本シリーズとしては1978年のヤクルト―阪急第7戦で阪急・上田監督が大杉の本塁打を巡って1時間19分間抗議したのに続く長さ。

---------------------------------------

橘高球審・・・きっちり中途半端な判定をしてしまいました。ビデオでは西武の捕手はタッチしていない。球審のミスジャッジやね。落合監督の抗議は当然として、伊東監督、怒るよね。橘高の最初の場内説明が「伊東監督が抗議しているので・・・」、伊東監督も怒って当たり前。責任審判の説明は良かったです。状況説明・抗議の原因を説明していたし、主審のミスと明確に認めていた。 根来コミッショナー、またまた頼りなさが浮き彫りに・・・ますます存在価値が・・・。



第136戦 八木さんが引退

 弱い時代をよく支えてくれました(昨年の優勝がいい土産になりました)。

若い頃からチャンスに強くて、一時はリーグを代表する選手になりかけましたけど、故障のため「タイガースの八木」に止まりました。
最終打席は右安打、最後の守備は堅くなってたね。(^^;)
代打で始まり(初HRは江川から)代打で終わる・・・八木さんらしいね。

★八木裕★
昭和40年6月8日、岡山県生まれ、39歳。岡山東商高、三菱自動車水島を経て昭和62年にドラフト3位で阪神入団。プロ通算18年で1367試合に出場し、打率0.247、126本塁打、479打点(9日現在)。 カツノリも、ご苦労さんでした。
---------------------------------------
久々にタイガース戦を見ることができました(途中からやけど)。さすがに満員やったね。ゲームは、序盤で決まってしまったみたい。三東、安定してきたかな?、無傷の5連勝。金本、111打点で、ラミレスに2差をつけ、再び単独トップ。




2004年10月14日
第138戦  最終戦

 最終戦 70敗(66勝2分)で今季終了

福原、不運もあったけど、最終戦もピリッとせず、3回を5失点でKO。(−_−#)来シーズンは、通年で頑張って欲しいですね。

 金本は6回に犠飛を打ち113打点目をマーク。2試合を残すラミレスとの差を3に広げた。 赤星が1回に三塁前バント安打を決め、今季最終戦で打率を3割に乗せた。2年連続の達成。

-------------------------------------

監督挨拶  ・・・辞任の挨拶やと思ってたのに・・・。by 原始人

▼岡田監督(試合終了後の挨拶)1年間、ファンの皆様には歯がゆい思い、悔しい思いをさせたにもかかわらず、このような大きな声援をいただき感謝しています。来シーズンこそこそはあの感動をみなさんとわかち合いたいと思います。来年も日本一のファンの声援で我々に力を与えてください。本当にありがとうございました。

-------------------------------------

 阪神の主催試合の入場者数が球団史上最多の352万3000人となった。
阪神は、中西太氏が秋季キャンプで臨時コーチを務めると発表。

 ダイエーは13日、産業再生機構に支援要請することを決断した。

-------------------------------------  

西武・堤義明オーナー(70)が13日、西武鉄道の有価証券報告書訂正などの責任を取り、日本シリーズ後に辞任する意向を示した。すべてのグループ会社の役職も辞任する。





2004年10月12日
第137戦

第137戦 今日も序盤でゲームを決めました。井川、9回完投で14勝目。金本、犠飛で112打点目。ラミレスと2打点差。鳥谷が3号2ランHRを含む猛打賞。赤星も猛打賞。林が、いきなり適時二塁打を打ちました。(^-^)

-----------------------
■タイガースのDNAとは何だったか - 10月11日 http://hoshino.ntciis.ne.jp/

(前略)今年の不振の原因はなんだったのか。優勝チームからまた4位に終ってしまった原因はどこにあったのか。去年が出来過ぎだったというだけではそうしたファンに失礼だし、不誠実な対応ということになり、ひいては本当の原因や対策から自ら目をそらすということになってしまう。

わたしの口から多くのことをいうことはしないが、ひとことでいえば「昔のDNAを消しきれないでいた」ということに尽きるのではないか。本当の反省とお詫びとは、またそこから始めなくてはいけないと思う。




2004年10月11日
第136戦

 八木さんが引退 弱い時代をよく支えてくれました(昨年の優勝がいい土産になりました)。
若い頃からチャンスに強くて、一時はリーグを代表する選手になりかけましたけど、故障のため「タイガースの八木」に止まりました。
最終打席は右安打、最後の守備は堅くなってたね。(^^;)
代打で始まり(初HRは江川から)代打で終わる・・・八木さんらしいね。
★八木裕★ 昭和40年6月8日、岡山県生まれ、39歳。岡山東商高、三菱自動車水島を経て昭和62年にドラフト3位で阪神入団。プロ通算18年で1367試合に出場し、打率0.247、126本塁打、479打点(9日現在)。 カツノリも、ご苦労さんでした。
---------------------------------------

久々にタイガース戦を見ることができました(途中からやけど)。さすがに満員やったね。ゲームは、序盤で決まってしまったみたい。三東、安定してきたかな?、無傷の5連勝。金本、111打点で、ラミレスに2差をつけ、再び単独トップ。




2004年10月10日
甲子園大変身!内野も天然芝に

竣工80周年を迎えた阪神甲子園球場の内野に天然芝を張り、国際基準に沿ったボールパークに変身させる計画を阪神電鉄本社が進めていることが明らかになった。
1日最大4試合実施する高校野球開催時に芝生の整備をどう行うかが最終障壁として残っており、関係者間で解決へ向けた協議が進められている。
http://www.daily.co.jp/baseball/2004/10/10/146202.shtml

--------------------------------------

島野育夫管理部長(60)が総合コーチとして2年ぶりに現場復帰することが確実になった。
http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200410/10/base171066.html
正田耕三打撃コーチ(42)、久保康生投手コーチ(46)の就任が決定した。
http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200410/10/base171036.html
水谷実雄2軍打撃コーチ(56)の来季残留が内定した。
http://www.daily.co.jp/baseball/2004/10/10/146216.shtml
伊藤敦規氏(41)を三軍コーチとして招聘することが決まった。二軍投手コーチの後任は、星野伸之氏(38)が有力視されている。
http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200410/tig2004101007.html

--------------------------------------

11日からの「高知よさこいリーグ」の参加メンバーを以下の通り発表した。
【投手11人】中村泰、太陽、杉山、筒井、金沢、吉野、江草、中林、新井、田村、伊代野
【捕手4人】浅井、小宮山、狩野、中谷
【内野手3人】上坂、喜田、萱島
【外野手7人】藤原、林、立川、桜井、庄田、松下、的場。
なお、シーズン終了後に藤本、鳥谷ら数名が合流する。





2004年10月08日
梶原も戦力外か・・・

タイガースは、下記3選手に対して、来季の契約を結ばないことを伝えた。

新井亮司選手(23)・梶原康司選手(26)・早川健一郎選手(30) タイガースは8日、下記2コーチに、今季限りの契約であることを伝えた。

山口高志投手コーチ(54)・前田健コーチ(35) ※山口コーチは来季、編成部スカウトに転任の予定。




第135戦

  今季の4位が確定  筒井と狩野が先発バッテリー 筒井、5回1/3を5安打1四球とマズマズ。狩野も、浮き足立つことなく守ったみたいね。

6回、鳥谷・今岡・金本の適時打(109打点)・桧山の3ランHRで、4得点。勝負ありました。救援投手陣総動員で、筒井に初先発初勝利がつきました。 2年連続打点王を狙うラミレスが109打点とし、トップの金本(阪神)に並んだ。

--------------------------------

★筒井、序盤は腕が縮こまり、ボール球も先行したが、逆にこれで「打たせて取ろう」と吹っ切れた。「思い切ってミットに投げ込むだけを考えた」という。要所を締めて6回途中まで1失点。2軍でバッテリーを組んだ狩野との息もぴったりで「悩み抜いた時期もあった」と振り返るシーズンを最高の形で締めくくった。

★筒井の初先発初勝利をマスク越しに支えたのは21歳の女房役・狩野。

「試合前に矢野さんから『緊張するのは当たり前。打たせていけ』と言われました。ファームでも(ボールを)受ける機会が多かったんで、分かり合えたと思います」。高卒4年目で経験した初スタメンで結果を残し、次世代の正捕手へ向けてアピールとなった。

--------------------------------

 久万俊二郎オーナー(83)は、掛布雅之氏(49)が楽天から監督要請されたことについて「いいんじゃないですか。快く送り出す?もちろんそのつもりです。(障害は)何もありません」と笑顔を見せた。 掛布雅之氏(49)は、「監督の要請があったのは事実。ただ球団(の加盟)が決まった段階ではないので、答えるようなことは何もない」と話した。




2004年10月07日
第134戦

 福原、6回までほぼ完璧やったみたいやけど、7回にラミレスに一発を食らいました。今日も一球の制球ミスになきましたが、それを再逆転できない打線がなさけない・・・。 ラジオ・TV、どこか放送してくれよ。

-------------------------------------------  

 阪神は6日、吉田篤史投手(34)、竹下慎太郎投手(33)、細見和史投手(31)、加藤隆行投手(21)の4選手に戦力外通告した。
 調査部門のテコ入れを求む声から、松井氏と契約更新しない方針を固めた。





2004年10月06日
暗黒の時代に逆戻りしそうやね
-----------------------------------------
http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200410/tig2004100601.html
岡田阪神の来季に暗雲…島野管理部長が入閣を固辞

 阪神・岡田彰布監督(46)の組閣人事が暗礁に乗り上げている。
 ”総監督”としての入閣を打診された島野育夫管理部長(60)が、健康面を理由に固辞したことが判明。岡田監督は第2次政権の象徴となるべき存在を失ったことになり、05年に向け暗雲が立ちこめた。
 現時点で内定しているのは、近鉄の久保・正田コーチの招聘だけ。正田コーチは打撃部門を任される予定。
金森コーチは退団、平塚コーチは二軍降格。
投手部門は久保氏が中心となり、中西コーチがバックアップ。佐藤コーチは退団。
 問題は作戦参謀コーチの存在だが、和田コーチの昇格(打撃コーチ予定)について、現場とフロントで意見が分かれ紛糾中。岡田監督は和田コーチの二軍残留を希望している。
平田ヘッドコーチは、新たな作戦面のコーチが入閣したとしても留任の見込み。
フロントが、島野氏のほかに適任者を見つけられないと、変化のない内閣になる。

 【記者の目】
 今季、岡田監督の消極的な采配を指摘する関係者は多かった。「エンドランが少ない」「投手交代が遅すぎる」。こんな声を封印できるのが島野氏だった。
 ただ島野氏入閣の真の理由はそれではない。関本は結果を残したが、その裏でアリアスがやる気を失い、片岡が存在感をなくしたのも事実。「選手やコーチのモチベーションを高めるのが監督に求められる最も大事な采配」ということを星野SDから叩き込まれた島野氏を登用することで、岡田監督の「好き嫌い」にブレーキをかけたい、そんな願いが込められていた。
 自らの考えで金森打撃コーチを招きながら、能力に疑問を持った瞬間から背を向ける。
佐藤投手コーチとソリが合わず、開幕直後の5月から近鉄・久保コーチの招聘に乗り出す…。
この事実も球団を突き動かした理由だった。
 好き嫌いで勝てるほど野球は甘くはない。その姿勢を改めなければ…。幻に終わった“島野総監督案”は、ある意味では天からの警告なのかも知れない。

-----------------------------------------

 阪神ジョージ・アリアス内野手(32)が「来季は巨人でプレーしていると思う」と、同僚に話し帰国していた。
アリアスは今季の起用法に不満を抱き、退団も覚悟している。
 残り試合を来季を見据えた若手中心で挑むことを決定した岡田阪神は、先月末、アリアスにその趣旨を伝え、2日に来季白紙のまま帰国させた。だが本人はこの時点で「自分はもうクビ」と受け止めたという。
 昨年・一昨年と巨人から誘われ、気持ちが傾きかけたこともあった。来季の巨人はペタジーニの去就が白紙で、来日10年目を迎えるローズも日本人選手扱いとなることから、外国人枠に余裕ができる。巨人が動けば、電撃移籍が起こる可能性はある。阪神は年俸3億円(推定)からの大幅減を迫るとみられ、仮に残留方針でも契約交渉の難航は必至。今後の動向に注目だ。[2004/10/6/07:18 紙面から]

-----------------------------------------  

阪神・伊良部秀輝投手(35)が5日、戦力外を通告された。球団側との会談の中で「今年はお役に立てず、申し訳ありませんでした」という謝罪の言葉も。http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200410/tig2004100602.html

-----------------------------------------

【プロ野球】波紋渦巻く岡田監督の誤算…鳥谷重用、7月終戦宣言  18年ぶりの独走優勝から一転、Bクラスへ。阪神は岡田新体制で球団初の連覇を夢見たが、苦難の道を歩んだ。「勝ちたいんや!」の精神も今は昔。虎の迷走を探る。
 「もうタイムリミットよ。ここまでや」。7月27日の中日戦(甲子園)に敗れ4位に転落した夜だった。岡田監督から84試合目で早すぎる“終戦宣言”が飛び出した。波紋を呼んだこの発言。重圧に耐えかねた新人監督の、選手を発奮させる最後の賭けでもあった。だが狂ったシナリオは元に戻しようもなかった。
 「最初の誤算は、実力も普通の新人をスター扱いし、中途半端に重用したこと」とある首脳陣は指摘する。「黄金ルーキー」と騒がれた鳥谷の名は開幕6戦目で早々と先発から消えた。5試合で17打数2安打。「実力勝負なら藤本」と言う同情論が渦巻く中、早大の先輩として期待した岡田監督も我慢し切れず「140試合使う」としていた方針を、撤回するしかなかった。
 青写真は崩れ、現場の焦りが、今度は浜中の故障再発という悲劇を引き起こした。
「岡田色」を出すとはいえ、完治まで程遠い右肩の不安を度外視して8戦目での先発起用は拙速すぎた。負の連鎖で故障者も続出。現場から「無責任体質が招いた結果」との声も出た。
 「捕手は8番や」「赤星にバントはいらん」。岡田監督は理想と現実の間で揺れ、こうした前言も翻した。将の言葉が重みを失えば、ベンチの空気はよどむ。中堅選手の1人がつぶやいた。「雰囲気は1年で暗黒時代に戻ってしまった」と−。 http://www.sanspo.com/sokuho/1002sokuho032.html



2004年10月05日
第133戦

 井川がノーヒットノーラン達成。

プロ71人目(82度目)、セリーグでは32人目(35度目)の快挙だそうです。野口が、ストレート主体で組み立てたのも良かったんやろうね。最近は“勤続疲労”からストレートのキレ・コントロールが良くなかったけど、この時期にノーヒットノーランをやれるとは、やはりホンマモンやね。来期での復活が期待できます。 で、試合は、7回に鳥谷の遊ゴロをシーツが適時エラーで1得点。完投の黒田がかわいそう。

------------------------------------------------

八木さん、ご苦労様でした。8日に(巨人戦・甲子園)引退試合で代打出場のようね。




2004年10月03日
第132戦

 デーゲームをしてたのね、全く気がつかなかった。 で、杉山が久々に登板。スコアを見てる限り、四球が多かったみたいね。来年は先発ローテ入りを競って欲しいですね。牧野も久々に登板。こちらも四球で崩れたみたいやけど、久々やからしょうがないかな?。 攻撃では、今岡が頑張ったみたいです。



2004年10月03日
第131戦

今日は全く視聴していませんけど、12回引き分け、すごい試合やったみたいですね。7回の攻防がおもしろかったみたいね。 江草が頑張ったみたいですね。7回を101球7安打6三振0四死球1失点、合格ですね。

9回11回の勝負所で、今岡・金本に2ランHRが出たけど、ウィリアムス・久保田が逃げ切れなかったのね。

今日の先発は、岡田構想の守備陣形でした。

イチロー、すごいね。おめでとうございます。259安打、記録はいくつまでいくんやろう?。




2004年10月02日
第130戦

三東、前半は良かったです。課題の制球もマズマズ、コンビネーションも良かったです。
5回・6回に限界が来たようですけど、来期の先発ローテ入りにむけて、7回まで安定して投げ得るスタミナが課題ですね。シーズンオフに走り込みと投げ込みをして欲しいですね。
攻撃陣は、初回からエンジン全開の4得点。相手投手の不出来に付け込めました。金本、105打点目、ウッズと2点差。(藤川のアホ、HRだけはあかん場面でHRとは。)

-------------------------------

ドラゴンズ5年ぶりのV、おめでとうございます。やっぱり野球は投手力・守備力と集中力・勝負強さやね。落合さんは、ムードづくりも上手かったです。流れに逆らった采配はあかんよね。

-------------------------------  

阪神が広島・町田康嗣郎外野手(34)を金銭トレードで獲得することが明らかになった。
広島では金本と92年入団の同期で、ドラフト1位が町田、4位が金本だった。

★町田康嗣郎(まちだ・こうじろう)外野手。 1969(昭和44)年12月11日、高知県生まれ。34歳。明徳義塾高−専大。92年ドラフト1位で広島に入団。通算代打本塁打19本はセリーグ記録。代打満塁本塁打4本はプロ野球タイ記録。今季は6試合に出場、5打数1安打。通算13年で906試合に出場、1901打数480安打、84本塁打、267打点、打率0.252。1m80、83キロ。右投右打。今季年俸は3800万円。





2004年10月01日
第129戦

福原、もう一つ。マレンは小気味よい球を投げ込んできてました。リズムの差かな?。

打線に生彩がありませんでした。木塚を捉えんとあかんかったんやけど、今のタイガースではここまでやろうね。

で、横浜戦3年ぶり負越し決定。「昨年は横浜に優勝させて貰い、今年は足を引っ張られました。」ってところやね。 そろそろストーブリーグの話題ががちらほらと出てきてます。別の意味で楽しみな時期が来ました。(^^;)
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

転載

2004年09月29日
第128戦

金本、ナイス適時打で104打点目。

今岡も、珍しく全力疾走でした。(^^;)今岡、26号HR。\(^o^)/

井川が12勝目。久保田が3S目。どちらもすっきりせんけど・・・。

久慈さんが珍しく守備で乱れました。(^^;)

鳥谷、絶不調・・・って言うか、実力不足やね。秋季キャンプで鍛えて貰いや。





2004年09月27日
第127戦

初先発の内海に7回までキッチリと押さえられました。

8回表、金本の3ランHRで逆転も、8回裏、ウィリアムスが乱調で5失点、悪すぎました。

藪はマズマズ、こんなもんでしょう。

秀太、ナイス守備です。鳥谷、しっかり守れよ。

何でウィリアムスをストッパー限定で使わんのやろう・・・??。(書くのも疲れた)



2004年09月26日
第126戦

打ちも打ったりで4回までに12得点、読売の林・佐藤をKO、勝負ありました。矢野さんデーでした。

三東、大量得点に気が緩んだのか、4回5回とガタガタ、球が高かったです。温情で5回まで投げさせて貰いましたけど、本来ならもっと早くKOや、しっかりせんと・・・。

日本TV、今日はまともな放送をしてると見てたら、21:00でキッチリ放送終了・・・。放映権をサンTVに譲渡したらどうや・・・、無理やろうけど。 やっと中日にマジック4(または6)が出たね。



2004年09月23日
第125戦

福原、悪いなりに6回を3失点に凌ぎました。

攻撃陣にあと一本が出ませんでした、ベイルも良かったけどね。

取れる時に取っておかんと、っていうゲームでした

・・・今年同じ事を何回書いたことか。 タイガースに一つだけお願い。 85年以降みたいに、プロ野球で「一番行きたくないチーム」にだけは逆戻りせんといて下さい。

スト回避できそうですね。あとは、近鉄の選手の処遇やね?。




2004年09月22日
第124戦

今日は全く視聴してないので、何とも言いようがないけど、井川が悪かったみたいね。

横浜・読売戦、スタンドに空席が目立ったね。



2004年09月21日
第123戦

Aクラス攻防戦、勝負所(=直接対決)で勝てません。

6回、古田にエンドランを見破られたね・・・タイガースベンチ、ミエミエでした。
古田のコンピュータ、スト交渉で120%の回転をしたせいか、インサイドワークでも余裕でフル回転しているように見えました。
これじゃ、岡田野球では太刀打ちできんわね。

檜山・アリアスに一本欲しかったけどね。
今岡、2ランHRを含む3安打2四球、守備でもいいプレーを魅せてくれました。今まで、手を抜いてたかな?。 m(_ _)m
関本・矢野も良かったですね。

藪のアホ、相変わらずの一発病・・・死ぬまで直らんやろうねやね・・・。(^^;)

新庄が派手な活躍をしたそうな。サヨナラHRでランナーを追越したそうね(記録は打点1のサヨナラ単打)。相変わらず、楽しい奴やね。 (^-^) http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200409/bt2004092103.html




2004年09月18日
ストライキ突入ですか

 ストライキ突入ですか・・・やむをえんね、近鉄の選手のことを考えたら・・・将来が見えないんやから・・・。

 オーナー連中の頭の古さには辟易としました。時代に取り残された人たちなんでしょうね(それでも甘い汁は吸えるけど・・・)。
縮小均衡の方向性は、(底辺の縮小からも)野球界全体に悪影響でしょうね。
来期から、新資本の新規参入を認めればいいだけのことなんやけどね。(楽天・ライブドアだけじゃなく、門戸を広げれば、参加希望企業は多いと思うけど?。)
信頼関係が崩れてしまってる今となっては、難しいでしょうね。
新規参入組との交渉を有利に運びたいっていう思惑も働くやろうし・・・。

 球団維持に嫌になった近鉄、経営の苦しい堤さん、一気に強くなりたい宮内さん、甘い汁(小久保)よもう一度・球界村の盟主であり続けたい渡辺さん・・・いろいろと思惑が働いた事がミエミエ。
来期から新資本の参入を認めれば、この思惑が消滅してしまうから、再来年から・・・っていうのが本音じゃないの?。

 コミッショナーの無責任さにもあきれました。(−_−#)
「エリートは資本に弱い」「官僚は自分の考えで動く習慣はない」「最終責任はとらない」ってことを考えれば、今回の行動は想定されましたし、自ら公表してましたね。

 ストはやって欲しくなかったけど、リスクを取ってストをする選手会に敬意を表します。
でも、今後の動きを考察するに、いつまで一枚岩でいけるのか・・・心配やね・・・。
近鉄が選手の草刈り場になってゆくのが目に見えます。

 ファンの心理も複雑やね。球場へ行こう・・・か、野球を見捨てよう・・・か。m(_ _)




2004年09月16日
第122戦  あれからもう1年経つんやね。

福原、好投で10勝目、足踏み期間が長かったけど、おめでとうございます。よく復活してくれました。

久保田・ウィリアムスもナイス救援!。で、完封リレーでした。

攻撃陣も天敵・山本昌をよく攻略しました。

2回、アリアスの先制HR。7回、赤星の適時三塁打。緊迫感のあるナイスゲームでした。 久慈さん、バントうまいなー。(^-^)

楽天も参加を検討ですか・・・。ライブドア・楽天で揺さぶってから、大本命の孫正義の参入かな???。




2004年09月15日
第121戦

井川、良かったね。一昨年の投球が帰ってきました。

ローテーションは守らんといかんね。(今シーズン、井川自身もいろいろ試してたかな?、手を抜いてたかな?)・・・と思いきや、9回表、高橋に代打同点3ランHR・・・早めに守備固めをしたときに嫌な予感はありましたけど・・・続投は止むを得んか・・・落合監督のニターとした笑みが印象的でした。

安藤のアホ。一発狙いの谷繁に一発・・・今期、何回目や・・・。

攻撃陣、よく打って川上をKOしましたけど、走塁面でもう少し追加点をできたでしょうに・・・3回の関本・5回の今岡。同点にされた後に、攻撃に二枚腰が見られない、この辺が今年の弱さかな?。

最後の金本のゴロはファールや、岡田、抗議に行けよ・・・。(監督に覇気が感じられん。闘う姿勢を見せなければ、人は付いてこんよ・・・)

落合監督に、完膚無きまでに叩きのめされました。三冠王、ツボを心得てるんやろうね。「一振りで決める」勝負師の強さをマザマザと見せつけられました。

明らかに勝ちゲームやったけど、勝負の仕方・洗練度合いが違うし、優勝を狙うチームの集中力・勢いは違うね。野球の洗練度の差が思い知らされた敗戦でした。

武田勝頼 vs 織田信長の戦いはこんな感じやったんでしょうね。



2004年09月14日
そりゃ、そうやね

【久万オーナーに聞く】(大阪・福島区の電鉄本社で)  −−新規参入の問題について、オーナーは球団が増えるのには賛成ですね

久万オーナー 「おっしゃる通り。いい仲間が増えるのはいいが、なかなか難しい」  
−−と、言いますと
 「ただ、(球団経営は)儲からないということをわかっていないことがある。儲からん、お客さん、新聞はうるさい、ということをわかってること。そら、お金をたくさん持ってる人が来てもらったらいいが」  
−−球団経営は儲からないということですね
「(上記の内容を)わかって、損しても堪えん人なら、来年から来てもらってもいいですが。(実際、会って)聞いてみないとわからないのでは。(球団経営の)腕、金持ってるか見極める。そう簡単にはなかなか、難しい」
−−例えば野村さんが監督をしてるシダックスとかは、どうですか?
「わかりません。あの人(野村氏)、野球の監督ですし、人をだますのが仕事でしょ。何べんだまされたことか。(あの人には)腹たっとりまんねん。(シダックスは)どのくらい金持ってますか。何百億持ってるか。(球団経営は)やはり湯水のごとく金が流れる。お金を持ってることが大事」 http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200409/tig2004091406.html




2004年09月12日
第120戦

初回・二回とマレンをつるべ打ちで9得点、ゲームありました。お見事です。

藪も、大量援護に助けられて?、まずまずの投球やったみたいね。

鳥谷も良くなってきてるみたい。こんな日に放送がないとは・・・。




2004年09月11日
第119戦

あら、デーゲームやったのね。全く気がつかなかった。 とりあえず勝てて良かったです。




2004年09月11日
第118戦

金本が孤軍奮闘でした。

久保田・・・。9回は残念です・・・。

今岡に元気がないね。集中力を切らすなよ、ハングリー・反骨精神を忘れるなよ。

岡田、いつまでホッジスを先発させるんや(−_−#)。

葛城、暴走するな (−_−#)。

下柳が本職の救援に戻ってきよった m(_ _)m。

借金5、YSとの差も4ゲーム、こりゃAクラスも難しいね。




2004年09月10日
第117戦

ヤクルトに0封負け・・・打てない球やないけどね・・・情けないね。

福原もなかなか10勝に届かんね。矢野も後逸が多すぎ。安藤・・・。

甲子園、ガラガラやったね。「前売なしの当日券のみ」で25000人・・・年間指定席分を除けば実質20000人位?。

タイガース・バブルも完全に終わりました。

現在の集客力はこんなもんかな?(これがコアなファンなんでしょうね)。

経営陣、「指定席の前売り」正解やったね。

来期は、年棒大幅ダウンと高給取りの戦力外通告で人件費を浮かせるかな?。

選手のモチベーション低下が怖いね。

マア、あと10年くらいは優勝せんでもいいか・・・???。

ストライキ・・・どうなる事やら・・・。




2004年09月09日
第116戦

久々のゲームです

井川、8回を6安打1HR1失点、丁寧な投球でした。

アリアス・金本2HRが出て、きれいな形で勝てました。

8回、赤星の適時打で、だめを押しました。

藤本に元気がなかったね。




2004年09月05日
第115戦

 4連敗 藪、ど真ん中の緩い球を高橋に2ランHR。好調やっただけに、悔やまれる一球でした。(投げる球がなくなったね?)

安藤、ヒヤヒヤさせんといてや。

攻撃陣、いいところ無くアリアスの適時打1本に押さえられました。

「何とかせー」野球の復活を期待します。

狩野が昇格、頑張りや。的場、来年こそ・・・やで。




2004年09月03日
第114戦

三連敗、中日戦6連敗、ナゴヤで11連敗

福原、5回、アレックスの一発にやられました。

攻撃陣、無死三塁で得点できない・・・5回以降に再逆転できない・・・。岡田タイガースを象徴してる展開でした。

矢野さんは大丈夫かな?。

的場、3三振、頑張りや、後がないで・・・。

藪さんのメジャー挑戦、当初の予定通りやね、頑張ってや。

久慈の引退は早い気がするけど・・・。

9・9スト、プロ野球が退潮ヌードの中でのストは自殺行為やで・・・。読売の人気低迷の中でのパリーグ移転、集団自殺行為やと思うけど・・・堤・宮内・孫・竹中の陰謀かな?。




2004年09月02日
第113戦

またも、山本昌にやられ、とどめを刺されました。

ナゴヤドーム10連敗、山本昌に7連敗。

下柳、4回につかまり、今日も投手に適時打を喰らい、事実上ゲームありました。

落合監督は判断・決断が早いね。それに比べて、岡田は・・・。

7回、今岡が一矢報いてくれました。

的場、頑張りや。八木さんもその時期が来たってことね。

ウィリアムス、帰ってこれたのね。

BS用のTVが壊れて、ラジオ観戦でした。 13年使ったから寿命やね、新しいTVを買いに行きます。



2004年09月01日
第112戦

 負けられんゲームやったんやけどね・・・

井川、メロメロ。3回5失点でKO・・・。
今年の井川は無理が利かんっていうのがまだわかってないのかな?、首脳陣。
平気でローテーションを崩す・・・崩して成功した試しがない・・・それでも戦略変更しない・・・旧陸軍みたいな組織になってるんとちゃいますか?。
まあ、3回で井川を降ろしたことは、戦術的には良かったと思いますけどね。

桟原も今日は悪かったね、投手にHRを浴びたらあかんよね。
中村泰、相変わらず制球が悪すぎ、連続死球で押し出しはないで・・・。

攻撃陣、川上からよく3得点できました、川上が大量得点に油断した隙を衝けたね。
4連打1犠飛で3得点後の1死3塁でアリアス、犠牲フライくらい打たんと・・・。
今岡、大丈夫かな?。

-----------------------------------------

藪恵壹投手(35)がFA権行使して大リーグに移籍することが確実となった。
http://www.daily.co.jp/baseball/2004/08/31/141422.shtml
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

転載

2004年08月30日
第111戦

 5割復帰  8連勝

三東、2度目の先発も、投打にわたり大活躍。
制球は相変わらず良くないけど、荒れ球が不調の広島には効果的やったかな?。
6回を7安打1HR2四球4三振の2失点。3打席2安打1適時打1三振。
あとは、藤川・中村泰・安藤が仕事をしました。

2回、桧山が2試合連続HR。三東が適時打で追加点。
3回、今岡の幸運H・金本の右Hから、桧山の2打席連続3点HR(昨日から3連弾)。ゲームありでした。後はおまけ、矢野さんにもHRが出ました。
19安打3HR6四死球2WPの17得点。給金直しの日でした。
島野・和田両氏が入閣のようですね。




2004年08月29日
第110戦  7連勝!!  首位に8.5ゲーム差・・・(^^;)

ホッジス、低めに丁寧に投げて(後がないからね・・・)、静かな気合いが入ってました。7回を6安打2四球2失点とマズマズです。で、今期2勝目。

初回の島・6回のラロッカに不用意な高めの球を一発喰らいましたが、ご愛敬かな?。
久保田、今日も仕事をしました。

初回、赤星の安打・盗塁から関本の一塁強襲適時エラーで同点。
4回、赤星のテクニカルな適時打。主導権を握りました。
5回、金本、豪快かつ省エネ(右翼ポール際)のHRでした。
6回、赤星のバント安打から関本のエンドラン適時打で一気にホームイン、エエシーンでした。
8回、檜山にも一発が出ました。
安藤、藤本の登録は29日。ウィリアムスはまだアメリカにいるみたい。
林も五輪で9打数3安打をマークしたみたいね。




2004年08月28日
第109戦

福原が好投、11回を5安打1四球2失点。8回のWPが悔やまれます。
久保田、相変わらずエエねー。

1回、赤星の二塁打、今岡の犠飛であっさり先取点。
3回・5回、鳥谷・関本・葛城が守備で魅せてくれました。
7回、葛城の二塁打(コーチ無視の好走塁)、福原が中越適時二塁打(真ん中の直球)。赤星の安打・盗塁後、関本・今岡に一本欲しかったね。
8回、福原のWPでの1失点は痛かったです。
11回、アリアス、ホームベースに触ってくれよ・・・。
三塁コーチ、よく手を回しました、タイミングはアウトやったけどね。
それにしても、アリアスに代走を出してなかったのね。
12回、今岡・金本・檜山の主軸で決勝点を取ってくれました。


近鉄から正田耕三打撃コーチ(42)・久保康生投手コーチ(46)招聘が明らかに。


プロ野球、近鉄とオリックスは27日、球団統合に関する契約を締結した。 30日の実行委員会での承認を経て、9月8日のオーナー会議で最終的な承認を得ることになる。




2004年08月27日
第108戦

3回、今岡の3ランHR、お見事。(HRになりそうにない打球に見えたけどね(^^;))
7・8回の赤星と檜山の適時打も効きました。鳥谷も2得点に絡みました。

藪、ナイス投球でした。
7回から球が高くなり、9回につかまりました。(勿体ないね、完封せんと・・・藪らしいといえば藪らしいけど)

弱い横浜が帰ってきました。5連勝!ロード5割で帰還。
涼しくなって、強さも帰ってきたかな?。

監督インタビュー、岡田も言葉を選ぶようになってきたかな?。(主役は選手やで)





2004年08月26日
第107戦

井川、ストレート主体の組立てで、危なげなく2失点完投。5回に少々よれましたけど、復活してきたかな?。井川10勝目!。

今日は打線がキッチリ繋ぎました。っていうより、横浜投手陣の自滅かな?。
鳥谷にも適時打が出ました、大分プロに慣れてきたね。
関本がエエねー、キッチリ仕事をしてる。
檜山さん1000安打おめでとう!。




2004年08月25日
第106戦

下柳、立ち上がりからヒヤヒヤも、6回0/3を3失点。内容は良くなかったね。
金沢、8番打者に2ランを被弾・・・(またや・・・)。
藤川、7・8回と先頭打者四球も、凌ぎました。
9回、久保田が危なげなく0封。

2回、金本の二塁打・アリアスの適時打で同点(盗塁も決めました)。
3回下柳の二塁打から赤星・関本と3連打、その後、檜山・矢野の連続適時打で3得点。
9回、アリアスがサヨナラ犠飛。横浜が勝手に転けてくれました。ラッキーやね。




2004年08月24日
岡田さんの求心力が失われてしまいました。

野村時代の末期の状態に似てきました。
今のチームは、チームとして機能してないのは明らかなのですが、いざ、一旦壊れたチームを再建策するとなると、難しいものがありますね。
監督を入れ替えるのが一番手っ取り早いのですが、生え抜きの監督として迎え入れた経緯もありますし、一年で放出というのも大人気ない話で、ここはコーチ陣の入れ替えでお茶を濁す感じになるんですかね?。
その場合、コーチ陣に入って頂きたいのは、投手出身で人心掌握力のある作戦コーチ、的確な指示のできる打撃コーチ、優秀な三塁コーチ、経験豊富なバッテリーコーチ、監督に毅然たる態度で臨めるトレーニングコーチ・・・じゃないかな?。
何よりも岡田監督に臨みたいのは、「機会均等・好調選手を使う・集団指導体制を採る」事やと思います。(2004.08.20)


もう1つの球団合併、30日実行委で提示へ
 30日のプロ野球実行委員会でパ・リーグ側からオリックス・近鉄に続く新たな合併案が報告されることになった。
23日、プロ野球の再編問題などを話し合う12球団の代表者会議が東京都内のホテルで行われ、セ・リーグの豊蔵一会長が「30日の実行委で(新たな合併を)提示できるように努力しているとの報告があった」と語った。
また、労働組合・日本プロ野球選手会が招集を求めていた特別委員会は「(合併は)選手契約に関することではない」との判断から開催しないことを決定した。代わりに「オリックス・近鉄の統合に関する委員会」(仮称)を新たに設置して選手会側と話し合いを続けていくことになった。[2004/8/23/19:09]





2004年08月23日
第105戦  三東、初先発でプロ初勝利

三東がプロ初先発。立ち上がりはガチガチ、岩村に一発を食らいました。
その後は丁寧な投球で、6回を5安打2四球2失点、頑張りました。
次回も新鮮な投球を見せて欲しいですね。

桟原もマズマズ。先輩の勝星を潰さなくて良かったです。あんたも来年は先発に廻ってや。

打撃も、三東が頑張りました。適時打を含む2安打で、得点に絡みました。
野手もその気にならんといられない状況を引き出しました。
8回の今岡と檜山の突き放しHRが効きました。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月23日

駒大苫小牧、北海道に初の大旗

駒大苫小牧、北海道に初の大旗/高校野球

 駒大苫小牧(南北海道)が済美(愛媛)との打撃戦を13−10で競り勝ち初優勝した。

(見てましたけど、大変なゲームでした。監督・選手・応援団のみなさん、ご苦労様でした。)
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「原始人の日記・ぼやきを」こちらに移転します

gensizin3.gif

「原始人の日記・ぼやきを」こちらに移転します。

(2004.08.22) 旧ページは http://hidebbs.net/bbs/gensizin?sw=4&m=10
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月22日

転載

第104戦

連敗脱出 ホッジス、相変わらず球が遅い、もっと制球を鍛えんとあかんね。
1回裏、ラミレスにランニングHR・・・檜山、あの守備はないで・・・。
6回、YSのWスチール失敗、おいしかったねー。
7−10回、久保田が頑張りました、ほぼ完璧。
11回、1点リードでモレル、1四球3連打で同点、やはり押えで使えんね。
岡田も、やっと早めに替えよった。
藤川、ヒヤヒヤさせられましたが頑張ってくれました。で、勝星は藤川に。

1回表、檜山さん、見逃し三振はないで・・・。
4回・6回、金本と今岡にHR、アリアスにやっと適時打が。
11回、鳥谷、バント失敗後にHR、阪神の選手らしく?なってきてます。
12回、秀太に決勝の今期初安打初HR、しびれました。

★(本当は十一回で終わっていないとアカン) そういう継投をしてないやん!、岡田はん。
マイヤース、もうエエやん。 牧野を二軍においてる投手編成をどう考えてるんやろう。
★(ビッグイニング) 勝負強い打撃で、コツコツ繋いでいくのが目指すべき野球やで。それが結果的にビッグイニングになるだけ・・・。
読売は四番を集めたチーム、タイガースは三番を集めたチームやで。

-------------------------------------------------------

中畑ジャパンが、きついゲームを制しました。
上原が3ランを浴び、劣勢スタート。福留が台湾の勢いを止めました。
宮本のセーフティースクイズ・高橋の2ランHR、で同点。
中村の送りバント、小笠原の犠飛でさよなら勝ち。高橋も好走塁でした。
日TV、いちいち放送を中断して・・・一茂より星野の方がエエのに。





【2004/08/21 07:56:06】
第103戦  6連敗 

藤川、お前もか・・・ってところでしょうか・・・。適時打がでんね・・・。
4回、アリアス、外野フライが打てんかね・・・。5回、今岡、久々の適時打でした。

泥沼にはまってしまってます。リーダーとしてはこうなる前に手を打たんとあかんかったし、そういう指摘が各方面で上がってたと思うけど、聞く耳を待たなかった、あるいは手を打てなかった首脳陣の自業自得やね。
二軍選手と一軍選手は、意識の持ち方が違う事を知らんとあかんよね・・・。





【2004/08/20 08:37:12】
第102戦

今日は守備陣が井川の足を引っ張り、打線が見殺しにしました。
小笠原・岡本に0封リレー・・・。5連敗で借金7。最下位の広島が見えてきました。

星野・タイガースバブルも終わりました。
次は総量規制で、選手の年棒をはじめ、人事の粛正が始まるんでしょうね。
ストーブリーグも楽しめるタイガースが帰ってきました・・・???・・・悲しいね。




【2004/08/19 07:21:24】
第101戦

弱いね。


---------------------------------------------------
http://hoshino.ntciis.ne.jp/

 今朝は何人かの友だちから電話で、週刊文春の記事のことを教えてもらった。
「巨人軍渡辺王国の崩壊」というタイトルで、渡辺さんに電撃的な辞任を決意させたのは右翼の街宣車活動や脅迫状だったというような記事だ。
いろいろな雑誌や週刊誌で、渡辺さん辞任の引き金になった巨人の「不正スカウト活動の発覚」という外部情報に星野が係わっているのではないか、というような憶測を書かれていたんだけれど、文春の特ダネはそんなバカな話を消し去る記事だったからみんな、わざわざ国際デンワまでして教えてくれたんでしょう。
真相は読売内部からの外部への告発だったらしい、そういうような記事だよ。

 いくら正面切って1リーグへの移行反対を唱えていても、なんぼ渡辺批判を繰り返していても、それにわたしが明大OBだとしても、いくらなんでも有望な後輩選手を巻きぞえにしたり、母校の野球部から学生野球、アマチュア野球界に迷惑をかけるようなことができるわけもない。
文春のその記事通りだとすると渡辺さんはファン、選手、メディア、世間だけでなく、社内々部まで敵にまわしていたっていうことになるんじやあないのか。メディアの報道にもきれいな表も、複雑な裏もあるということになるのかなあ。メディアのそういう報道の方もやり直してくれ。




【2004/08/18 06:22:01】
第100戦

粘ったけど、結局は敗戦でした。主導権をとれないのよね。(視聴してないから詳細は不明)

工藤さん、200勝、おめでとう。オリンピック、キューバに勝ちました。





【2004/08/16 07:28:03】
第99戦

ホッジスKO後は、若手投手陣の品評会でした。
金澤・桟原・三東・藤川・久保田、有望な投手がたくさんいますね(^-^)、将来が楽しみです。

攻撃陣、14残塁。・・・適時打欠乏症・・・。
アリアスに当たりが戻って来つつあります。ラロッカ、おいしい一点、有り難う。





【2004/08/15 07:27:36】
第98戦  今季50敗目

悪夢の6回。福原、WP・適時連打でKO・・・。
あかんねー。よく走られました。これで広島戦7連敗ですか・・・。
三東が久々に良かったかな?、でも大事なところで使えるかな?。
モレルも7回に2失点。中村、相変わらずやね。

攻撃陣も、7回に意地を見せましたが、2点止まりでした。
八木さん・・・(あえて触れません)。






【2004/08/15 07:26:28】
第97戦

 今日は全く視聴していないのですが、井川が良かったみたい。2安打2死四球1失点の完投。
私が見てない方がいい野球をするのかな?。

オリンピック、日本勢の活躍もさることながら、いいプレーをみたいですね。
競技施設、良く間に合いました (^^;)。

渡辺オーナー辞任ですか・・・一場を取るか否か、うまく立ち回って欲しいです。



【2004/08/12 06:33:47】
第96戦

派手な負け方をしてくれるわ・・・マイヤーズ・・・ベンチも二連打の時点で考えんと・・・。

初回、吉見の立ち上がりを攻めて先行。(吉見はアクシデントで降板)。
藪、4回につかまりました、何を考えてたんやろうね、勿体ないね。今岡、しっかり守れ!!。
7回、赤星の安打・盗塁・悪送球と檜山の犠飛で追加点。
10回、八木・今岡の連続二塁打で3得点。これで決まったと思ったら・・・マイヤーズ・・・。

藤川、ほんまに良くなってるわ。久保田、もう少しの所まで来てるかな?。
キンケード、アメリカに帰ってじっくり直す方がエエで。マイヤーズも・・・。(岡田も)

藪さん、1000奪三振おめでとう。



【2004/08/11 05:09:21】
第95戦

6回、アップアップの下柳の交代が遅れました。
金沢、また一発くらいよった。中村泰、相変わらず四球病・・・。

6安打11四球で4得点・・・あかんわね。適時打が出ません。
調子を落としているアリアスに替えて、一塁・片岡にしたら?。

最近の岡田監督を見てると、あの懐かしい野村時代を彷彿させてくれます。
選手を使いこなし切れてない・・・投手ローテを崩したがる・主軸であるべき三番打者を入れ替える・活躍した選手を継続して使わない・・・。
部下の能力を引き出せない人っていますよね。リーダーとしての視野の狭さを感じます。
残念なのは、監督が苦しいときに助けるべきコーチ陣に人材を欠いてる・・・コーチの人選も監督が決めたんでしょうけど。

今期終了後の編成が見物です。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月09日

転載

第94戦 原始人 【2004/08/09 07:06:37】

第94戦

打ち負けました。矢野・立川・檜山2本・金本と5HRながら、救援投手陣が崩れました。

吉野、あそこを押さえんと存在価値がないで・・・登板させたベンチも・・・。
ウィリアムス・・・五輪期間がいい休養になるかな?。
鳥谷、守備もマダマダやね。球際に弱い、一瞬の判断が悪い。まだ1−2年かかりそうやね。
立川、移籍後初HR。平下の代わりやから頑張ってや。

赤星、頑張りや、ポップフライばっかり打ってたらあかんで・・・。






【2004/08/08 07:57:29】
第93戦

5時間ゲームの総力戦、ご苦労様でした。
初回、桑田を捉えて5点先行も、福原が6回につかまって1点差に。
7回、ウィリアムス、ペタにまさかの失投で同点・・・ど真ん中・・・。
後は総力戦、両軍チャンスがあったにもかかわらず、互いに決定打が出ず引き分け。お疲れさんでした。

サッカー、危ないシーンもあったけど、よく勝ちました。精神的にもタフになってます。




【2004/08/07 07:03:56】
第92戦 またまた5割復帰

初回、今岡・関本と先制HR攻撃を仕掛けるも、井川がぶちこわし。
3回、今岡・金本のHRで再逆転。井川、読売のミスに助けられました。
7回、檜山の適時2塁打で追加点、8回、読売投手陣破綻で3得点。勝負あり。
今年も読売はおいしいね。強くなってきたかな?(^^;)。

岡田さんも吹っ切れたかな?。(^^;)
金本、怪我をしてからスイングがスムーズになって良くなってる?。
吉野も復活かな?。浜中が再退院したそうな。今度は大事をとってや。

「ロッテがダイエーを吸収」の方向。外資が攻勢、邦人は縮小撤退、お上が邦人資本を売り、仲介した企業が甘い汁を吸う・・・お決まりのパターン。




【2004/08/07 06:51:24】
第91戦

藪、久々の登板で5回を2失点とマズマズ、8月の活躍を期待してます。
久保田、マダマダやね。ウィリアムスがいる間に、復調してや。

派手な攻撃の割に、得点に結びついていない・・・決定打が打ててないんですよね。

関本がしっかりやってる、ホンマモンになりつつあります。
鳥谷、いきなり適時二塁打!!も、その後が・・・。スピードに対処できるようになって欲しいね。

久慈さん、頼りになります。    檜山、大丈夫かな?。




【2004/08/04 07:27:26】
第90戦

下柳が粘りました。ランナーを出しながらも6回を石原のHRによる1失点のみ、ゲームメークしました。
9回、攻撃陣がやっと黒田を捉えました。関本・今岡が勝負強いところを見せてくれました。
最後はウィリアムスがいつも通りに締めてくれました。


アジアカップ・サッカー、日本代表が神懸かりって来ました。
玉田がフォワードらしい動き・シュートを見せ、中沢が攻守とも要になりました。
中国との決勝、ブーイングがあろうとも、いいゲームをして欲しいです。優勝あるのみ。




【2004/08/02 08:41:12】
第89戦  祝! 金本 701試合連続フルイニング出場の新記録

新人・佐藤に6回まで2安打、ポップフライばっかり・・・なにを考えているのやら・・・。
6回1/3を4安打1四球・・・序盤からじわじわと攻めていかんと・・・。

金沢、4回2/3を2失点10奪三振とマズマズ・・・もう少し長く投げさせて貰えるように精進しましょう。
藤川が良くなってる。華奢なイメージやったけど、逞しさが出てきている。来年が楽しみやね。
安藤、またも被弾・・・。

いよいよロード、タイガースにとってのペナントレースは完全に終わりました。敗北宣言します。

レアルマドリード、強いです。ジタン、エエねー。




【2004/08/01 06:37:36】
第88戦  金本さん、タイ記録をバント安打で飾りました。頭エエねー。

福原、立ち上がりは苦しんだものの、7回を1失点に押さえました。球威のあるストレートを主体に組み立てたのが良かったです。アウト・ローの速球が圧巻でした。

4回、関本の幸運な安打(二岡のエラーやね)、金本の意表をつくバント安打(考えてみれば、いいアイデアね)、檜山の大飛球で関本が三塁へ、桑田のWPで同点、8番福原が右適時打で逆転(岡田監督を救いました)。
7回、片岡の四球後、今岡の適時二塁打、藤本の二塁ゴロを仁志が悪送球で、この回2得点。
読売の一人相撲に助けられた得点経過でした。

安藤、いつになく緊張感のない投球で2被弾。
ウィリアムスが凌いで、何とか勝てました。最後に投げるときのウィリアムスはエエねー。

アリアス、大丈夫か?。




【2004/08/01 06:33:04】
第87戦   悪天候。読売より集中力を欠いたタイガースが、勝てる訳がないよね。

ホッジス、2発を喰らうも、5回を3失点、制球が甘く、誉められませんけど、マズマズ。
仁志のHRは責められんね。阿部のHRはど真ん中でした。
4回の高橋の二塁打・・・赤星、取れよ・・・。

6回、三東がメロメロ。3四球後、阿部の2点適時打でKO、ゲームをぶっ壊しました。
制球をつけてから使って欲しいね、エエ球を持ってるんやから・・・。
替わった桟原も集中力を欠いた投球で、関本のミスもあり、2失点。
吉野、楽な場面でしたけど、マズマズ、復活を期待しています。
牧野、安藤とウィリアムスの不在期間は、あんたがストッパーをしたらええのにね。

初回の今岡の本塁突入、ブロックをかいくぐらんとあかんで。
赤星、守備も打撃も絶不調でした。関本、何を考えてたんやろ・・・?。アリアス・・・。

金本、出場できて良かったです。右手一本で2安打、執念やね、さすがです、頭が下がります。でも、痛いやろうね・・・。
読売、強力打線が、一発だけでなく、繋ぐ打線としても機能してきていますね。




【2004/07/30 14:18:41】
第86戦  連敗脱出

連夜の延長激戦(二日で10時間)、選手の奮闘に頭が下がります。

井川、相変わらず制球が悪すぎ・・・ど真ん中に投げれば打たれるよね。
8回、藤川、藤本のエラーから2連打で1失点。走者を背負った時に、課題を残してるかな?。

攻撃陣は、久々に初回からエンジンを全開しました。
1回、金本の2点HR・矢野の適時打で3得点。
7回、藤本の1点HR・金本の2点HRで、再びリード。
12回、矢野さんが岩瀬から右中間適時二塁打で、サヨナラ勝ち、でした。

金本、大丈夫か?・・・岡田、ほんまに抗議をせん監督やな・・・チームの求心力が落ちるはずや。




【2004/07/29 05:58:08】

第85戦  5連敗

壮絶なゲームでした。久々に選手諸君の「やる気の見える」野球を楽しませて頂きました。
でも、リードした場面が一度もなかったね、追いつくのが精一杯やったかな?。
打線が頑張ったときには、投手が崩れる・・・うまくいかんもんやね。
だから、普段から勝てるゲームの時に確実に勝っておかんとダメなのです。

金本が左に打ちはじめたから、復調も早いかな?。檜山さん、次ぎも頑張ってや。
藤本、今日は守備も良かったです。藤川・三東の球が良くなってるね。安藤は大丈夫かな?。
杉山・鳥谷・マイヤーズ・・・顔を洗ってで直しやね。

岡田監督、投手交代がおかしいで。作戦コーチに投手出身者を入れんとあかんね。打つ手が、後手後手に廻ってる・・・。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

転載

【2004/07/28 06:56:11】
第84戦  4連敗。

下柳、立ち上がりメロメロ・・・・・・藤本もしっかり守れ!。
久々に見ました「三重殺」、アレックスの怠慢走塁に助けられました。
それを生かせないのが今のタイガース。それにしても打てんね、適時打・繋打欠乏症・・・。

沖原、腐らんと頑張りや。  藤川、期待してませ、広末涼子の分まで・・・???。

岡田の求心力が目に見えて失われつつあります。緩慢プレーが目につくようになりました。





【2004/07/26 05:52:43】
第83戦   甲子園で3連敗

3回の福原、(「サザエさん」を見てる間に)3安打3四死球で一死もとれずに4失点。
7回・8回、(サッカーを見てる間の)猛攻も、遅きに失しました。

岡田が投手ローテーションを触ったときは、井川・福原は必ず打ち込まれてるんじゃないかな?。




【2004/07/25 06:02:46】
第82戦

打てませんね・・・石川に6安打1四球の1億点・・・5回に降板した時がチャンスやったんやけど・・・。

ホッジス、制球が甘かったね。7回をソロの2被弾を含む3失点。
でも、ゲームメークできた辺りは、まだまだ期待できますね。

野崎さんは何しに東京へ行ったんやろ??。




【2004/07/24 06:59:48】
第81戦

井川、打たれながらも7回まで0封も、8回、古田にやられました。低めのボール球の変化球やったけど、飛んだコースが良かったです。
でも、直球を主体にした投球に、復調の兆しは見られました。

9回のマイヤーズ、立ち上がりが悪かったね、球がうわずってました。あかん時は早めの交代も考えんと・・・。
守備も足を引っ張りました。今岡、前へダッシュや・・・1点差やのに・・・。

9回裏、アリアスが一矢報いてくれました。

今日の川島は、ちょっと攻略できそうになかったね、勝ちたいゲームでしたけどね・・・。




【2004/07/22 06:36:21】
第80戦  そろそろ勝利に拘わらんとあかん時期やね

金沢、久しぶりの先発で気負ってたかな?。
3HRをくらい、投手にも適時打を打たれ、6回を4失点。
次の6連戦もチャンスを貰えそうやから、ローテ入りに向けて精進してください。
5回、代打を送らなかった岡田監督に感謝します。で、今期初勝利、です!!(^o^)。

横浜の土肥、気合いの入った投球で5回1/3を2失点の好投。
でも、今日は、打線が粘っこかったです。
2回、藤本の同点適時打。6回、関本のHR。追撃の下準備は着々と進行。
7回、変わった加藤・斎藤を打ち崩しました。
二死から、今岡の四球、赤星が繋ぎ、関本が粘って適時打、金本の場外!3点HR、檜山・アリアスの連続(の、あわやHRという)2塁打。
1四球6連打で5得点、お見事でした。
今日は救援陣も安定した投球で、横浜3連戦に勝ち越しできました。

久慈さんの守備は見ていて安心できるね。




【2004/07/21 05:33:47】
第79戦

昨日は、さっさと寝てしまったので、詳細不明。

杉山、立ち上がり良くなかったみたいね。
打撃陣もマレンに全くいいところ無く0封負けですか・・・。




【2004/07/20 06:44:18】
第78戦

福原、気合い十分の粘投で6回を1失点。矢野のサインに首を振った辺り、独り立ちしました。
勝ち星はつきませんでしたけど、次回も頑張って欲しいです。

8回、今岡のHR、狙ってたね。打線に火をつけてくれました。
赤星・片岡と繋いで、檜山もHR。やっと三浦をKOしました。
9回、鳥谷、右安打・盗塁から、赤星の二塁打で一気に生還。プロらしくなってきました。
赤星、今日は7回の守備でも魅せてくれました。

マイヤーズ、昨日のウィリアムスに続いてヒヤヒヤさせてくれました。心臓に悪いよ。

で、桟原が2勝目。吉野降格で、三東昇格。三東は三度目の昇格かな?。




【2004/07/19 07:08:02】
第77戦

下柳、7回を0封と、らしくない?投球で、野口との投手戦を制しました。
で、6連勝。今年も、夏男健在です。

7回、檜山が好投の野口からHR。昨日・一昨日とイイ打球が野手の正面をつく不運がありましたけど、今日は決めてくれました。
アリアスも気落ちした野口から中前安打で野口をKO、藤本が繋いで葛城が適時打、で、勝負ありました。

8回、安藤、完璧。9回、ウィリアムス、ヒヤヒヤさせんといてや。
関本、今日は守備の美技・好判断で魅せてくれました。




【2004/07/18 06:12:35
第76戦

ホッジス、7回0封の来日初勝利。リズムとコンビネーション・球持ちがエエねー。
球自体はそれほどでもないけど、変化球で打たせて取る、前評判通りの投手やね。
で、7回27打者に94球で4安打5三振2四死球、打者に球を絞らせない投球でした。
右の下柳ができました。

打線は、給金直しの日でした。18安打2HR5四死球の15得点。
藤本が今期4号・甲子園初HR、出来過ぎや。アリアスも久々のHR。
赤星が右に引っ張れだしたので、調子は上向きかな?。




【2004/07/17 07:07:05】
第75戦  チームに集中力・求心力が落ちてるように感じます。

弱いね。野球の精度が低いね。攻守を問わず、勝負所でミスがでる・・・繋ぐべき選手が繋ぐべきところで繋げない・・・守備の選手が守るべきところで守れない・・・。

井川・・・粘れない・・・。初回、守備に足を引っ張られたけど、そこから粘るのがエースと呼ばれる投手でしょ。調子も今ひとつやったみたいやけど、HRはいかんで・・・。

やっと天敵・山本昌をKOできました。でも、運がなかったね、野手の正面をつく当たりが多すぎました。

アリアス、しっかり守れよ!!、守りも野球やで!!。
上坂・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・二軍から出直せ。

伊良部、ご苦労さまでした。昨年の優勝に貢献してくれた伊良部には感謝しています。
来年の新天地での奮起を期待しています。




【2004/07/16 14:10:41】

浜中13日右肩を再手術、来年前半戦までアウト

 阪神浜中おさむ外野手(26)の復帰が、最悪来季後半戦までズレ込むことになった。
阪神は15日、右肩痛でリハビリ中の浜中が13日に再手術を受けたことを発表した。
大阪市内の病院で右肩の関節内クリーニングと腱板の縫合手術が行われ、3〜4週間の入院を経て鳴尾浜でリハビリを再開する予定。
猿木チーフトレーナーは「昨日からリハビリを開始しています。ゲーム復帰まで10〜12カ月くらいかかるでしょうね。あくまで目安ですが…」と説明。来季の開幕どころか、前半戦も絶望的となった。

 浜中は03年7月4日に、負傷した右肩脱臼及び右肩関節唇損傷の修復手術を受けた。
キャンプは2軍スタートだったが、何とか開幕1軍に間に合い、4月25日の巨人戦(甲子園)では今季1号アーチを放った。
だが5月6日に痛みが再発して2軍に降格。同10日に「右上腕二頭筋長頭の炎症」と診断され、今季絶望となった。17試合に出場し、1本塁打、打率1割1分8厘。リハビリに取り組むかたわら、千葉県船橋市内の病院などで定期検査を行い、復帰を目指していた。

 石原チーフトレーナー補佐は「去年手術した部分は安定しているし、それ以外の問題が新しく発生した。スローイングは年末になると思います」と説明。故障禍に苦しむ若き主砲がまたも窮地に立たされた。




【2004/07/10 07:09:05】
jr・オールスター

筒井、初めて見ましたけど、威力のある球を投げますね・・・制球はないけど・・・。
2−3年後には楽しみかな?。
鳥谷、マダマダやね・・・私の期待が大きすぎるのかな?・・・。

ナベツネ、またまた嫌われることを言ってる・・・気持ちは分かるけど、むちゃくちゃやね。
「選手ごとき」「身分をわきまえろ」・・・よけいな一言や。
数年前、「都市 vs 地方、老人 vs 若者」の対立にしたらあかんと思いつつ社会を見てましたけど、野球界もそっちの方向に向かいつつありますね。
個人的には、サッカーの方に興味が移りつつあるのを感じます(国際試合だけですが・・・)。
野球全盛期も終わりかな?。あんまりゴチャゴチャを見せんほうがええと思うけど。




【2004/07/09 06:43:08】
第74戦

安藤・ウィリアムス、一足お先に夏休みモードに・・・。
安藤は四球連発で救援投手の用をなさず。ウィリアムスも酷使が祟って・・・。
井川、中4日の割にはマズマズ。ゆっくり休養してください。

金本は相変わらず絶好調。片岡も復帰後初先発で祝砲を上げました。今岡が下り坂かな?。


37勝37敗の5割で折り返し。初陣監督・主力選手の故障を考えると、マズマズかな?。
後半戦は、「勝負強さ」の強化は当然として、投手陣の建て直しと「当たり前のことを当たり前にやる」野球の復活に期待します。




【2004/07/08 05:37:45】
第73戦

福原、悪すぎ・・・不調やったんか、運がなかったのか・・・2回8失点でKO。
球宴休養前といえど、ローテーションを崩せばエエってもんじゃないと思うけど・・・。
吉野、相変わらず悪いね。昨年・一昨年と頑張ったから今年はお休みね・・・。来年頑張ってや。

金本は絶好調です。




【2004/07/07 07:37:29
第72戦

今日はTVもラジオも視聴してないので何ともいえませんが、金本が大活躍したみたいね。
片岡も昇格して、四球を選んだみたい。活躍して欲しいですね。




【2004/07/04 17:53:29
第71戦

5回まで、杉山・川島の若い投手が見事な投手戦を演じました。

6回表、赤星の四球・盗塁後、金本、難しい球を2ランHR、お見事です。
6回裏、杉山が崩れ、押出しを含む3四球・1安打・1WP(矢野さん取ってや)で1失点。
7回裏、桟原がいきなり2連打・1四球で無死満塁。
    一死後、ウィリアムス投入も、岩村に犠飛(決め球が甘かった)で同点。

8回裏、一死1塁からマイヤーズが初登板。
ムービングボールで打たせて取る投手みたい、クイックができん・・・難しそうね。モレル・石毛と同じようなクラスかな?。
で、9回、ラミレスにサヨナラ適時打が出て、5連勝はなりませんでした。

8回9回、鳥谷・藤本にエラー(記録は内野安打)が出て、マイヤーズの足を引っ張りました。しっかり守れ!!。




【2004/07/04 07:46:55】
第70戦  貯金2。

ペナントレースも半分消化。タイガースバブルは終わったみたいですが、まずまずの成績かな?。
選手諸君が健闘していますし、岡田監督の采配も安定して来つつあり、後半戦に期待がもてるようになってきました。(^-^)
後半戦は、精度の高い野球をみたいですね。

で、このゲーム。
井川が降板した後の7回表、ベバリンが勝手に崩れてくれて、ビッグイニングになりました。
ここまでの投球(6回を4安打3四球)が嘘のように、この回だけで3四球4安打1犠飛の6得点・・・おいしかったです。ヤクルトの継投ミス・守備の乱れにも助けられました。

7回表、葛城の犠飛・檜山の2塁適時内野安打(執念やね)と悪送球・アリアスの3ランHR(お見事)で勝負あり・・・っていかんのが、こういうゲームです(両チームに平等にチャンスはやってきます)。
8回、ウィリアムスが乱調で2失点、ヒヤヒヤさせんといてや。
安藤がよく凌ぎました。
で、井川が勝ち投手で、7勝目。6回を7安打1失点、今日は打たれ強い井川でした。

マイヤーズが一軍登録されました、頑張ってや。ホッジスも来日、期待してます。




【2004/07/02 14:10:27】
阪神フロントが新体制に

 阪神フロントが新体制で、球界再編とチーム編成の難題に取り組む。
阪神は1日付人事異動を発表し、役員2人が退団した。
そのうち竹田邦夫常務取締役(54)は連盟担当を4年間務め、近鉄・オリックスの合併問題でも球団の窓口だった。また球団本部長としてドラフト等の選手補強に携わってきたが、電鉄本社の慣例に従う7月人事で、シーズン途中に球団を退くことになった。

 阪神では過去に経験のある野崎勝義球団社長(62)が連盟担当(正)を兼任、竹田常務から引き継いで実行委員会等に出席する。
新入団の牧田俊洋専務取締役(53)は球団本部及び連盟担当(副)として野崎社長をサポート。
球団本部は、沼沢正二取締役広報部長が副本部長を兼任して態勢を整える。

 新体制を迎えた野崎球団社長は西宮市内の球団事務所で会見し「球界の問題はオーナーと意見をすり合わせながら組織として対処すべきととらえる。戦力補強も重要なことで、球団を挙げて取り組むのはこれまでと変わらない」と話した。

 ◆人事異動 阪神は7月1日付の人事異動を発表した。

役員では村瀬勲常務取締役と竹田邦夫常務取締役が退団し、牧田俊洋専務取締役、南信男常務取締役、西川恭爾取締役が入団。
 社内異動として野崎勝義代表取締役社長が連盟担当を、沼沢正二取締役広報部長が球団本部副本部長を兼任する。

 他の異動は以下の通り。
【昇任】  福島広之総務部長(総務部次長)、竹内孝行広報部課長(広報部)
【社内異動】松井健一営業部課長販売2担当(営業部課長事業担当)
【新入団】 中野正治総務部課長、永井幸雄営業部課長、牛田武営業部課長。




【2004/07/02 08:04:42】
第69戦  貯金1 二位浮上

福原、中4日で4安打完封勝利。丁寧な投球でした。
福原にしては、楽なゲーム展開やったかな?。

関本が3番の仕事をしました。
3回、打線が繋がり、3得点。6回、二死満塁で、赤星に一本欲しかったね。

8回の攻撃は「おまけ」。
初登板の西村(19)、かわいそうやったね。これをバネにして頑張りや。
読売の投手・捕手ともに穴が大きいね(カツノリの出場はないのね)。

星野SD、ライブドアの近鉄買収表明に関与との一部報道についてと否定。
竹田邦夫常務・球団本部長(55)が退任。ご苦労さまでした。




【2004/07/01 07:13:17】
第68戦 5割復帰

6回の攻撃はお見事でした。藤本・八木さんも久々の活躍。
8回、ペタの守備に助けられました。
9回、金本、ナイスサヨナラ適時打。

中継陣が頑張りました。下柳・吉野、しっかりしてや。

読売には強いね(^-^)。中日・横浜にもこれくらい・・・。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月30日

転載

【2004/06/30 07:36:27】
第67戦

杉山の立ち上がり、何を考えてたんやろうね。5回3安打5三振8四死球(内、1押出し)1暴投。
よく3失点におさまりました。何とか3回から立ち直り、価値のない2勝目。

金沢、久々に吠えてました。(^-^)吉野はマダマダやね。

金本・今岡、効果的なHRでした。
矢野・藤本の適時打でゲーム展開を楽にできました。
それにしても、読売の投手陣は壊滅状態やね。

連戦の頭を押さえたのは久々やね。





【2004/06/28 14:50:54】
第66戦

またまた0封負け。ええかげんにしーや・・・二回の満塁の内、一回はものにせんと・・・。

金本さん、祝、678試合連続フルイニング出場。
道上洋三のぼやきは、私よりきついわ・・・。




【2004/06/27 05:55:53】
第65戦

途中で寝てしまったけど・・・救援陣が打ち込まれたのね・・・。
投手陣も下り坂かな?、ここまで無理させてきたからね・・・。
石毛さん、頑張ってや、まだ枯れてしまう年齢やないで。


オリックスと近鉄の合併問題・・・難しいですね 原始人 【2004/06/26 14:34:34】[返信][削除]

オリックスと近鉄の合併問題・・・難しいですね。一気に一リーグ制へ進んでいくんでしょうね。

セの球団は読売との興行が減るために収益悪化を考えるでしょうし、パの球団はその逆を考えるでしょうし、一気に覇権を狙いたい球団の親会社、こじんまりと経営している球団の親会社、球団経営を重荷に感じてる球団の親会社、親会社の経営が危ない球団の親会社・・・いろいろ思惑があるみたいですね。

----------------------------------------------
(球界鳴動)キーワード(1)オーナー会議――「球界の最終決定機関」  2004/06/26, 日本経済新聞 朝刊

 プロ球界の立法、行政機関は12球団の球団代表、球団社長クラスで構成する実行委員会だが、コミッショナーの選任など重要な事項はすべてオーナー会議の承認を得なければならない。球界の最終決定機関といえる。
 議長は互選、セ、パ交互に一年交代と決まっていて、今年は巨人の渡辺恒雄オーナー。
会議の招集は議長が必要と認めた場合、および実行委員会議長(今年は豊蔵一セ・リーグ会長)が要請したときに限られる。
 定足数はオーナー総数の四分の三。議決は出席者の四分の三の同意が必要で、交流試合など球界改革がなかなか進まないハードルともなっている。
コミッショナーやセ、パ両リーグ会長は出席して意見は言うことができるが、議決権はない。
 球団所有者といっても筆頭株主とか具体的な定義はなく、野球協約には「球団の役員であって、当該球団からそのオーナーとして所属連盟会長およびコミッショナーに届けられた者」とだけ。
日本ハムは不祥事で創業者一族が親企業のトップを退いているため、オーナーを空席にしている。
 これまで巨人など積極的に出席して会議をリードしているオーナーがいる一方、代行や代理人に任せっぱなしの球団もあった。
今回は、西武の堤義明オーナーの二十六年ぶりの出席が取りざたされている。

----------------------------------------------
阪神オーナーが「新リーグ」支持。  2004/06/26, 日本経済新聞 朝刊

 阪神の久万俊二郎オーナーは二十五日、巨人の渡辺恒雄オーナーが二十四日に示唆した有志連合による新リーグ構想について「すぐにはできないが、そうすべきであるのは多分にある。あの方ならやるかもしれないし、我々も助かります」と支持する発言をした。
 球界再編による一リーグ制については「各球団の採算がとれて、一番試合をやりやすいのは8球団。なるべく早くなればいい」と持論を展開、現実論としても「時間をかけたら可能だと思う。奇数(11球団)はまずい」と話した。




【2004/06/25 06:38:32】
第64戦  5割復帰

桟敷原、急遽救援でプロ初勝利。チーム貢献度の高い初勝利でした。
4回3/2を7安打0四死球の2失点。何かをつかんでくれたはずやね。逆球も多かったけど、四球がないのがエエねー、球威のある投手は得やね。
落ちる球を覚えて、制球に気を付けて、先発に廻って欲しいね。

牧野・モレルもキッチリ仕事をしました。吉野は完全復調したかな?。

初回、金本、0−3から左HR、狙ってたね。(^-^)
5回、満塁から赤星の適時打、満塁が怖くなくなりました。(^-^)
関本は3ランHR、久々に豪快な関本を見ました。\(^o^)/

打撃陣も上昇中、中日・読売を追撃開始です。

藪、長引きそうやね・・・『右手第3指第4指間裂傷』、2.5cmの傷口を12針縫合、抜糸まで8日から2週間・・・今期、好調やっただけに残念です。盛夏戦線での復活を期待します。


助っ投ダブル獲り! 原始人 【2004/06/24 06:31:56】[返信][削除]

助っ投ダブル獲り!  ホッジス + マイヤーズ
-------------------------------------------------------------
★トレイ・ホッジス(Trey Hodges)★  1m91、91キロ。右投げ右打ち。
1978年6月29日、テキサス州ヒューストン生まれ、25歳。
ルイジアナ州立大から00年ドラフト17巡目でブレーブス入団。02年3Aリッチモンドで先発投手として28試合登板、15勝9敗、防御率3.19。同年9月メジャー初登板。
昨季は中継ぎ投手として52試合登板、13試合連続無失点(投球回15回2/3)記録。
今季はメジャー登板なし、3Aリッチモンドで10試合登板、5勝2敗0S、防御率4.82。

★ロドニー・マイヤーズ(Rodney Myers)★  1m85、91キロ。右投げ右打ち。
1969年6月26日、米イリノイ州ロックフォード生まれ、34歳。
ウィスコンシン大から90年ドラフト12巡目でロイヤルズ入団。96年カブス、00年パドレス移籍。96年メジャー初登板、同年初勝利。03年よりドジャース在籍。
今季はメジャー1試合登板、0勝0敗0S、防御率0.00。3Aラスベガスで24試合登板、4勝1敗0S、防御率4.74。

-------------------------------------------------------------
今季絶望のリガン、「帰国して手術」

 「右ヒジ内側側副じん帯損傷」で今季絶望のリガンについて、岡田監督は23日、改めて帰国→手術の方針を語った。
「もう向こう(米国)にこっちの診断書とかは送ってるみたいや。向こうはすぐ、手術とかになるし、そうなるんとちゃうかな」
 来日2年目の今季は23試合登板で1勝1敗4セーブ、防御率2.84の成績。
安藤、ウィリアムスが抜けるアテネ五輪期間中の守護神候補だったが、16日のヤクルト戦(大阪ドーム)で右ひじがパンク。この日も鳴尾浜でランニングを行ったが、近く帰国する。




【2004/06/24 06:29:39】
第63戦  強いタイガースが戻って来つつあります。

下柳、6回2/3を2失点、立ち上がりこそ不安定でしたが、終わってみれば下柳ペース。
好きな投手なので、欲目に見てしまいがちですけど、惚れ惚れするような投球でした。
ウィリアムス、ストッパー専任にすると気合いの入り方が違うね。
牧野、セットアッパーに昇格かな?。

攻撃陣、やっとベイルを打ち崩しました。立ち上がりに一気に攻めたのが良かったね。
5回の金本の適時三塁打による追加点も効果的でした。

ラロッカのファインプレーはお見事でした。




【2004/06/23 06:47:49】
第62戦  広島に勝ちを譲って貰ったような勝利でした。

岡田采配が普通になりつつあり、打線が繋がるようになってくると、投手陣が不安定になる。難しいね・・・野球って。

杉山、4回に6安打で3失点・・・この前の好投はなんやったんやろうね。
金沢・モレルで3被弾4失点・・・金沢の救援?、牧野と違うの?。
リガンの戦列離脱が大きいね。吉野・牧野に期待が集まります。

金本が適時二塁打を含む2安打。関本が3安打。
矢野が4回、満塁で適時三塁打、8回はサヨナラのランナーになる安打で2安打。
最後は今岡がキッチリ仕事をしました。

藤本、バント練習のやり直しやね。赤星、もっと走れよ。

安藤&藤本がアテネ五輪の日本代表入りに決定。ウィリアムスも。林はどうなった?。
星野が「新仙組」なるHPを作ったそうな。http://www.shinsengumi77.net/home/index.php




【2004/06/21 07:22:31】
第61戦  首の皮一枚残りました。

今岡を一番に戻しました。エエンじゃない。迷ったら基本(=昨年)に戻る・・・いい発想です。
その今岡がいきなり安打、全員がその気になったね。
藤本も8番に戻って、ホッとしたかな?。檜山も適時打が出始めました。
金本(こうなってくると、安穏と四番を打っておられんよね)が本気になり、アリアスが帰ってくれば、マダマダいけるかな?。

エース級の投手にもこのくらいの攻撃ができれば、ホンマモンに戻ったといえるんでしょうね。

井川も中10日で好投。休みも大事やで。



【2004/06/20 06:20:12】
第60戦

福原・ウィリアムスと、丁寧な投球で9回を0封。上原もそれ以上に良く、同じく9回を0封。
11回の表・裏が明暗を分けました。
11回表、赤星・藤本、バントができんのやったら一・二番を打つ資格はないで。審判、走塁妨害でしょう。
11回裏、安藤・・・・・・。結局、読売の粘り勝ちでした。

投手陣に悲壮感が漂ってきました。打撃陣、投手をそこまで追い込むなよ。

明日も負ければ、今年も終わりやね。また10年くらいは我慢できるし・・・。




【2004/06/19 06:38:42】
第59戦

今日も適時打が出ませんでした。1回2回の満塁で一本が出ない。岡田さんも頭が痛いね。
打てる選手がおらん・・・八木・沖原を先発させるしかないかな?。
バントくらいきっちりやれ・・・当たり前のことが当たり前にできない・・・6年前のタイガースを見てるようで、重症やね。故障者が多すぎるよね、トレーニングコーチ。

金沢、良くなってるね。6回を4安打1四球3三振の0封。
落ちる球を覚えてから制球も良くなってる。力まず投げてるのがのがいいんかな?。
昨年、酷使されなかったことも好影響かな?。ローテーション入りも期待できますね。
投手陣の若返りを図らんといけない時期なので、大いに期待して見守りたいですね。

立川隆史外野手(28)背番号45。がんばってや。




【2004/06/18 06:20:53】
第58戦  リガン、靭帯損傷で今期絶望・・・・・・・・・・痛いね。

藪、珍しく立ち上がりが悪かったね。3球で2点先制点・・・。
吉野もマダマダみたいやし・・・。牧野、頑張ってや。

打撃陣、またも藪を見殺し。今日も適時打が出ませんでした。攻撃もチグハグ・・・。
無死満塁で、せめて外野フライくらい打ってよ・・・。藪、バントくらい・・・。

潮が引いて行ってるのを感じます。明日からの読売戦で潮目がはっきりするかな?。




【2004/06/17 06:57:22】
第57戦  久々の連勝です。下柳・川島、共に好調で、見応えある投手戦でした。

夏男・下柳、小気味のいい投球で、6回1/3を4安打2四球の0封。お見事!!。
7回、勿体ないような投手交代で、安藤が4者4三振、更に勿体ないような交代で、ウィリアムスが三振奪取・・・またまた勿体ないような交代で、9回、リガン・・・っと思ったら・・・故障・・・モレルが緊急登板で初セーブ。よく逃げ切りました。

攻撃陣、2安打3四死球の体たらくも、古田のPB・土橋の7回の2悪送球に助けられました。もう少し工夫して欲しいね・・・打撃コーチ。

リガンは大丈夫かな?。




【2004/06/16 06:58:43】
第56戦

杉山、プロ初勝利、おめでとう。5回2/3を3失点とマズマズ。3回4回は圧巻でした。

3回、金本、いよいよエンジン始動?。中距離砲に徹すればいい結果がでると思うけど。
檜山も得点圏打率を上げつつあります。(三塁コーチ、よく手を回したね)。
5回8回、矢野さん、5番で1HRを含む2適時打、頼りになります。(死球は大丈夫かな?)

9回、リガンが絶不調・・・「安藤の登板」があるかと興味深く見てました(^^;)。
吉野が使えるなら、クローザーを一人に任せるがエエで。夏に向かって、救援陣の負担が大きすぎる気がします。岡田の優柔不断さが残ってる部分やね。

喜田、もっと自然に構えた方がええと思うけど・・・。
伊良部、再び故障・・・もうエエやろ・・・。
ロッテ・立川と平下がトレード。平下、頑張ってや。




【2004/06/13 17:48:55】
第55戦  なかなか連勝できませんね。

福原、立ち上がり、見た目は悪くなかったんですけど、なぜか2失点。
5回、急に調子が落ちて、3失点。故障でもしたのかな?。

桟原、横手投げが少し目立ってきたかな?、球威が落ちたみたいね。
ウィリアムスとリガンは調整登板、吉野も投げさせたかったね。

攻撃陣、三回・五回はきれいな繋がりで得点できましたけど、迫力不足。
そうそう大量点は取らせてくれんわね・・・主軸が打てんと・・・。




【2004/06/13 06:39:59】
第54戦  よく野球が出来ました。阪神園芸さん、ご苦労さんです。

伊良部、相変わらずです。球威・制球ともに無く、見ていて気の毒でした。
次回もダメなら、引退を覚悟せんとあかんかな?。で、3回を6失点。
中継ぎ陣が頑張りました。金沢が2回、モレルも危なかったけど1回2/3、安藤も今日は仕事をして2回を、無失点に押さえきりました。

打撃陣、よくひっくり返しました。2回の葛城のHR、期待を繋げました。
3回、同点に・・・矢野の打球を遊撃手がトンネル・・・大きかったです。
でも、一死一三塁で代打鳥谷はないで・・・一気に逆転狙いにいくべき場面やで。
8回、今岡がHR。お見事、きれいなHRでした。

8回、藤本、バントくらいきっちりやれ。岡田、今日の抗議は良かったで(^-^)。
岡田さん、やっとまともな采配をし始めました。頭の中で戦力分析が終わったかな?。

近鉄とオリックスが合併ですか・・・。




【2004/06/10 06:56:26】
第53戦  ついに最下位・・・懐かしい言葉です。

井川、立ち上がりがすべてでした・・・悪すぎました。

8回、岡田、久々の抗議・・・遅きに失したね・・・審判団に「タイガースへの不利な判定はフリーパス」って言うコンセンサスが出来上がってるみたい・・・言葉を換えれば「なめられてる」ってことね。

8番・井川、三塁・上坂・・・岡田さんもいろいろやりたいみたいね。
オーダーをさわるより、一人一人に仕事をさせる方が大事やろうに・・・12安打散発?で2得点・・・すべてを物語っています。



【2004/06/09 06:47:53】
第52戦  純和製打線もエエねー。

雨天の中、久々に連戦の頭を取りました。
今日はクリンアップが仕事をしました。これを機会に連勝街道を走って欲しいですね。

久々に藪に打線の援護がつき、完封勝利。打たせて取る内容で、3安打2四球の内野ゴロの山。
さすが防御率 NO.1 投手です。頭が下がります。

夏男・金本も暑さと共に上昇中。粘った後の一発、勝負強さが戻ってきています。
葛城、先発出場でいきなり今期1号。アリアスのポジションを脅かすほどの活躍を期待します。
檜山も久々の活躍。昨年の優勝で「燃え尽き症候群」に陥ってないかと心配してましたけど、これで立ち直ってくれるかな?。
今岡も、守備で貢献しました。

いきなり猛攻をかけることが出来ましたけど、先発・黒田の不調を差し引いても、適時打が出るようになって良かったです。
今後、救援陣の建て直しが課題になりますね、中西コーチ。




【2004/06/06 07:40:20】
第51戦

今岡の3ランHRで同点・・・と思いきや、9回サヨナラHR負け。
勢いの差は、いかんともしがたいね。
勝てるときに勝っておくことの大事さを、今頃認識してるかな?・・・岡田君!。

下柳、頼んまっせ・・・(このところ調子よかったのに)・・・せめてゲームメークだけはしてくれんと・・・それにしても「負け」がつかんね・・・。
今年の救援投手3枚は、2イニングもたんね。
作戦担当に投手出身者を入れんとあかんかな?。(ヘッドコーチ・バッテリーコーチでもええわ、優秀な奴を入れてーな。岡田では投手交代はわからんと思うで。)

上坂が先発、エエねー、頑張ってや。金沢も今年は使えそうね。
今岡が魅せてくれました。でも、後が続かんね・・・。
モレル・吉野も調子を上げてるみたいやし、夏場の巻き返しを期待してます。




【2004/06/05 07:13:23】
第50戦

今日も出ました、岡田のチグハグ野球・・・監督(=勝負師)としての適正がないんやろうね。
6回、無死満塁の場面で鳥谷・・・代打でしょう・・・。
8回、杉山(2安打《内1HR》9三振1四球の1失点)を降ろして、安藤・・・2被弾逆転。
新戦力にゲームを任す意図かなと見ていたけど、一貫性がないね。
杉山が良かっただけに勿体ないね・・・。杉山、次回も頑張ってや。

岡田の操り人形やないで、選手は。
チームから求心力が失われつつあります。監督自らが変わらん限り、今年は終わりやね。

-------------------------------------------------------------------------------------
「阪神の星」、小惑星に命名 巨人と広島に続き3個目

 宇宙に「阪神の星」が誕生した。宇宙航空研究開発機構に勤める安部正真さん(36)らが発見した小惑星で、国際天文学連合(本部・パリ)に申請していた「Hanshintigers(阪神タイガース)」の名が承認された。
小惑星に日本のプロ野球チームの名が付けられたのは、巨人、広島に続き3番目だ。

 「阪神の星」は推定直径が7キロ。火星と木星の間の軌道で、太陽の周りを3.5年周期で回っている。現在18等級の明るさで肉眼では見えない。

 実は、「巨人の星」と「阪神の星」はどちらも安部さんと2人の仲間が94年10月に発見。
近年、軌道が確定し、命名の条件が整った。
最初に軌道が確定した小惑星は、発見数日前にセ・リーグ優勝を果たした巨人にちなみ、仲間のアマチュア天文家、佐藤勲さん(40)が「Tokyogiants(東京ジャイアンツ)」を提案、昨春、連合に承認された。

 阪神ファンの安部さんは当初から「巨人だけでなく阪神も」と主張したが、「阪神の星は漫画にない」と一度は却下。しかし、昨年の18年ぶりリーグ優勝を機に仲間も認めた。「我々、阪神ファンはずっと耐えてきましたから」と安部さん。

 広島カープにちなんだ「Carp(カープ)」の名は昨夏、愛媛県の天体観測館職員が発見した小惑星に付けられた。 (06/04 06:20)
http://www.asahi.com/science/update/0604/002.html



【2004/06/04 07:02:41】
第49戦

福原、ゲームメークこそ出来たものの(7回9安打4失点)、つまらん失点が多すぎました。
守備陣、しっかり守ってやれよ。
失点には絡まなかったけど、矢野のPB(記録はWP)も目立ちました。(相当お疲れのようです)

攻撃陣、ルーキーに8回0封(7安打1四球)、9回、五十嵐から2得点出来たのが救いです。
相変わらず、タイムリー欠乏症・・・技術云々以前に、勝つ気があるんかな?・・・。

作戦や起用をコロコロ変えるな。何を妄想してるんや、優柔不断やな、岡田の性格そのままや。
福原、バントくらい決めや。ベンチ、3バントとさせんかい。
昨日活躍した関本を使わんかい。鳥谷、二軍で水谷・和田に鍛えて貰った方がええで・・・。




【2004/06/03 06:54:02】
第48戦

井川、9回完封(2安打6四球10三振)。久々に仕事をしてくれました。
やっと復調しつつあります。髪を斬って良くなったかな?。自炊?に慣れてきたかな?。
今日は、沈み込みも深く、ボディーターンもよく、切れのいい球が来てました。
4回くらいから目に見えて良くなりました。
未だにチェンジアップに拘りがあるようですが、もっと速球に自信を持ったら?・・・。

初回、早川さん、二死満塁から適時内野安打で今期初打点。アリアスもよく走りました。
関本・矢野も適時打で続き、藤井の立ち上がりの不安定なところを一気に叩きのめしました。
8回、アリアスのHRで2得点。これで勝負ありでした。

惜しむらくは、2・5・8回とチャンスがあったけど、無得点で終わったことですね。
ここで追加点を上げておけば、もっと早く決着できたでしょうに・・・。今後の課題です。

秀太、トレードみたいね・・・?




【2004/06/02 07:18:30】
第47戦  4連敗、弱いタイガースが返ってきました。

初回、金本の左翼線上のファウル・・・岡田、抗議に行けよ・・・これで今日の負けを覚悟しました。
藪、6回を3失点、辛うじてゲームメークできましたが、一時の好調さもどこへやら・・・5・6回は共に先頭打者を出塁させたところからの失点でした。
8回、リガンが乱調で2失点、これで万事休すでした。

赤星と矢野に復調の兆しが見えることが収穫です。上坂・早川、頑張ってや。

タイガースバブルも崩壊気味です。選手・首脳陣の奮起を期待します。




【2004/05/31 08:05:04】
第46戦

1安打好投の下柳を見殺し。大西との勝負で、犠飛でサヨナラ負け。
岡田の戦闘意欲のなさ・戦術の下手さ・優柔不断さが、目に余るようになってきました。
「投手が好投して、主軸が打てば勝てる」って野球は、後藤の熊さんの時代に終わってるで・・・。
カルロス・ゴーンを選ぶのか、三菱自工の経営陣を目指すのか、どっちですか???。

それにしても、球審はむちゃくちゃ・・・岡田、一回は抗議に行かんと・・・あんたの仕事やろ。
下柳、いつになく好調でした(^^;)、いざというときには頼りになる投手です。(^-^)




【2004/05/30 08:24:22】
第45戦

攻撃陣、6回の八木の振逃げ+WPと8回の八木の適時二塁打での2得点のみ。相変わらず決定打欠乏症です。

杉山が初先発。5回1/3を5安打1四球の0封、合格点、思ったより良かったです。
救援登板を見ていた限りでは、使えるかな?と思ってましたけど、変身しました。\(^o^)/

安藤・ウィリアムスで3失点、痛いね・・・。(登板過多かな?)
八木さん、守備も野球の内やで。(−_−#)

故障者・不調者が多すぎる・・・(久保田も・・・)。
赤星の代役を考えんとあかん状況やし、野口を活かすために第三捕手も考えんと・・・。

今季29失策はセ界最多だそうです。
監督・コーチ・選手のみなさん、基本に返りましょう。当たり前のことを当たり前のようにこなしてゆくことが、プロです。
変な幻想を抱いたりせず、的確な判断・的確な行動を心がけましょう・・・岡田さん。




【2004/05/29 07:52:18】
第44戦  好投の福原を見殺し 山本昌に3敗目

三連戦の頭が取れんね。0封負けが6つ目。慌てることはないけど、何か対策を練らんと・・・。

先発の福原と山本昌、見事な投手戦でした。
6回、先頭の今岡が二塁打後、金本・檜山・関本で得点できない(何とかせーよ)。
7回、2四球後、谷繁が適時二塁打で得点(甘い球でした)。
これだけの差なんやけど(好機を一回でモノに出来るか否か)、ペナント終盤には大差になる。
この辺りをなんとかするのがコーチの仕事なんやけど・・・。




【2004/05/28 07:34:57】
第43戦   横浜戦、初勝利。やっと勝てました。

井川、内容は相変わらずやけど、久々の勝星、気分転換して勢いを付けて欲しいね。

今日は、攻撃陣の執念の勝利でした。
5回、2点ビハインドで、今岡の同点2ランHR、効きました。
7回、ゲームを決めたのは金本の2ランHR、お見事でした。
8回、二線級投手をおもちゃにしました。
鳥谷の初HR・赤星のバント安打・今岡の適時二塁打・金本の“監督命令“2ランHRで5得点。

今日の押さえは、安藤とリガン。リガン、ヒヤッとさせられましたが、キッチリ0封しました。

山下監督の采配(7回表二死1・2塁で、投手川村が打席に・・・)で勝たせて頂けました。
アリアスは大丈夫かな?。




【2004/05/27 07:30:00】
第42戦  横浜戦7連敗  二位転落

久保田、悪いながらも8回を3失点。先頭打者を出しすぎ、リズムも悪い、勝負所で甘い球が来てました。
まあ、6回以降、崩れそうになりながらも、よく立ち直り、ゲームを作りました。次回こそ期待します。

三浦、攻め入る隙はあったと思いますが、要所を押さえられ、0封リレー。もう少し何とかせーよ。(−_−#)

9回、「鳥谷に代えて代打・八木」でしょう、岡田さん。
「若手の育成」を打ち出す監督=選手に媚びる監督・・・選手は戦っていく課程で勝手に育つもんや。
選手の現在の力・調子を見切って使うべし。機会均等・実力主義こそ、チーム力の源泉やで。

外部と戦えない監督は、存在意味がないで・・・さっさとベンチを飛び出して抗議に行け。
選手は、監督の行動を見てるで・・・「岩陰の監督」になるなよ・・・続かんよ・・・。

早めに第三の捕手を入れて、矢野が当たってないときは、野口の活用を考えるべし。




【2004/05/26 06:14:36】
第41戦  横浜戦6連敗

藪も吉見も立ち上がりがよくなかったけど、序盤、攻撃陣の効率の差で2対0でタイガースが先行。
5回、藪が捕まりました。先頭の種田からバントを挟み4連打、WPもあり、3失点。
6回も、先頭打者を出塁させて、連打で1失点。藪が踏ん張りきれず、流れが悪い方に傾きました。
吉見は序盤こそヘロヘロも、尻上がりに良くなりました。

藪、中10日、調整が難しいね。制球がままならず・・・。
好投の時は援護がないし、先制点を貰ったときは打たれる・・・うまいこといかんもんやね・・・。
桟原、マダマダ1イニングが限度かな?。
三東、・・・・。
金沢、今期初登板。制球に気をつけて頑張ってや。
牧野、相変わらず好調です。

片岡が再び故障。関本、レギュラー固めのチャンスやで、キッチリものにしてや。




【2004/05/24 07:28:34】
第40戦

10回、赤星の三塁打で逆転サヨナラ。\(^o^)/  まだ「何とかせー」野球が生きてるね。
10回、河原登板。関本の四球(よく粘りました)・平下の内野安打(しぶといねー)・赤星の左三塁打(よく打ってくれました)で逆転サヨナラ。\(^o^)/
読売の弱体投手陣と鈴木の走塁ミスに助けられました。久慈さん、ナイスバントです。
これで、団子レースから抜け出せるかな?

8回裏、関本の強引な走塁でこじ開けた二死2・3塁で、矢野が三振・・・一本欲しかったねー。
9回表、1点リードでウィリアムス、二死2S3Bから小久保の逆転HR・・・アチャーやね。
9回裏、先頭アリアスが出塁し、赤星が三振(岡田さん、バントでしょ)も、今岡の適時二塁打で同点に追いつき(よく打ってくれました)、延長戦に。
10回、安藤、先頭の元木にど真ん中の球をHR・・・もう一度「アチャー」でした。

下柳、丹念に低めに球を散らし、7回を小久保のHR(悪い球やなかったけどね)による1失点に押さえました。勝星こそつきませんでしたが、今期最高の出来で、勝利に値する投球でした。

鳥谷にも適時打が出ました。インコースをよく引っ張りました。
でも、もう少し早く、もっと楽に勝てたゲームやったでしょうに・・・。(^^;)




【2004/05/23 08:00:14】
第39戦

福原、7回を13安打(内1HR)3四死球(気前よく打たれたね・・・)。その割には4失点、よく粘りよく凌ぎました。勝ち星もついて、運もあるね。
読売打線、長距離砲が短打に徹して福原攻略を試みたんでしょうけど、かき回す選手も不在、決定打(小久保の一発と適時二塁打のみ)にも乏しく、悔しかったでしょうね。

7回に2点リードすると、安藤・ウィリアムスといつものパターン。いつものようにキッチリと仕事をしました。

攻撃陣、ミスもありましたが、救援陣を打ち込んで逆転。
2回、先行された後の檜山の一発、その後の展開に影響力大でした。
4回、小久保のエラー(笑・・・何をを考えてたんやろうね?)から関本の犠打で1点差(今岡、その前の檜山の左翼フライでタッチアップやろ!)。
7回、上原降板後、関本・沖原から繋ぎの野球で4得点、八木・藤本・金本、ナイス適時打です。(でも、矢野さん、バントが下手やね)。

岡田さん、赤星と藤本の打順変更、何か意味があるの?・・・気分転換かな?、岡田自身の。
今日は小久保デーでした。(^^;)




【2004/05/22 07:23:42】
第38戦

井川、7回までは仕事をしましたが、8回にローズの3ランHRでKO。
桟原・佐久本も、さすがに読売打線には捕まりました。ホンマモンやないと通じんね。

井川、もっと沈み込んで投げ込まんとあかんのやけど、下半身に粘りがない、精神的な粘りもない、時間がかかりそうね・・・。
積年の疲れがたまってるんかな?(腰痛があるのに星野が中4日で投げさせるからや)、中6日に戻した方がエエかな?(投手がおらんか・・・モレルの先発?)。
過去3年間頑張ったわけやから、今年は普通の投手として扱ったやった方がエエかもね。
昨年休んでた藪・福原に頑張って貰おう・・・。

攻撃陣、矢野の5回の適時打二塁打を除き、工藤に脱帽でした。9回、よく2点取りました。

関本、しっかり守れよ。




【2004/05/19 06:57:19】
第37戦

久保田、ボロボロ。
満塁HRを含め3HR(10安打2四球)で、5回0/3を7失点(自責点10)、無死満塁を残して6回途中降板。ボールが高めに行ってました。出直しやね。

三東、6回無死満塁で登板・・・まだまだ荷が重いね。度胸は良さそうやけど、制球に難あり。
ピンチになった時に、本当の制球力が問われるんです・・・。
稲葉に適時打、宮本・岩村を三振に取ったところまではOK。
その後、ラミレス敬遠後、鈴木を押出し四球・・・それはないやろ・・・で、降板。
(岡田さん、本当なら三東の登板の場面じゃないよね・・・テストしたかな?・・・前川を救援投手で昇格させるつもりかな?)
牧野、二死満塁で登板、古田に初球を適時打・・・責められんね・・・。
桟原、7・8回を1HRの1失点に押さえまました。

攻撃陣は中盤まで意地を見せてくれました。
2回、アリアスの2ランHRで同点。
3回、赤星二塁打・金本四球・檜山適時2ゴロ・アリアス適時打で1点差。
6回、7点差(12失点)後、藤本四球後、赤星バント安打・今岡適時打・金本3ランHR・檜山ソロHRで、2点差(5得点)まで迫りました。
普通は6回の7点差(5失点)でゲームを投げるんやけど、7回、よく粘ってくれました。せめてもの救いです。
取り返しても取り返しても、逃げ水の如く勝利が遠ざかってゆく・・・そんなゲームでした。

アリアスは大丈夫かな?。




【2004/05/16 06:52:22】
第36戦  雨中の総力戦、ベテランが頑張りました。

下柳、いつものペース。6回につかまり4失点。結果はマズマズながら、内容はもう一つ。
前田のHRは痛かったね。野村の左安打は、金本のホーム好返球に助けられました。
牧野・桟原も好投。

2回、関本が、詰まりながらもタイムリーで同点。
7回、沖原・藤本・赤星・今岡と4連打(含:沖原の盗塁)で2得点。V戦士は頼りになるね。
8回、アリアスの同点HR、エエねー。\(^o^)/

で、今期初の延長戦突入。
リガン・安藤・ウィリアムスが力投するも、決定打が無く、12回突入。
12回裏、勝利か引分けかの場面で、二死から久慈・八木の連打から赤星が決めました。
頼りになるベテラン陣がいつ活躍するか、じっと見守ってましたが、今日、やってくれました。年寄りは大事にせんとあかんね。\(^o^)/

全体を振り返ってみると、昨年の野球が返って来つつあります。
好投の先発投手を、疲れの見えはじめた中後半で打ち崩し、二番手以降の二戦級投手を更に叩きつぶすし、そこに一発を絡ませる攻撃。
ただ、惜しむらくは、決定打が出ない、勝ち味が遅い・・・ってところでしょうか。




【2004/05/15 07:31:03】
第35戦

デイビー、良かったですね。
長身から伸びのある球、肩の力が抜けて、適度に荒れてたのも効果的でした。
でも、何とか打ち崩す方法も・・・結局3安打(内1HR)2四球、金本のHRが救いです。

藪、出来はマズマズ。
5回、藤本の先頭打者エラーから野村に適時打で失点・・・藤本、しっかり守れ!!。
6回、同点後、投手に先頭打者安打からラロッカに適時二塁打・・・投手に打たれるなよ!!。
8回、緒方に先頭打者二塁打からラロッカのタイムリー二塁打・・・。
味方の無得点にしびれを切らしたか、デイビーの出来に焦ったか・・・、8回を3失点とマズマズながら、投げ合いに敗れました。
先頭打者を押さえ切れんところが敗因かな?。それにしても藪の時には点が入るらんなー。

鳥谷のサード、・・・関本・沖原と、誰がレギュラーを取るんでしょう。
桟原がエエねー。




【2004/05/14 09:21:49】
第34戦

福原、辛抱強く投げ抜きました。緩急のついたコンビネーションで内角をえぐる度胸ある投球で、安定感抜群、大黒柱にのし上がりました。
安藤・ウィリアムスも、当然の如くキッチリ仕事し、読売の連続HRを33で止めました。

5回、守備陣に実質4エラーで3失点(今岡のノータッチ・関本のファウル見切り・藤本の悪送球・福原のWP)、福原、腐らずによく踏ん張りました。
高橋の左安打の時、走者を三塁で刺した中継プレーは良かったです。

7回、福原、自らのHRで林をKO、林にはショックやったろうね。何があるかわからんってプレーでした。
藤本、バントはきっちりやれ。赤星の一塁封殺・・・難しい判断やね・・・。
藤本が走ってたら、ワンバウンド・プレーの効果がないんやから、藤本に原因があるのかな?。

8回、檜山の一発、絶好のタイミングでした。

沖原、頑張れよ。




【2004/05/13 07:39:57】
第33戦

井川、今日はフォームも安定してて良かったんやけどね。制球は少し甘かったけど、久々に躍動感ある投球でした。
木佐貫は制球に注意した投球で、球に伸びがありました。

4回、藤本の二塁打から、今岡がクソボールを二塁打して先制。
その裏、清原に一発、清原の好きなところに甘く入りました。

すべては7回、
井川の二塁打で矢野がホームでアウト、阿部のブロックにやられました。井川の悔しそうな表情が印象的でした。(ほんまは、ここで一杯やったかな?)
その裏、阿部に2ランHR、あれを打たれたら投げる球がないね。ここで集中力が切れました。
その後、清水・ローズに山を張られ、連続HRで万事休すでした。

三東、1失点ながら、度胸よく投げてました。ボークはご愛敬かな?。
キンケード骨折。関本、肩の力を抜いて頑張りや、片岡が上がってくるまでがあんたの勝負所やで。




上坂選手に執行猶予2年 1軍戦出場を許可 【2004/05/12 18:01:38】


スピード違反、阪神の上坂選手に有罪判決

 兵庫県西宮市内の国道で、昨年6、7月の2回、83―58キロ超過のスピード違反をしたとして、道交法違反の罪に問われたプロ野球・阪神タイガースの選手、上坂太一郎被告(27)に対する判決公判が12日、神戸地裁であった。

 笹野明義裁判官は「違反の程度は大きく悪質で、警察からの再三の呼び出しにも出頭しないなど、社会人としての自覚が十分でないと指摘されてもやむをえない」として、懲役6月、執行猶予2年(求刑・懲役6月)の有罪判決を言い渡した。

 判決の中で、笹野裁判官は「8月にも速度違反で検挙されるなど、2か月で3回も速度違反を行い常習性がうかがえ、刑事責任は軽視できないが、球団から自宅謹慎などの処分を受け、一定の制裁を受けている」などととした。

 判決言い渡し後、笹野裁判官は「自分の行動がどれだけ多くの人に注目され、迷惑をかけたか自覚していると思う。今後は社会的責任を十分に考えてほしい」と言葉をかけた。(読売新聞)[5月12日17時29分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040512-00000506-yom-soci

------------------------------------------------
上坂の1軍戦出場を許可=プロ野球・阪神

 阪神は12日、道交法違反で有罪判決を言い渡された上坂太一郎内野手(27)について、球団処分を解き、13日から1軍戦公式戦出場を許可すると発表した。
野崎球団社長は「執行猶予を頂いた判決の意図するところを、将来に向かって生かす趣旨から」と説明した。2軍戦にはすでに出場している。

 兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見した上坂は、野崎社長らとともに深々と頭を下げ、「もう一度野球をできる喜びをかみしめ、社会人、プロ野球選手として責任を持って、一日も早く1軍に上がれるよう頑張っていきたい」と話した。(時事通信)[5月12日17時0分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040512-00020694-jij-spo




【2004/05/12 07:09:29】
第32戦  見てて、緊張感あるゲームでした。この勝利は大きいね。

久保田、初回にローズに一発を食らうも、前半はマズマズ。
(キンケード、三塁ゴロくらいキッチリさばけよ)
さすがに6回につかまりました。
阿部のHR、あれを打たれたらしょうがないね、HRを大量生産してるはずや。
二死から後藤・仁志で1失点・・・粘れんかったね、限界でしょうね、6回までもってほしかったけど・・・。
江草、荷が重かったね。
清水の適時打後、ローズの二塁打、読売がホーム突入をさせなかったことが助かりました。
ペタジーニをよく押さえました。逆転されなかったことで、一歩前進したかな?。
清水かローズを押さえておけば、大きく飛躍できるところやったんやろうけど・・・。

1回、藤本、ナイスHRです。
5回、今岡の粘りの適時打後、金本が勝負強い一発で4得点。扉をこじ開けた得点でした。
8回、アリアスの適時二塁打、絶好調です。矢野の一直併殺はツキがなかったですね。
9回、無死から関本が二塁打の場面、一本欲しかったね。

リガン・ウィリアムス・安藤、よく押さえてくれました。

読売打線は強力やね、粘りも出てきて、怖いね。

浜中、軽傷でよかったね。




【2004/05/09 18:37:09】
第31戦

下柳、またもやメロメロで、1回2/3を5失点でKO。
ナイター明けのデーゲーム、しかも雨天・・・ってのは理由にならんよね。
結果、「負け」がつかなかったから、まだ、運はあるかな?。

序盤に先行されたものの、1・2回、今岡の適時打・矢野のHRで、キッチリ「取られたら取り返せ」を実行し、中日に追随。
牧野が好救援、下柳の不出来をカバーしました。
4回、9安打で8得点のビッグイニング。平井・野口を連続KO、今岡の2ランHR・アリアスの2ランHRで勝負ありました。矢野・藤本の2塁打も光りました。葛城も移籍後初打点。
今岡・檜山・アリアスは一発を狙ってたね!?。

牧野、2回1/3をキッチリ投げて、勢いづくかに見えた中日を押さえ込み、4回の攻撃にいいリズムで繋げました。移籍後、初勝利おめでとうございます。
江草・モレル・桟原、よくなかったね、0封は出来てるけど・・・。
江草、エエ球持ってるんやから、どんどんストライクを投げ込め。せっかく登板できるんやから、何かつかんで帰らんと・・・。
三東、今期初登板。最終回を2三振で、内容もよかったです。

沖原、今期初安打・初打点、今期も期待してまっせ。
藤本、髭をはやそうとしてるのね・・・似合わんから、やめとき。(^^;)




【2004/05/09 07:13:00】
第30戦   よくできた映画を見てるようなゲームでした。

藪さん、勝ち星こそつきませんでしたが、素晴らしい投球内容でした。
低めへの小さく落ちる球がよく切れてました。
川上もよかったので、いい投手戦を見せて頂きました。

金本さん、サヨナラHR、お見事です。痺れました。(4回の一塁牽制アウトはおまけかな?)

胃が痛くなるゲーム(ハラハラ・ドキドキ?)でしたが、ラストはハッピーエンド・・・、いいシナリオでした???。
3回、藪のバント失敗、味方が点を取ってくれんのやから、チャンスは自ら広げておかんと・・・。
赤星の三塁打で矢野がホーム・アウト・・・三塁コーチ、なにしてんのや。
7回、キンケードの実質エラーから、藪が二塁への牽制悪送球でのピンチ、・・・投手コーチ、マウンドへ行ってやれよ・・・でも、よく凌ぎました。
9回、ウィリアムスの二塁悪送球、ここもよく凌ぎました。

それにしても、藪の時には点がとれんね・・・。もう少し早く得点してやれよー。

「今年も勝ちたいんや」。エエねー、でも、ちょっと臭いね。




【2004/05/08 07:42:52】
第29戦

福原、四球が多すぎ・先頭打者を出しすぎ、6回9安打4四球・・・よく4点でとどまりました。

1回、1死1・2塁で福原、Pゴロ併殺・・・バントの場面でしょ・・・優柔不断やで。
7回、1死2塁で関本、中日の好守にやられました。2死3塁で赤星も・・・凡打。
9回、2死1・3塁まで岩瀬を攻め込みましたが、野口にあと一本欲しかったねー・・・久々の打席やからしょうがないかな?・・・沖原って手もありましたよね。

金本、ナイスHRです。八木さん、今期初安打です。
キンケード、やっと当たりだしました。それにしても、よう走るねー。(^-^)

7・8番に当たりがでてきたので、一番打者の仕事と投手打席での代打が次のテーマに浮上してきそうですね。

(痛風が出て気分が悪かったので、今日はラジオ観戦でした)




浜中、リタイヤ 原始人 【2004/05/07 07:00:33】

浜中、リタイヤ。つらいねー・・・。

今年は肩の完治に専念してください。肩の故障は、通常は2年くらいかかるもんやから・・・。

それとは別に、浜ちゃんも、そろそろ「自分というもの」を見つけんとあかん時期とちゃう!?。
野球では一塁か左翼しか守れんやろうけど、人の都合・球団の都合に自分を合わすんじゃなく、「自分の位置づけ」「自分というもの」を自分で決めんとあかん年齢やで・・・人がエエのも適当にしておかんと・・・。

個人的には、金本・アリアスの跡継ぎは浜中やと思ってたけど、悪い意味でそうなってしまいそうで・・・ショックやね。




【2004/05/05 18:32:35】
第28戦  よく追いついたけどね・・・勝ち越せませんでした。

両軍とも、満塁の多いゲームでした。
もっと得点が入ってもいいゲームやったんでしょうけど、タイガースの勝ち味の遅さが敗因となりました。結果的にはもったいないゲームやったね。

井川、メロメロで3回KO。一本目の柱が倒れかけています。(−_−#)
杉山も頼りないし・・・、もう一度仕切り直さんとあかんね。(−_−#)
でも、あそこは牧野・モレルと繋ぐところでしょでしょ、岡田さん。(−_−#)
牧野は、キッチリと自分の仕事をしました。
安藤、・・・責められんよね・・・。

杉山・鳥谷・キンケード・浜中・・・何でベンチ入りしてるの???。




【2004/05/04 18:12:58】
第27戦   今日は攻守とも久保田デーでした。

投手・久保田、6安打(内1HR)0四死球1失点で、プロ入り初完投、2勝目(1敗)。
特別いいとも思えなかったけど、スピードを押さえ気味に配球・制球に注意した内容で、ラロッカの一発に押さえました。佐藤コーチもご機嫌のようでした。
打者・久保田、2回・6回に2適時打(2本目は二塁打)と、打撃でも魅せてくれました。
ムーア2世の誕生かな?・・・ところで、久保田ってスイッチヒッターなのね。

打撃陣、相手が二戦球投手とはいえ、18安打の14得点と打ちまくりました。
2回のキンケードの2つの好走塁からの久保田の適時打に始まり、3回のアリアスの適時打、4回には藤本の満塁HR(滅多に見られんももを見てしまいました)、これで勝負ありました。
7回にはまたまた久保田の2点適時二塁打、9回のアリアス(2点)・キンケード(ソロ)の連続HR・今岡の3点HRは、おまけでした。
檜山さんも3安打と調子を上げてきたし、キンケードも2安打(内1HR)と頑張りました。

金本さん、今日は守備で魅せてくれました。2回、前田のHRを捕球、広島の勢いを止めました。
でも、打つ方では4三振と絶不調。2・3番にあれだけ走者一掃されたらやる気も失せるわね。
赤星も盗塁せんね・・・、後ろの藤本が当たってるからリスクを取らないのかな?。


伊良部の降格と打戦の組み替えをしてから、チームが引き締まってきました。
先発投手陣、久保田が4本目の柱になってきたし、下柳がシャキっとしてくれたら万全になるね。
救援投手陣、吉野の復帰が待たれますが、それで桟原も出てきたし、いい流れや。
打撃陣、檜山・矢野が調子を上げてきました。キンケードがホンマモンになってくれたらええけど、片岡・関本もおるし、心配ないね。
金本・赤星・伊良部は夏男に、浜中は来年予定してます。
控え陣の沖原・中村あたりが昇格できる余地がでてきたら、昨年みたいに夏場にマジックがでるかもね。




【2004/05/04 18:12:08】
第26戦  今日は、アリアスと藤本の日でした。

初回、いきなりアリアスの満塁HRで主導権を握ると、2回、矢野と藤本での1点。
取られた後の取り返しで、ヤクルトには応えたでしょうね。
4回には、相手投手の2四死球から、藤本・今岡と連続タイムリーで3得点、勝負ありました。
7回には、アリアスのおまけのHRも出ましたが、これも2失点後の得点で、効果的でした。
矢野さんも、復調の猛打賞でした。

下柳、3勝目。6回まで3安打1四球の1失点と、いつになく好調。
さすがに7回につかまりましたが、大量点を背景に投げてて楽しかったでしょうね。
死球も大過なかったようね。

桟原、エエねー。改めて言うまでもないけど、速球は最大の武器やね。
昨年のドラフト組より早く戦力になりそう。

ヤクルトのルーキー・佐藤、おもしろそうね。




【2004/05/02 17:59:05】
第25戦  「守り勝ち」でした。

藪さん、2勝目。7回を7安打1死球と結構打たれてましたけど、本人は調子良く感じてたんじゃないかな?、大崩れする気配を感じさせませんでした。赤星の守備も藪を助けました。
安藤・ウィリアムスもキッチリ仕事をしました。

ヤクルトの川島に8回完投の5安打。ルーキーですか・・・エエ球を投げてました。
檜山・キンケードの不調者二人の一発で、主導権を握ったまま、イッタイッタの逃げ切りでした。
得点には絡まなかったけど、赤星のバント安打・藤本の8回の守備は、審判も味方に付けました。
久慈さんもナイスバントです。久慈さん、少し太ったかな?。

リガン抹消・モレル登録ですか・・・投手陣がなかなか万全の体制になりませんね。

岡田さんも頑固やね、関本をスタメンから外しよった・・・、結果オーライやけど・・・。(^^;)



【2004/05/01 07:47:09】
第24戦

岡田さん、やっと今岡を三番に据えました・・・10試合ほど遅いけど(^^;)。
必然的に赤星・藤本が1・2番になるし(二番なら久慈でもいける)、キンケードも7番で気楽になって欲しいね。
リガン・ウィリアムス・安藤の救援陣も復調、先発陣を中5日で廻す余裕がでてきました。
岡田さんも、戦力・非戦力の見極めがつきつつあり、今期の戦略構想がやった見えてきました。

福原、あまりよくなかったようですが、6回1/3を5失点ながらゲームを作り、開幕5連勝。
三番に座った今岡が3安打(内1HR・2適時打)1四球の活躍。
金本か今岡か、どちらかが走者を帰せる(得点圏打率の高い)主軸の誕生です。
赤星も走れるようになって、便秘が解消したように、野球を楽しんでるように見えました。
アリアスは好調を持続してるし、キンケード・檜山に当たりが戻ってくると、一発が「+α」で期待できる打線になりますね。
関本、2安打(内1適時打)、明日も使って貰えそうやから、頑張ってや。今年こそレギュラーをとってや。

ゲーム自体は、2回二死二塁で矢野の場面、矢野と勝負したヤクルトの判断ミスでしょうね。
矢野さんに勝負強さが戻ってきました。\(^o^)/
更に、土橋の実質2エラーに助けられました。

浜ちゃん、だいじょうぶかな?。完治するまで、二軍でゆっくりするほうがエエで。
金本の引退後は、あんたに四番打って貰わんとあかんのやさかい。




【2004/04/30 07:19:58】
第23戦

横浜戦5連敗。ヒット3本(2四死球)じゃ勝てんわね。
四番の前と後ろが 0.20 と 0.12 じゃ迫力ないよね。

井川、8回を7安打(内2HR)6四死球の4失点。四球が多すぎ、淡泊やったね。
江草、シーズン当初のニヤケた顔から、大分引き締まってきたね。

数年前なら、これでシーズン終了になったんやけど、今年は他のチームも弱いから、まだまだいけるかな?。




【2004/04/29 06:32:58】
第22戦

完敗でした。今年の横浜は強いです。ウォーカーにキッチリやられました。

久保田、立ち上がりから覇気が感じられませんでした。
4回から調子が出てきたけど、結局、石井・内川・田村にキッチリやられました。
桟原、初登板、マズマズ。もう少し見たかったけど、大きな傷がつかないうちに変えたのかな?。
もう少し一軍で経験を積めば、結構やれそうですね。
杉山、マウンドでも落ち着いてきたかなと見てたら、味方の守備に足を引っ張られました。
でも、あれでガクッとくるようでは・・・、粘りがないね、エリート投手にありがちな弱さかな?、
吉野、どないなってしもたんやろ・・・ここ2年間、頑張ってたから、疲れかな???。

矢野さんが初の猛打賞、鳥谷に初タイムリーがでたことが救いです。
「ネバサレ」を感じさせてくれたのは、アリアスだけやったね。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月26日

転載

【2004/04/26 05:56:03】
第21戦

下柳、6回を4失点の、下柳ペース。簡単にHRを打たれすぎやけど・・・。

2回、浜中が今期初HRで先行。
6回、相手のミスもありましたが、関本・今岡と連続タイムリー二塁打で4得点、林をKO。
あとは、安藤・ウィリアムス・リガンが毎回を責任を持って押さえる岡田リレーで0封。

投手陣も安定してきたし、打撃陣も調子を上げてきたし、あとは三番打者の繋がりと矢野さんの復調待ちやね。





【2004/04/25 07:05:30】
第20戦

福原、6回を2失点、全く危なげ無く、ローズの2ランHRのみにおさえました。(^-^) 
投球術がうまくなりました。風格さえ感じられるようになりつつあります。(誉めすぎかな?)

7回、福原(96球)に変えて安藤。結果はOKやったけど、福原をもう一回見たかったね(^^;)
安藤・リガン・ウィリアムス、各々が一回ずつの分担制で逃げ切りました。
9回のウィリアムス、今日はスライダーが切れてました。小気味のいい投球が戻ってきました。
安藤も、復調気味です。あとは、吉野待ちです。

1回、木佐貫の立ち上がり、努力なしの無死満塁で「1得点だけ」・・・3点は取らんと・・・。
3回、赤星・キンケード(死球)・金本・檜山と、実質5連続長短打で3得点。
5回、アリアスと藤本、6回、赤星・キンケード・金本と、小刻みな追加点で読売のやる気を無くさせる試合運びで6得点。今日は強かったです。

キンケードにも当たり(死球ではなく)がでてきました。夏には必要な選手やから、頑張ってや。
打率も0.200(出塁率0.36・・・今岡なみ)に乗せてきました・・・遅すぎるで・・・。
赤星にも当たりが戻ってきました。藤本は、守備でいい判断をしてくれました。
金本さん、チャンスには頼りになります。
打撃陣では、檜山・浜中待ちやね。




【2004/04/24 08:08:00】
第19戦  風が強かったねー。こんな日は、選手の戦闘意欲も萎えるんやろうね。

井川、序盤は好調にとばしてましたが、5回に読売の打線を繋げてしまいました。
5回、二志のチップが矢野のミットからこぼれ三振にならなかった場面、井川が不満そうな顔をした時に、イヤな予感がしました。
二志の三塁右の強いゴロをキンケードの足が動かず同点。
続く清水、投手への小フライ、二封を焦った井川が悪送球。
二死後、高橋・ペタがたたみかけてビッグイニングに(ペタ・シフトも引いてなかったね)。
結局、井川自ら傷口を大きくして6失点・・・勝負ありました。

併殺プレーを狙ったんでしょうけど、ダッペがそんなかっこいいプレーを考えたらあかんって・・・君の魅力は、力強く、無骨なところなんやから・・・。
でも、内野に記録に残らないミスがでれば、きついわな・・・。
でも、井川、味方に当たるなよ、江夏みたいに孤立化したらあかんで・・・。

杉山、二塁悪送球も含めて、まったくいいところ無く2失点、まだまだやね。
江草もまだまだ。佐久本も、イキイキとは投げてなかったね。
投手陣はしんどいなー。

打線は、三沢とシコースキーを打ち崩せませんでしたが、金本が2HR・アリアスが1HRと頑張りました。浜中にもやっとヒットらしいヒットが生まれました。

そろそろ、三番・サード・キンケードを考え直す時期とちゃいますか・・・岡田さん。
星野曰く「チームになにか不信感や恐怖感を湧かせるような、今日のような胸くその悪い大敗けを、なんとしても吹き飛ばさんといかん。ヘッドコーチ、しっかりせいよ! 」


久万さんもやっと一戦から身を引くみたい。
経営者としては優秀やったけど、オーナーとしては・・・。(^^;)




【2004/04/23 06:44:11】
第18戦

点差では、見応えのあるゲームでした。
藪さん、やっと初勝利。 \(^o^)/
出来は今ひとつやったみたいで、6回を3安打6四死球4併殺の1失点。
四球が多すぎましたけど、相手のミスにも助けられました。

打つ方でも、藪さん自ら突破口を開きました。
味方が得点できん時には自ら打っていかんとね。 (^-^) 
今岡・赤星と続いてくれ、キンケードが助っ人らしい仕事をしてくれました。

そのキンケード、今日2安打と、やっとお目覚めかな?。(^-^)

リリーフ陣も大分よくなってきました。
リガン、やっと念願のストッパーに昇格。

次の読売戦が楽しみです。




【2004/04/22 06:44:46】
第17戦

山本昌、4安打1四球の完封、よかったです。でも、タイガースも0封はあかんで。

前川、あかんね。5回が壁になってる。5回を4四球・・・前評判通りです。
点の取られ方が悪いね。5回を0封するくらいの気迫で投げんと・・・。
吉野もあかんから、救援に廻ってもらったほうがエエね。

杉山、今期初登板。下位打線でしたけど、3三振で、とりあえず好スタートが切れました。
もう一回くらい中継ぎをした後に先発かな?。
球威がそれほどじゃないように見えるので、クレバーな投手になって欲しいですね。

浜中、今日も沈黙。岡田さん、左右に拘わらず、調子のエエ選手から使わんと・・・。

キンケード、連続四球記録が途切れました。ヒットが出て、扇風機に終わらずよかったです。
そろそろ、出塁率0.364と打率0.160のギャップを埋めてや(2004.04.20現在)。



【2004/04/21 11:29:25】
第16戦  裏ローテ初勝利で5割復帰。

久保田、初先発。アップアップでしたけど、こんなもんでしょう。
5回を5安打(内1HR)4四球の4失点。勝星がついてよかったです。

今日は、4回・6回と打線が繋がりました。
四回無死満塁、金本左犠飛で二走赤星・一走キンケードが三塁・二塁を陥れたシーン、エエねー。
その後、檜山の犠飛とアリアスのHRで、この回4得点。\(^o^)/
六回無死二塁一塁、金本の三ゴロを立浪が二塁へ悪送球、二走キンケード・打者金本が各々進塁。
その後、アリアス・藤本・矢野の3連続タイムリーで5得点。勝負ありました。
相手のミスに乗じて傷口を広げてゆくそつのない攻撃、心地よかったです。

リガン様々の投手陣でした。来日、初セーブ。当面のストッパーはリガンやね!!!。
安藤、一発はともかく、先頭打者を出すところは、まだまだやね。
江草、先頭打者を出すなよ。

アリアス、エエねー。昨年も得点圏打率3割を越えてたし、今年はHRキング狙いやね。(^o^)
片岡が戦線離脱みたいやから、キンケードに頑張って貰わんとあかんね。今日も2四球でした。

(蛇足)「読売が最下位」・・・心地よい響きですね・・・。(^^;)




【2004/04/19 07:47:42】
第15戦

下柳、立ち上がりヘロヘロの4失点、5回にもHRで2失点、結局、5回を6失点。
四本目の柱が崩れつつあります。
モレル・吉野・牧野は、打たれながらも0失点に凌ぎましたが、9回、ウィリアムスが炎上、サヨナラ負けでした。

打線は、4回の今岡のタイムリー以外は、すべてHRによる得点。
三番打者が並んでいる打線の特徴が出ず、ヤクルト救援陣を打ち崩せませんでした。
せめてもの救いは、9回の今岡の同点HRです。

藤本が今期1号HR、あんたもHRを打てるのね。 (^^;) 
片岡・檜山も一発攻勢をかけました。

鈴木健、ここ2試合おとなしくしてたのに、何で第三戦に暴れるんじゃ・・・。
再び借金生活に・・・、裏ローテやけど、大丈夫かしら???。




【2004/04/18 06:42:11】
第14戦

5割復帰。

福原、3連勝。ヒヤヒヤさせられる場面もありましたけど、7回を5安打2四球の0封の好投。
速球も蘇りつつあるみたいです。足への打球は大丈夫かな?。

2回、今岡の先制2塁打、きっちり仕事をしました。今日は守備でも魅せてくれました。
6回、アリアス、6号hHR。今日は中押しが出来ました。
9回、金本、ダメ押しの2ランHR、勝負ありでした。・・・と、おもったら、
9回、ウィリアムス、ヒヤヒヤものでした。精神上よくないですよ。(^^;)

攻撃陣、HRに頼る得点が目立ちます。
昨年のような連打での波状攻撃が影も潜めてますので、復活を期待したいです。
救援陣、昨年の疲れが残ってるでしょうし、慣れられたこともあるでしょうけど、ボチボチ、調子を上げていって下さいよ。
先発陣の建て直しも急がれます。




【2004/04/17 08:13:29】
第13戦

岡田監督、思ったより甘い野球をするね。もう少しシビアーな野球をするかと思ったけど・・・人の良さが野球に現れてるかな?。 (^^;)
8回から守りの体制(久慈の投入)に入りましたけど、早すぎますよ。守りは9回からでエエやん。最後まで攻め続ける姿勢で最後まで臨まんと、付け込まれるで。
井川も8回で限界が来てるのが明白なのに、続投・・・。鬼になって交代させんとあかん場面でしょ。本人に尋ねてどないすんの・・・。
不安かもしれんけど、9回頭からリリーフ投入やで・・・シビアーな采配をせんと・・・。
でも、9回、勝った後の岡田さんのアクション、一軍の監督になりつつありますね。(^-^)
こういう反応を選手は見てるもんよ。

井川、安定化ある内容で8回まで3失点で凌ぎました。昨年より調子よさそう。 (^-^)
古田にやられてましたけど、渋い読みをしてた古田を誉めるべきでしょうね。
さすがに9回につかまりましたけど、勝星がついてよかったです。

安藤、完全に自信を失ってるかな?。吉野ももう一つやから、救援陣も苦しいね。
ウィリアムス、調子は今ひとつに見えたけど、よく凌いでくれました。
さすがに実績のあるストッパーです。今季初セーブ、有り難うございます。

打線、今日は繋がりましたけど、タイムリー欠乏症は相変わらずです・・・かね?。
3番が打つと、打線が繋がりますね。 (^-^)

矢野さん、年かな?、昨年優勝して年棒が下がったショックが抜けてないかな?。(^^;)
今ひとつ調子が出んね・・・。

サンTVさん、東京出張、ご苦労様です。




【2004/04/16 06:38:22】
第12戦

藪を見殺し。弱かった頃のエースの力投にも拘わらず、打線に工夫が感じられませんでした。
チームがバラバラな感じがします。

野球てなものは、来た球をセンターに打ち返せばエエ競技、ミスを減らせば競り勝てる競技でしょ。
ミスが多すぎるね。昨年より、野球の精度が落ちてますね。

8回、赤星の死球後の盗塁、気持ちは分かるけど、自重すべきところでしょうね。
代走・葛城のチョンボ、何を考えてるの?・・・。

檜山さんが復調されましたね。
今岡もHRは多くなったけど、得点圏打率は悪くなってる感じやね。
そろそろ、3番を打って貰わんとあかん時期やで?

久々に聞く「最下位」という言葉。懐かしいような、屈辱を感じる言葉。頑張ってや。




【2004/04/15 07:25:44】
第11戦

投手受難の日でした。

初回、今岡・関本・アリアスのHRで5得点、それを守りきれない前川・・・。
立ち上がりこそソコソコの球を投げてたから期待して見てたけど、結局、6四死球と自分から崩れていきました。

こうなるとカープのペース。
タイガース打線も頑張りましたが、中継投手陣が総崩れ(カープ投手陣も同じ)、結局、乱打戦を征し切れませんでした。
矢野を含むバッテリーの建て直しが急務やね。

個人的には、前川を先発3本柱の一角にと期待してたけど、大きく期待を裏切られました。
何か、チーム全体にハングリー精神を感じられないのは、僕だけでしょうか?。
鳥谷も頑張れよ。




【2004/04/14 07:41:42】
第10戦

関本3番・浜中5番・・・いいんじゃないですか。  (^o^)
浜中と檜山、浜中の先発の場合、檜山を守備がために使える。
関本と片岡・・・難しいところですね。キンケードも含め、30試合くらいまでは適時使っていけばいいんじゃない?、岡田さんも思惑があるやろうから。
個人的には、「3番片岡・5番浜中」または「3番浜中・5番関本」の方が好みですね。
理想は、3番今岡やけど・・・。(^^;)

伊良部、悪いね・・・球威がない上、制球力もない。
ゲームメークできるか心配して見てましたが、案の定、メロメロ・・・。
ベースカバーも出来ない、やる気も感じられない、のナイナイ尽くしでした。
あったのは、タイムリーヒットだけ (^-^)。 もう一度やり直して貰わんとあかんね。(-_-#)

牧野も、いきなり長打を浴び、ゲームあり。攻め方が素直すぎました。
江草、いいカーブを投げるね。無駄球を減らせばソコソコいけそうね。

野手陣は、前半こそ広島以上に粘っこい攻撃が出来ましたが、
4回の6失点以降は攻守ともに集中力を欠きました。9回のアリアスの2ランHRが救いです。

今岡、日本目の先頭打者HR、お見事。 アリアス、2HR、絶好調復活です。
矢野さんもタイムリーで仕事をしました・・・が、ホームベースカバーは、伊良部だけの責任やないで・・・。

読売を走らせんようにせんとあかんね。




【2004/04/11 17:28:05】
第9戦

川上、7回を金本の2ランHRのみの2失点。
今日の川上は打てんね。下柳との比較では、0対5くらいの点差がありそうな内容やったね。
岩瀬、打てん・・・。岩瀬が出てくるまでが勝負やったんやけどね。

下柳、ヘロヘロ・・・の割に点を取られていない。5回を3失点。結果、下柳ペース。
見てて味のある楽しい投手で、好きなタイプやけど、ちょっと打たれすぎたね。
モレルは2回を2安打1四球、使えそうね。不用意な投球があったけど、南米人の特色かな?。
吉野も、何とか使えそう。リガン、井上の一発が痛いね・・・。

野手では、金本が攻守で魅せてくれました。




【2004/04/10 19:23:31】
第8戦

福原、立ち上がりこそアリアスのチョンボで1失点も、
その後は危なげない投球で、7回を113球6安打1四球2失点と、好投。
右のエースが確立しました。7回はちょっとヨレたかな?。

1回、今岡の先頭打者HRで、難なく同点に。
6回の2得点、今岡の二塁打からゴリ押しで得点できました。
8回、ここでもう一押ししたかったね。

岩瀬は相変わらずエエ投手やね。
片岡・藤本も、活躍しました。
キンケードが重傷じゃなくてよかったです。




【2004/04/10 07:02:13】
第7戦

井川、完璧でした。7回までパーフェクトペース。
8回に福留に初安打を許すも、動揺することなく後続を押さえました。
9回、井上・谷繁に連打されましたが、ご愛敬かな?。
何はともあれ、3安打完封、お見事です。

バルガスも立ち上がりがよく、苦戦するかなと思ったけど、キンケードへの危険球で退場、
金本さん・アリアスさん、よくタイムリーを打ってくれました。
金本は、きっちり四番の仕事をしてくれるし、今日はテキサス安打のアリアスでした。
矢野さんもトドメの2点三塁打、昨年から勝負強くなりました。

キンケードも大したことがないみたいで、よかったです。



【2004/04/09 07:06:51】
第6戦

藪、いつになく好調で、気合いの入った投球でしたが、7回につかまりました。
6回1/3を6安打2死球2失点、シーズンインとしてはマズマズでしょう。

問題は7回。あそこで江草はないでしょう。
気持ちは分かるけど、荷が重すぎるよ。結果、WPできっちり一点献上。
牧野の時に、三塁強襲安打で一失点。これで勝負ありました。

攻撃陣も、天敵・三浦に完封され、エエところなし。
こりゃ、戦略を練り直さんとあかんで。

藪、髭をはやしたのね、似合ってないよ(汗)。生え抜きのベテランやから、頑張ってや。
キンケード、明日も死球を稼ぐかな?。もっと肩の力を抜いたらエエのに。
江草、エエ球もってるんやから、次は頑張りや。
唯一の救いは、檜山さんに調子が戻って来つつあることかな?。




【2004/04/08 08:18:17】
第5戦

アホ・ボケ・カス・・・・って言う気力もなくすゲームでした。

女神は横浜に味方してて苦しいゲームやったけど、選手に集中力が感じられへん。
数年前のタイガースを見ているようでした。

キンケード・鳥谷・・・もうそろそろエエやろ。片岡(関本)・藤本を使ったら!。
流れに逆らったら選手起用はあかん。チームが、空中分解するか、小さく纏まってしまうで。

前川、もっと豪快なイメージがあったんやけど・・・、次回は頑張ってください。
江草、初登板・・・こんなもんやろ・・・。
吉野、ストッパーじゃないんやから、負けゲームでも集中して投げんと・・・。

マレン、打ちにくそうな投手やね。ムーアを見てるみたいでした。でも、0封はないで・・・。

岡田さん、救援投手は7人入れとかんと・・・、第6の先発は一二軍の入替でエエやん。
何で今日、三東と藪を入れ替えるんや。藪の登録は当日でエエやん。

「キンケード、死球がなければ、2併殺・2エラー」(字余り)




【2004/04/07 06:10:05】
第4戦

伊良部、最悪のシーズンインでした。
球威なし・制球なし・リズムなしで、5回を10安打(内3HR)5失点とメロメロ。
次回までに再調整できるかな?

牧野もシーズンイン。球速はあるけど荒削り。もう少し制球とリズムをつけんと。
次回での変身に期待します。

今岡が絶好調。2HR・2二塁打、一気にエンジン全開モードに突入です。
8回のギャラードとの対戦は、三振しましたけど、見応えありました。

浜中と檜山の起用、浜中の先発がエエンとちゃうやろか?。
前半の少々の失点は怖くはないけど、代打から守備につくと、終盤に守備固めが必要になるもんね。
調子の善し悪しはおくとして、檜山が後半に守る方が、安心できると思うけど。

キンケード、今日も死球・・・。ヒットで貢献してや (^^;)。
片岡さん、目立たんけど、きっちりヒットを打ってます。
藤本が入ると打線が引き締まるね。やはりV戦士やね。

佐々木、スピ−ドが落ちたね。フォークの連投やもんね。
調整不足の面を考慮しても、シーズンを通しての活躍は難しいかな?。




【2004/04/05 07:36:09】
第3戦

下柳さん、序盤はヒヤヒヤさせてくれましたが、読売の打ち損じにも助けられ、
終わってみれば6回を3失点の下柳ペース。責任を果たしました。
下柳さんには夏場に頑張って貰わんとあかんから、開幕当初はこんな感じかな?。

攻撃陣は絶好調!。
木佐貫の出来も悪かったけど、小久保のタイムリーエラーもあって初回に4得点。
金本のタイムリー二塁打が光ります。
圧巻は四回。
矢野・キンケード・金本の1イニング3HRの一発攻勢で4得点。これで勝負ありました。

走塁も、赤星・金本と走れる人が盗塁を決めています。ダブルスチールも。
キンケードにも今期1号HR(初安打)がでて、一安心です。
(でも、ほんまによく当たるネ、3試合で3死球です。怪我せんといてや。

矢野さん、1000試合出場、おめどとうございます。
檜山と鳥谷がちょっと心配。

8回の高橋の一発は、ご愛敬かな?。でも、読売の強力打線の片鱗も少々垣間見えました。

次は、横浜三連戦。6連勝出来るかな?(^^;)。




【2004/04/04 07:30:18】
第2戦

福原が先発!、岡田さんも、ディープなタイガースがお好みのようネ。(^^;)
考えてみれば、伊良部・藪・下柳では1シーズン持たないでしょうから、当然といえば当然の策ですよね。

その福原が完全復活。7回を107球・2安打(内1HR)・四球・4三振・1失点。
昨秋のカムバック時のような丁寧な投球、緩いカーブが効果的で安定感を感じました。
今期、15勝くらいいくかな?。

3回、矢野さんのHR、あんなクソボールをHRするとは、渋い読みですね。
4回、アリアスの満塁HR、絶好調とはいえ、アウト・ローの難しい球をHRするとは、昨年から更に成長していますね。今期、3割50本位いくかもね。
7回、小久保のHR、打った方を誉めんとあかんね。
矢野さん、「裏の裏」をかいたつもりが、「裏の裏」は「表」みたいな話になってしもたね。(^^;)

ウィリアムスは、安定するにはもう少しかかるかな?。
キンケード、死球が多くなりそうネ。肩の力を抜きや。

とにかく開幕2連勝。ほんまに強いです。昨年で自信を持ったみたいね。




【2004/04/03 12:08:42】
開幕戦、好スタートできました。

上原降板後の8回の集中攻撃、昨年からの流れを引き継いできっちり6得点。
藤本は外れていましたが、恐怖の下位打線は健在です。
不調の檜山もきっちり仕事をしたし、鳥谷も繋ぎの仕事が出来ました。

先発の井川・上原も出来は今一つでしたけど、きっちりゲームを作るあたりは流石です。
2回、元木のHR!、今年も曲者健在ですね。
4回、アリアスの今期1号HR、絶好調継続です。
8回、安藤は、今年も期待させてくれそうな球威です。
9回、ウィリアムス、清原の早撃ちに助けられた面はあったけど、マズマズ。
昨年の球の切れがないのが少々心配ですけど、何とかやってくれるでしょう?。

読売、投手陣と外野守備の不安が解消されてませんね。
読売TV、今日はまともな放送でした。

岡田さん、初勝利おめでとうございます。
でもインタビューの時は、カメラを見て言葉少なく喋った方が説得力と威厳が演出できるよ(汗)。

金本さん・キンケード、肩の力を抜いて気楽にやりましょう。
藤本も腐らんと、浜中も無理せんと、頑張ってや。
関本、今年こそ一軍に定着しーや。片岡さんは第2戦からかな?。

今岡さん・赤星さん・矢野さん、ご苦労様でした。
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月31日

転載

【2004/03/31 10:17:33】

開幕一軍登録が発表されました。27人登録のようです。

(投手) 井川  伊良部  下柳  福原
(投手) 安藤  牧野   江草  三東  リガン  ウィリアムス
(捕手) 矢野  野口
(内野) 今岡  片岡  藤本  鳥谷  関本  八木  久慈  アリアス
(外野) 赤星  金本  桧山  浜中  葛城  平下  キンケード  

前川と藪は第四戦以降の登録、吉野は様子見のようですね。

http://www.daily.co.jp/tigers/status.shtml




【2004/03/30 07:25:04】
ヤンキースに大勝!。さいさきがエエネー。

相手がメジャーであること、親善ゲームであることを除いても、タイガース打線の大技小技の繋がりが心地よかったです。
前川・藪・リガンも調子を上げてきてるし、投手陣ではあとはウィリアムスだけやね。

開幕戦もこんな調子でやって欲しいね。


岡田さんも頭が痛いね 原始人 【2004/03/29 14:26:13】[返信][削除]

開幕まで一週間をきりました。主力に不調者・故障者がでて、岡田さんも頭が痛いね。

野手陣では、浜中・今岡が完全じゃないし、鳥谷も開幕してみんとわからんし・・・。
でも、今年のアリアスは5番も打てそうなくらい勝負強くなってるのがいいね。
檜山・鳥谷がカギになりそうかな?。

投手陣では、吉野の故障が痛い。救援陣も流動的になってきました。
下柳を救援に廻すかな?、江草・三東では荷が重いでしょうし・・・。
押さえは安藤かな?、ジェフをセットで使って・・・そのうちに吉野復帰するやろうし・・・。

何はともあれ、今岡と吉野の早期復帰、ジェフ・リガン・檜山の早期復調を望みます。選手のみなさん、燃え尽き症候群になっていないでしょうね・・・(^^;)。
----------------------------------------------
(先発) 井川  前川   伊良部  福原  藪       (久保田)
(救援) 安藤  ジェフ  リガン  牧野  江草  下柳  (吉野・石毛)
----------------------------------------------
1 藤本2B    2 赤星CF  3 キンケード3B  4 金本LF
5 アリアス1B  6 檜山RF  7 鳥谷SS     8 矢野C
(捕手)野口 (内野手)片岡 久慈 (打撃)浜中 今岡  関本  八木  平下
----------------------------------------------
開幕当初はこんなかんじかな?。





【2004/02/29 17:37:14】
オープン戦 対オリックス  2004.02.28/29

桜井がエエねー。相手投手も悪かったけど、ペナントでも7番くらいで使いたくなるね。

下位打線が相手やったけど、江草・牧野も使えそうね。
藤本・関本は昨年よりレベルアップしてる。
平下・梶原も使いたい選手やね。狩野もキャッチングはしっかりしてそう。

的場、怪我は大丈夫かな?




【2004/02/01 11:02:24】
上坂も・・・、野球人以前の、社会人失格やね。

http://www.nikkansports.com/osaka/otr/p-otr-040201-01.html




【2004/01/31 09:26:07】
いよいよキャンプイン。

ベテラン・中堅・若手と選手それぞれにテーマがあると思いますが、確実にレベルアップして欲しいです。
見る方としては、鳥谷・キンケード・前川・筒井・三東に注目。
左投手陣の底上げ、内外野の競争激化に伴うレベルアップに期待してます。
くれぐれも怪我のないように、オープン戦に臨める体制をとって下さい。

関本のアホ・・・。浜中、焦らんとゆっくり故障を直しや。




【2004/01/23 18:07:44】
カツノリ、巨人入り………300万円でトレード  野間口獲りへ”挨拶要員”

 カツノリ(野村克則・33才)が金銭トレード(推定300万円)で巨人に移籍することが決まった。

 カツノリは、96年ドラフト3位でヤクルトに入団。2000年に父の野村元監督(現シダックス監督)の希望で阪神に移籍。親の七光のもと、矢野のサブ・代打として出場機会に恵まれていた。
 しかし、父が01年オフに電撃辞任後、02年からの星野監督の指揮の下、出番が激減。
03年は一軍登録がなく、現役引退の噂もながれていた。
 球団幹部は「04年ドラフトの注目株=野間口投手が所属するシダックス(=野村監督)との関係を友好に保つためにも解雇は考えていない」と否定。年俸1600万円で契約を更改していた。

 今回のトレードは、今季も二軍暮らしとなるカツノリに配慮したフロントが、一軍入りのチャンスがあるチームを探し、巨人との合意に至ったようだ。
 巨人も、野間口投手への“挨拶要員”としての期待がかかることになる。




【2004/01/19 08:08:56】

コーチ会議で一次キャンプの振り分けが行われ、太陽・濱中らリハビリ組や八木・久慈といったベテラン野手は安芸からのスタートとなりました。

宜野座1軍キャンプメンバーは次の通り…

『投 手』 井川  下柳  吉野  前川  三東  佐久本 中村泰 ウィリアムス  伊良部
      藪   福原  安藤  石毛  牧野  金澤  藤川  杉山  細見  リガン モレル

『捕 手』 矢野  野口  浅井  狩野

『内野手』 今岡  片岡  藤本  沖原  秀太  関本  上坂  喜田  鳥谷  アリアス

『外野手』 金本  赤星  桧山  葛城  平下  桜井  的場  キンケード (計42名・敬称略)

--------------------------------------------------------------
専任担当制スコアラーの配置決まる

スタッフ会議が18日、鳴尾浜で開かれ、今季は専任担当制を敷くスコアラーの配置が決まった。
セ5球団に対し、2月13日をメドに徹底追跡を開始。連覇へ、まずは情報戦を制する。





【2004/01/01 07:20:47】
謹賀新年

今年も優勝戦線に絡める戦力が維持されました。
若手の底上げとベテランの一層の奮起を期待します。
故障の無いようにペナントレース入りして欲しいものです。
岡田さん、求心力を失わんように頑張ってや!。(2004.01.01)
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月06日

長島さん、大丈夫かな?

【2004/03/06 05:59:17】
長島さん、大丈夫かな? 

日本代表監督に星野氏が就任へ  長嶋さんアテネはお任せ!

 阪神・星野仙一オーナー付きシニア・ディレクター(57)が、脳梗塞で4日に緊急入院した長嶋茂雄氏(68)に代わって、アテネ五輪野球の日本代表監督に就任することが5日、確実となった。
病状報告を受けたコミッショナー事務局の関係者が同日、渡米中の星野SDに就任要請を行ったもの。
勇退から4カ月をへて体調面の不安も消えており、闘将が今度は日の丸を背負うのは間違いない状況だ。

◆阪神・久万オーナー 「星野氏が代表監督に? 分かりません」
http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200403/tig2004030601.html
posted by 原始人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース日記 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする